クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
コンサートのご案内
またまた久しぶりの更新です。

11月10日、二宮周平さんご夫妻のオペラコンサートが、阪急御影世良美術館で開催されます。
闘牛士の歌、オー・ソーレ・ミオ、泣かないお前・・・などのイタリア歌曲に加えて、浜辺の歌、荒城の月などの日本歌曲もあり、多彩なプログラム構成となっています。
午前には、「親子で楽しむ0歳からのオペラコンサート」もあり、幼い子供さんにもクラシックを楽しんでいただける良い機会と思います。

世良美術館は、イギリス風庭園と絵を眺めながら音楽を楽しめる、素敵なサロンです。
深まる秋のひと時、ぜひいらして下さい。

午前の部
会場11時:開演11時半/パパ・ママセット¥2000 その他1名につき¥500
                  
午後の部 
会場13時半:開演14時/前売り¥3500 当日¥4000
(生徒さんお二人も共演されます。楽しみです!)

詳しくは、麦谷(090-4901-1473)までお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2018.10.14】 コンサート
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
拍手コメントをありがとうございます!
愛さま

去年、手術されたのですね。
私は、2013年以来、虎ノ門へは行っておらず、4年間放置状態です。
手術から7年間は毎年検査しており、その間変化は無いので「もう大きくはならないだろう」と思っています。

腫瘍が残っていても、大きくさえならなければ、何の問題もないので、愛さんも、しばらくは「ホルモン数値」も含めてしっかり「観察、検査」されて様子を見られたらいいと思います。
今後、大きくならなければいいですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
ヒヤシンスの水栽培
1ケ月前に、ヒヤシンスの球根を瓶に設えて、水栽培を試みてみました。

ヒヤシンス

2週間後↓
縮れてクシャクシャだった茶色の根が、すぐに延びて白くなり、花芽も見えた!

ヒヤシンス

で、今日撮った写真が、これ↓
すくすくと育って開花しそうです。

ヒヤシンス

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

【2018.02.22】 花と植物
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ラフマニノフ「ピアノコンチェルト2番」 聴き比べ
いつの間にか、年が明けてました。
今年もよろしくお付き合いくださいませ。

ラフマニノフのピアノコンチェルト2番と言えば、フィギュアスケートでもよく使われる、つとに知られた名曲ですが、ピアニストによってかなりイメージは違ってきます。

最近のピアニストで聴き比べをしてみようかな。
私の好きなピアニストのひとり、ノルウェーのレイフ・オヴェ・アンスネスと、かたや日本の辻井伸行。

アンスネスの2番は、圧倒的な技術力に支えられた切れ味鋭い「キレッキレ」の演奏。
もちろん情緒面でも素晴らしいのですが、全体的にアップテンポ気味の印象は否めないです。

 アンスネス 辻井伸行

この後、辻井伸行君の演奏を聴くと、「テンポが遅すぎ」と感じてしまうくらいの「ゆったり感」で、両者の相違に驚きます。

聴く方も、その時の気分で、ハイな演奏を聴いてテンションを上げたい時と、そうでない時があっていいのですが、両方を何度も聴くと、私自身は次第に辻井伸行君の演奏に惹かれていきます。
1楽章のクライマックス部分など、アンスネスは少しテンポが速くなり盛り上げ感を出していますが、対して辻井君は決してテンポを変えません。

いかにも派手でドラマチックなアンスネスの演奏に比べ、テンポを抑えてゆったり感を出した辻井君の演奏は、地味に聞こえながらも、何か心の奥に響いてくる深いものがあります。
同じテンポの中で、感情を抑えつつ歌いあげて、聴く人の心を揺さぶるのは難しいと感じます。

47歳のアンスネスと、29歳の辻井伸行。
円熟味を増したアンスネスと、これからの辻井君、ますます楽しみなふたりです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2018.01.22】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
北斎展
先だって、あべのハルカスで開催されている「北斎展」を見に行きました。
チケットを買うのに30分、入場するのに30分と大行列でしたが、入場者数が21万人を超えているそうです。

200年前に描かれた作品とは思えない「アートとしての現代性、斬新性」に驚嘆。
江戸時代であるのに、今、描かれた言われても、なんの違和感もないです。
デフォルメされた大胆な構図に、きめ細かい細部の巧みさが「余人をもって代えがたい」世界を繰り広げています。
まさに天才を超えた天才、圧倒的な独自性にただただ瞠目するばかりでした。

北斎

70歳を超えて次々と名画を世に出しながらも、「猫ひとつ、ろくに書けない」と言って、さらなる高みを目指した、その姿勢。
「もっといいものを描きたい」一念で、無我夢中に筆をとり続けた人生だったのでしょう。90歳で没するまで、意欲を高め、上昇し続けたことがほんとうに素晴らしいと感動します。

イギリスの画家、デイビッド・ホックニーも「北斎は最後まで高みを目指した。自分もそうありたい」と言っているそうです。

動物も多く描いていますが、リアルでありながら、なんともかわいく愛らしい。
動物にたいする愛情が感じられ、笑みがこぼれました。
自然や生き物にたいする「敬意や慈愛」があってこその生涯だったのだと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2017.11.15】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
内田 樹 講演会
昨日は、「村上文学の魅力を語る」と題された、内田樹氏の講演を聞きに行きました。
その前に、灘区役所に選挙の期日前投票に行ったのですが、30分も待つほどの盛況ぶりでした。

内田樹氏といえば、テレビには決して出ない思想家、学者として著名ですが、ツイッターを毎日チェックできるほどの発信力の持ちぬしでもあります。(私も毎日チェック)
日々、日本中を講演されてるようで、67歳とは思えぬ体力はどこから来るのか、武道もされてる所以かなと興味津々のなか、初めて拝見する同氏は、活力にあふれたユーモアのある方でした。

ここ10年、今か今かと取りざたされている「村上春樹のノーベル賞」
今年も、新聞社からの依頼で、事前に「祝原稿」を用意されてたそうです。

Unknown.jpeg

村上春樹の魅力はどこにあるのか?

「現実と非現実の境界」
人間の存在というのは、二階建ての家と、そして地下室という特殊な空間を持っている。
一階は、みんなが集まってごはん食べたり、話したりするところ、二階は個室や寝室。
地下室は特別な場所で、いろいろなものが置いてあったりする。
そしてさらにその下には、また別の地下室があり、特殊な扉があって分かりにくいので、入らないで終わってしまう人もいる。
それは、自分の過去と結びついていたり、自分の魂の中に入っていくことであったりする。

村上春樹は、そういう現実と非現実の境界のあり方みたいなところに、一番惹かれる。
日本や中国は、こっちに行ったりあっちに行ったりと、通り抜けができるが、西洋では、この世界とあの世界の分離は厳格である。

確かに、この「境界線」という概念を念頭に置くと、とても分かりやすいし、「夢と現実の境界線を剥がす」・・・ここに村上文学の魅力はあるのかもしれない。

ちなみに、村上作品は、世界の中で中国とロシアで最も読まれているそうです。
両国とも、今や圧倒的なリアルなパワーに溢れた「非宗教的な国」である。
実に興味深いなあ。

また、昨今の大学の置かれた現実にも触れられ、前例主義、事大主義に陥った日本の大学は、後10年で「終わる」だろうとおっしゃってました。

ただ、救いとして、以下の言葉も唱えられていました。

「同世代の知性の総量は変わらない」

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2017.10.22】 和音の基礎
TRACKBACK(0) []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2