クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
ポンペイの壁画展
兵庫県立美術館で開催されている「ポンペイの壁画展」に行ってきました。
土曜日午後というのに館内はガラガラ、どうしたのかな?
(ここの美術館そのものが、交通が不便で人気ないけどね)
ポンペイの壁画

ヴェスビオ火山の噴火で消滅したポンペイ。
紀元前5〜6世紀から繁栄してきた古代ローマ都市も、自然の前では無力。
水蒸気爆発から小規模な火砕流へと続き、2日目に起きた大きな火砕流で、すべて飲み込まれてしまった。
イタリアも、日本と同じ火山国、怖いですね。

壁画自体は、青やレンガ色などとてもきれいで楽しめます。
「踊るマイナス」→惹きつけられます。
ポンペイの壁画

館内廊下の片隅で、「イタリアの世界遺産」写真展も開催。
写真が、素晴らしい!
イタリアの世界遺産すべてを羅網した、素敵なパンフレットももらえます。
7枚ももらっちゃった。イタリア講座のお仲間にあげようっと。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2016.11.02】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
「兵馬俑」と「デトロイト展」をハシゴ
今日は大坂で、話題の展覧会を見に行きました。

まずは兵馬俑。
これは、実物で見るのと、そうでないのとでは、天と地の違いがあります。
その迫力と壮大さ、細部への完璧なまでのこだわりに、ただただ驚くばかり。

一体づつ、顔が違うのは、実際の兵士がモデルだったと推測されているそうですが、それでもなんとなく似ている感じがするから面白いです。
目と目が離れていたり、鼻の下が短かかったり。

この時代の人の特徴なのか?

兵馬俑
(これはレプリカ)

会場は混雑していましたが、兵馬俑を見上げる皆さんの表情が同じで、興味深かったです。
「どうしてこんなものすごいモノが、紀元前3世紀に作られたのか。しかも8000体」

今なお発掘は続いていて、これからまだまだ出土してくるそうな。
始皇帝と云う「いち人間」の権力の、果ての無さというか、凄まじさというか、とにかく彼は、「死にたくなかった」のだな!

対してデトロイト美術館展。
こちらは、こじんまりとしていて、そこそこ楽しめました。
ドガ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ピカソ、モディリアーニ、マティスなど日本人の好きな巨匠がてんこ盛りでした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2016.09.21】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ターナー展
1月11日から神戸市立博物館で開催されている「ターナー展」へ出かけてきました。
ターナーというと「重苦しく暗い風景画」という印象を持っていましたが、今回の113点に及ぶコレクションを見て認識が変わりました。

「色彩が明るい鮮やかな」絵も多いのです。
イギリスのどんよりした海や廃墟などの絵に加えて、イタリアのヴェネツィアを描いた作品は、海といい青空といい明るい陽光にあふれた美しいもので、とても惹き付けられました。
印象派のハシリともいうべき色調は、モネなどを彷彿とさせ、大きな影響を与えたと聞きます。
イギリスの風景を描いた「細密画風」な初期から、「印象派のハシリ」を経て、晩年には「輪郭のぼやけた抽象画」へと変遷していくさまは、劇的とも言う変わり様で、まさに驚きです。

『ヴェネツィア 月の出』
ヴェネツィア 月の出

『ヴェネツィア 嘆きの橋』
ヴェネツィア 嘆きの橋

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2014.01.24】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
ブリジストン美術館・・・「セーヌの流れに添って」
11月28日、1泊2日で東京へ行ってきました。
所用をメインに、友人と4年ぶりに会ったり、美術館へ行ったりと、楽しんできました。ブリジストン美術館は始めてでしたが、常設展の充実度に驚きました。

企画展は、「セーヌの流れに添って」~印象派と日本人画家達の旅~

ブリジストン美術館

ポール・シニャック↓
ブリジストン美術館

ポール・シニャック↓
ブリジストン美術館

アルベール・マルケ↓
ブリジストン美術館

ピエール・ボナール↓
植物の存在感が素晴らしい
ブリジストン美術館

モネの「睡蓮」3作も圧巻でしたが、
シニャックやマルク、ボナールも好きです。
でも、実はアンリ・ルソーもお気に入りなのです。
アンリ・ルソー3作品↓
ブリジストン美術館

ブリジストン美術館

ブリジストン美術館

アンリ・ルソーって独特の世界だと思います。
描写が細かく繊細で、絵が持つ物語性に見るものを引き込みます。

セザンヌ↓
ブリジストン美術館
セザンヌは、いつだってどこだって大好き。
圧倒的な構成力と力強さは、音楽でいうとヴェートーベンを連想させます。



年明けて、6日も東京に行きます。
虎ノ門病院で、1年ぶりの受診です。今年はとうとう行けずじまいで、山田先生とも久々の再会となります。
先生にお会いするのは、いつでも楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

【2010.12.14】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
ルノワール展・・・大阪国際美術館
9日、友人と「ルノワール展~伝統と革新」に出かけてきました。
ルノワールといえば、「豊満な裸体女性」「少々暑っくるしい~~」というイメージでしたが、今回85点の絵画を見て、見方が変わりました。
「人生楽しむべし!」
人生の苦悩などみじんも感じさせない、明るく華やかな絵の裏には、実は、貧困や病気など苦労の多い人生が秘められていたそうです。
晩年はリュウマチが悪化し、曲がった指で絵筆を動かすのは大変だったと思いますが、それでも瑞々しく官能的な女性を描き続ける意欲は失わなかったルノワール。
「人生は、苦しみの連続」だからこそ、「ハッピーな絵」を追い求め続けたその姿勢は、素晴らしい!

ストライプと花の対比が面白い。マチスっぽい↓
ルノアール20010/6/9

少女の可愛さを際立たせている、背景の「青」が印象的↓
ルノアール20010/6/9

「橙と緑」が夏をイメージさせて、華やか↓
ルノアール20010/6/9

海の「ブルー色」が大好き↓
ルノアール20010/6/9

実際の絵の美しさには、息を飲みます!↓
ルノアール20010/6/9

こんな静物画もありましたよ↓
ルノアール20010/6/9


心地よい風が吹くなか、堂島を散策しました。
「堂島バラ園」↓

堂島バラ園

堂島バラ園

堂島バラ園

堂島バラ園

ロイヤルホテルのランチ↓
ロイヤルホテルランチ
ルノワールの鑑賞券を持参すると、¥2300が¥2000に割引というので
行きましたが・・・パンが別料金で¥200とられました。これって??

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2010.06.12】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

最新記事
最新コメント
記事を分類しました
リンク
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
月ごとに表示しました

    MONTHLY

ブログ内検索
RSSフィード

Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2