クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
BSE(牛海綿状脳症)に関する本の紹介
最近、BSE問題が話題になっていますが、これに関して「死の病原体 プリオン」という本をご紹介したいと思います。1998年初版当時は、狂牛病が人々に知られ始められた時期で、非常に話題になった本でした。著者のリチャード・ローズはピュウリッツアー賞を受賞した事もある実力派ライターで、この本でも何か賞を獲ったように記憶しています。当時、牛肉を食べ過ぎたイギリス人達の脳がスポンジ状になって死んでいく報道を見てショックを覚えたのが、この本を読むきっかけでした。もう7年も前の事です。
あれ以来、輸入牛肉は食べなくなりましたし、元々行かなかったファミレスや、ハンバーガー店なども、二度と行く事はなくなりました。外食自体ををあまりしなくなった程です。生産者がはっきりしている国産牛肉を食べるようにしていますし、ミンチも避けます。何がまざっているかわからないですものね。




さて、この「死の病原体 プリオン」ですが、おもしろいですよ!
ニューギニアの人食い族の間で呪術のせいとされた奇病から始まって、イギリスで発生した狂牛病へと、遺伝子を持たない不気味な生命体「プリオン」を突き詰める過程が、一気に読ませます!アメリカからの輸入再開のこの時期をうけて、「選択出来る自由」を持つ私たちは、間違っても汚染の可能性のある肉を食べないようにするべく、ぜひご一読頂きたいと思います。
感染すれば、痴呆、けいれんの末に100%死に至る奇病は、遺伝子がないのに、自己増殖し、進化し、さらに変異を遂げるといいます。潜伏期間も25年から30年と長く、ヒトの間でのピークは2015年あたりだろうとされています。あと、10年後には、世界中で、年間20万人が発病し、確実に死んでいくのだという試算もあるのだそうです。恐ろしいですね。
牛丼店でも、輸入牛肉を使用する、しないで対応がまっぷたつに別れています。そこら辺の詳しい状況に関して、おもしろいプログがありますので、ご紹介しますね。

「きっこの日記」より~あたしは「すき家」を指示します~

耐震偽装問題に関しても、総研を早くから黒幕と書くなどマスコミをはるかに先行していて、当のマスコミ自身も熱心に見ているという、今話題沸騰中のブログです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo





【2005.12.18】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
”笑いで病気を治せるか”・・・遺伝子をONにしよう
今日はテレビと本の感想です。
今晩の「クロースアップ現代」に、遺伝子工学の権威、村上和雄氏が出演されていました。
「笑う事によって、遺伝子が活性化され、健康に良い効果を及ぼす。」「笑いという治療法が医療現場に増えている」
9/19の日記で紹介した「人生の暗号」の著者である村上氏は「一個の細胞遺伝子でも、実際にはたらいている遺伝子はごく一部にすぎず、あとは眠っている。よい遺伝子をたくさん目覚めさせて酵素やタンパク質をつくれるON状態にして、健康に生きよう」とかねてから提言されています。
今日の番組では、実際に吉本興行との協力の下で判明した遺伝子が紹介されていて、笑う事によって活性化された遺伝子が、何と64もあったそうです。
例えば・・・
ADD遺伝子ー血液中の酸素を増加させる
RAL遺伝子ータンパク質の合成を活発化させ、新陳代謝を促す

科学的にこうして実証されると、なんか元気になってうれしくなりますね。音楽もたくさんの遺伝子をONにしている事と思います。これも具体的に証明されたらいいですね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

book-3.gif


【2005.09.26】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
人生の暗号


今日は本のオススメです。
遺伝子研究の権威、村上和雄氏のベストセラー「人生の暗号」、何度も読み返しては元気を貰っている素晴しい本です。

「運のよしあしも遺伝子の働き次第、人の潜在能力を最大限に発揮し、心豊かに人生を送るためには、どうすればいいか」
たとえば発ガン遺伝子は情報として誰もが持っているが、こういう遺伝子はずっと眠っていてもらいたい、よい遺伝子をONにして、わるい遺伝子をOFFにコントロール出来るようになれば、よりよい人生が送れるはずです。近年の遺伝子研究で、この可能性も証明されてきていて、よい遺伝子を目覚めさせるための方法、心構えなど、村上氏ご自身の体験をもとに述べられています。
「どんな時も明るく前向きに考える」「人との出会い、機会との遭遇を大切にする」「よい出会いを求めるなら、自分も求める何かを持たなければならない」など、プラス思考で努力する大切さを説きながらも、「すべての見通しを得ようとすると、結局何もできない」「一生懸命頑張れば、あとはサムシング・グレートが応援してくれる」など科学者らしからぬ言葉もあって、さらに共感します。一度読んでみて下さいね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo
【2005.09.19】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
夏のお風呂


今日はお風呂の話です。
昨夜、とても涼しかったので、久しぶりにお湯を張って浸かりました。気持ち良かったです・・・。夏はシャワーが原則ですが、「お風呂ほど、血行にいいものはない」とも思っているので、真夏でも時々お湯を溜めます。以前は、お風呂の最後に、真冬でも冷水で顔をバシャバシャたたくのを習慣にしていました。
「引き締めとたるみ予防?」のつもりだったんですが、せっかく暖めた血管を収縮してしまうと気がついてやめました。顔のたるみより、脳への血流をよくした方がいいですものね。春秋の気持ちのいい季節は、半身浴しながら読書して、ゆっくり汗をかいています・・・至福のひとときです。

健康に関する本の中から、お薦めの一冊!  
「こうすれば、病気は治る」免疫学の権威である安保徹氏の名著です。「人はなぜ病気になるのか」を、免疫学の視点から、白血球とその自律神経支配の関係で、やさしく解説しています。頭痛や肩こり、不眠など身近な病気への対処法にも、納得!・・・です。





【2005.08.24】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

最新記事
最新コメント
記事を分類しました
リンク
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
月ごとに表示しました

    MONTHLY

ブログ内検索
RSSフィード

Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2