クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  35
2006年12月16日、手術後12日 退院日

2~3日前にさかのぼりますが、夜の看護師巡回の折り、チーフナースのMさんと始めて話をする機会を得ました。退院直前に、患者とじっくり話しする規定があるのかどうか分からないですが、かなり長く話し込みました。

山田先生を知ったきっかけなどを聞かれ、私と同様「ネットを通じての」患者さんが急増している現状を話されました。とにかく全国から患者が押し寄せているそうで、この病気が10万人に一人なんてありえない・・・とおっしゃってました。
先生の手術件数は、2008年度で330件と増加の一途をたどっています。
1日2件の手術が通常のところ、3件入る時はさすがの先生もクタクタになってしまわれるそうで、3ケ月先まで予約で埋まっている状況というのは、私などには大変なプレッシャーの様に感じます。体調管理はどうされているのか?
Mさんによると、山田先生、たった1度だけ体調を崩された事があるそうです。遠方から飛行機で来られる家族に事情を話し、翌日に延期されたそうですが、患者さんサイドも快く引き受けられたそうです。
そりゃそうでしょうね、体調の悪い時に無理に手術して頂かなくとも万全な時に執刀して欲しいですものね。
それにしてもたった1回ですよ、1回、やはり体力のある方なのですね。

先生のHpの話になり、マスクをされた横顔の表紙の写真は顔が全然分からないし「お顔を出されたらいいのに・・先生ハンサムですし」と言いますとM看護師「山田に伝えておきます」とおっしゃってました。Mさんは先生のHp見た事がないそうです。

後日退院して、神戸に帰りHpを開くと、何と実際に表紙の写真が変わっておりびっくりしました。先生は手術服とはいえ、お顔をはっきり出されていました。まさか私のよけいな話が伝わったとは思えないですが、前の写真より受ける印象は断然良くなったと思います

虎の門病院食事2006/12/13昼
虎の門病院 2006/12/13昼
食パン、マーガリン、南京ポタージュ、グリルドチキン、若草ポテト、グリーンサラダ、レッドグローブ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ


虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  34
2006年12月16日、手術後12日

20日間の入院生活を終え、いよいよ退院の日を迎えました。
2時からの山田先生の講演を聞いてのち、国分寺の従兄弟の家で1泊、17日になつかしい神戸へと帰ります。

大山先生から、最後の血液検査の結果が出たからとナースステーションに呼ばれました。いつも穏やかで優しい先生ですが、パソコンの画面を見ていて「えっ」とびっくりされた顔をして、横にいた私の顔を見ました。
「サイレント」という言葉がもれました・・・。

訳がわからず問い返す私に「細胞が染まっている。成長ホルモンの値が高い。」とおっしゃってこう説明されました。
「ホルモン値が正常である非機能性腫瘍と診断されていたが、成長ホルモン値が若干高いので機能性かも分からない。」
非機能性腫瘍から機能性腫瘍へと病名が変わる・・・?
めでたい退院の日に診断が変わるなんて、何という事でしょう。
「気にする程の数値でもありません。忘れて下さい。」
気にするなと言われてもね・・最後の最後になってどんでん返しに会った気分です。

成長ホルモンが高いとどういう症状が出るかというと・・・
子供だと巨人症、大人になってから高くなると末端肥大症になります。手足が大きくなったり、あごや額が突出したり、鼻が大きくなったり、唇も分厚くなるなど、長い時間をかけて顔の容貌がじょじょに変化していきます。靴や指輪が入らなくなったり、年々ぶりかで会った友人に「顔が変わった」と指摘されたりして病気が発覚しますが、本人や家族は毎日見ているので、なかなか気が付きません。

しかし脳外科の医師は、容貌の変化に敏感です。
大山先生も改めて私の顔を見直して、末端肥大症の症状の有無を確かめたのです。
で、出た言葉が「サイレント」
エイズでもウイルスを持っているのに発病しない患者を「サイレント」といいますが、それと同じ様にホルモン異常があっても症状に出ない患者をサイレントと呼ぶのだそうです。ごくまれにしかいない希少な存在だそうです。

大山先生は私の顔に、末端肥大症独特の症状がないと判断したのでしょう。そこで「サイレント」という言葉がもれたのでした。

虎の門病院食事2006/12/13朝
虎の門病院 2006/12/13朝
食パン、マーガリン、マーマレイド、炒り卵、モヤシサラダ、みかん、牛乳


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  33
2006年12月14日、手術後10日

Zさん、澁澤さんとデイルームで面談中、山田先生と福原先生が通りかかりました。
「あ、先生」とかけよった私に立ち話に応じて下さった山田先生、開口一番「ここへ来て正解だったね。」とおっしゃいました。
続けて「兵庫医大だったら取れてなかったよ。」
こう書くと、自信満々のいやーな感じに聞こえてしまうのですが、よけいな事は言わず淡々と真実だけを話すお人柄という事が分かってきていたし、兵庫医大でも他の病院でも「血管周りと視神経に接している部分は始めから手をつけない」と明言していたのだから、本当に山田先生のおっしゃる通りなのです。
「もやもやした部分(血管周り)は経過観察ね。大きくなれば放射線治療1日2回を計2日間しましょう。でもまあほとんど可能性はないけどね。」

「先生、今度写真撮らして頂いていいですか?」と聞くと「いいよ。でも今撮ろうよ。忙しいんだから」
傍らでニコニコと聞いてらした福原先生にカメラを渡すと、もう苦笑いで私と先生のツーショツトを撮って下さいました。

あとで澁澤さんが、「いい先生ね。あんなに気軽に話してくれる先生いないわよ。」とおっしゃってました。

夜8時になって、大山先生が病室に入ってこられ「半年後のMRIの予約をしましょう。」と現れました。術後3回の血液検査の最後(12/11)の結果がまだ出ていないのですが、たぶん大丈夫でしょうとの事で、ついに退院まで残すところあと1日となりました。

虎の門病院食事2006/12/12夜
虎の門病院 2006/12/12夜
のっぺい汁、角立田揚、焼唐辛子、春菊ごま和え、りんご


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  33
2006年12月14日、手術後10日

いつ退院してもいい状態ですが、16日の土曜日に山田先生の講演会が病院内で行われるので、これを聞いて退院と決めました。
残るはあと2日、今日も夕方からお見舞客があります。
治療はすべて終わっていて、耳鼻科では相変わらず女医さんにごしごしと鼻を洗浄され、眼科では例の視野検査、数値的には多少改善されたとの事で、やはり視野は腫瘍の影響で狭まっていたようです。

3時半にZさん、4時前に従兄弟、ちょっとして作家の澁澤幸子さん(澁澤龍彦氏の妹)と、相次いでお見舞客が訪れました。
Zさんと澁澤幸子さんは友人同士でたびたびトルコ旅行に行かれてます。
澁澤さんの「イスタンブール、ときはゆるやかに」は、何度も読み返し、今でも折にふれて手に取る、私にとって大のお気に入り、Zさんの紹介で講演会でお会いしてから、お話させて頂けるようになりました。

従兄弟はしばらく、にこにこと3人の会話を聞いて後、退席、Zさんと澁澤さんは6時過ぎまでいらしてトルコ談議に花が咲きました。

実川&澁澤さんのプレゼント

スノーマンは澁澤さん、クリスマスオーナメントはZさんから。
今も私を励ましてくれます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  32
2006年12月12日~13日、手術後8~9日

4時頃、大山先生からホルモン検査結果の説明がありました。
異常は認められないという事で一安心、今後は、術後1ヶ月、半年後の外来を経て、それで何もなければまた1年後とうスケジュールを示されました。

8時半頃、山田先生と福原先生が病室を訪れ「退院いつでもいいよ。」と、ついに退院の話が出ました。
喜ぶ私に、山田先生は「もやもやした所は経過観察ね」
手術の翌日は「横は残ったね」
MRI画像の折りには確か「やったね!」
血管を巻いていた腫瘍に対する対応が、微妙に違っていましたが、この時の私は全摘出と信じて疑っていませんでした。

翌13日、Iさんが手術されます。
4センチの巨大腫瘍が、何と全摘でした!
デイルームにいた私に、ご家族が皆さんでご報告に来て下さいました。
終了した直後だけに、奥さんは興奮気味で、「思わず山田先生の手を取ってお礼を言いました。」と感激されてました。
術前にご家族と話す機会があって、奥さんの横にいらしたお母さまが、心配とショックのあまり一言も言葉が出ず、この時も成功がにわかに信じられない様子で、まだ放心状態の様子だったのが、今でも印象に残っています。
Iさんは、下垂体機能低下症状も起こしており、成長ホルモンも副腎皮質ホルモンも低下しているとおっしゃってました。
でも術後はきっと回復されてるに違いないと・・・お元気に仕事されてると、確信しています。
(初回の手術でのホルモン正常化治癒率は、通常5~6割に対し、山田先生は8~9割)

虎の門病院食事2006/12/12朝

虎の門病院 2006/12/12朝
食パン、ツナソテー、レモンサラダ、


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

最新記事
最新コメント
記事を分類しました
リンク
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
月ごとに表示しました

    MONTHLY

ブログ内検索
RSSフィード

Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2