クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
イスラムなスペイン・・・グラナダでの休暇 3
アランブラ宮殿・・・リンダハラの中庭
アランブラ宮殿(アルハンブラ宮殿)の「リンダハラの中庭」


2001年スペイン旅、グラナダでアランブラ宮殿(アルハンブラ宮殿)を訪れました。王宮や宮殿、アルカサバ、そして広大な庭園と、壮大で優美な歴史的建築物は素晴しいの一言です。
1日かけて歩くと、真夏の容赦ない「光」と、噴水や泉のたえまなく流れる「水」が、この比類ない宮殿の、大きな構成因子である事が分ります。
イスラムの世界にとって、「水」は、なくてはならないものです。砂漠のオアシスのように、灼熱の太陽の世界では、水は重要です。水面に映る建物や木々は、キラキラとさざなみ、光り、人々に水への讃歌や信仰をつちかってきたに違いありません。

広大な宮殿の中にある、「泉」の写真を集めてみました。

アランブラ宮殿の水飲み場


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


イスラムなスペイン・・・グラナダでの休暇 2
2001年スペイン旅、グラナダのアランブラ宮殿の敷地内にある「ホテルアメリカ」で3泊しました。緑と花にあふれた、こだわりのプチホテルです。10月初旬というのに真夏のように暑く、2枚しか持ってこなかった半袖を、日替わりで着ていました。夜洗っては窓辺に干すのが日課となり、左の、2階の部屋の写真にもしっかり写っています・・・。


グラナダのホテルアメリカ

宿泊客以外の観光客でもにぎわっていたレストラン・・・美味しかったです!
シングルは狭過ぎて撮影不能、隣のツインを写しました。


ランチを食べに宮殿からホテルに帰って一息し、また出かけは観光して、疲れたら部屋にもどって昼寝をしてと、ほんとに便利で居心地のいいホテルでした。観光客で混雑する昼間と、陽が落ちて夕暮れのなか、静かな敷地を散歩できる贅沢を両方味わえて、旅のハイライトとなった3日間でした。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!

イスラムなスペイン・・・グラナダでの休暇 1
2001年スペイン旅、コルドバからグラナダへとバスで移動した私は、「ホテルアメリカ」へとタクシーで向かいました。(スペインなのに、なぜアメリカ?)
アランブラ宮殿の敷地内にある2つのホテルのひとつで、19世紀の民家を改造した、客室14室しかないプチホテルです。もう一方は有名な「パラドールグラナダ」、1年先まで予約がいっぱい・・・らしいです。
3泊のところ、2泊しか予約できていなかったのですが、ラッキーな事に、キャンセルがあって3泊とも泊まれる事が分って一安心、やれやれと2階の狭いシングルへと、古めかしい階段をギーコギーコいわせながら、上がったのでした。

アランブラ宮殿の敷地にあるホテルアメリカ
白壁にはジャスミンの蔦、窓辺にはゼラニウムの花
こんな家に住みたいなあ・・・
人気ホテルなので、直前の予約は困難らしいです


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


コルドバからグラナダへ・・・バスでの快適な旅
2001年スペイン旅、コルドバからグラナダへの移動は長距離バスを使いました。
コルドバ→グラナダ間は1日に8便程あり、バスターミナルでの乗車もチケットの買い方も簡単です。バス旅は、スペイン全土で路線網が発達しているのでフットワークよく、しかも低料金なのでおすすめです。コルドバ→グラナダ間は、3時間程の所要時間で1765ペセタと1000円をきる安さでした。
スペインのバス

前の座席に座った家族が、「手助けできる事があれば、いつでもどうぞ・・・。」という優しいまなざしでニコニコ。スペイン独特の白い街や村を見ながらのバス旅は快適で、6時過ぎにはグラナダへと到着し、ここでの宿泊先である「ホテルアメリカ」へとタクシーで向かいました。グラナダでは3泊とゆっくりします。
スペインの白い村


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 9
2001年10月1日、コルドバで1拍しました。旧市街の観光に疲れ、裏道に迷い込むとそこには子供達の歓声がこだましていました。親に車で送ってもらい、どの子も小走りに急いでいます。時計を見ると3時半、今から学校なのかしら?シエスタが終わってもう一度学校に・・・不思議に思いながら、元気な彼等をしばし見送っていました。



コルドバの子供達

真夏の様に暑い中、疲れてホテルにもどってベッドに横になっていると、開けた窓からフラメンコが聞こえてきます。踊るような靴音も混ざるので、どこかでフラメンコの練習でもしているのでしょう。
今夜は10時半からタブラオで「フラメンコショー」を予約しています。ウトウトとまどろみながら、思い切り「スペインな気分」にひたった夕暮れどき・・・。
アルブカシス


アンダルシアの窓はどこも「格子窓」です。ホテル「アルブカシス」も外と内に開く格子窓があり、内に開く方は、更に上部分と下部分に分かれています。
真夏の陽を遮断するが、風は取り入れたい、アンダルシアの過酷な夏をいかに快適に過ごすか・・・様々な工夫がなされています。
ところでこの「アルブカシス」ですが、メスキータから10分という好立地にあり、4畳程と部屋は狭いですが、床が大理石でインテリアもシンプル、居心地のいいプチホテルでした。シングルが当時8350ペセタで、約5000円を切る値段、安かったです。でもユーロになって値上がりしたでしょうね・・・。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!



サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

最新記事
最新コメント
記事を分類しました
リンク
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
月ごとに表示しました

    MONTHLY

ブログ内検索
RSSフィード

Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2