クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
音程の仕組みが分かれば、和音も理解できる !


「楽しくジャズアレンジ」
テンションの9回目です。
前回は全音と半音の話でした。今日は音程を表す、具体的な手段として度数というものについて書いていきましょう。「音と音の隔たり」を音程といいましたね。同じ音同士は1°、隣同士は2°、ひとつ置いて隣り同士は3°と、度を使って具体的に音程を表示します。ドとドは1°、ドとレは2°、ドとミは3°という事になりますね。1オクターブ離れた同じ音同士は8°、それ以上離れると9°10°と増やしていけばいいわけです。

以前、和音は3°づつ積み重ねるのが原則であるとお話しました。
が、この3°の中身を見てみると、全音と半音の組み合わせにより2種類ある事が分かります。ドミソの和音を例にとってみると、ドとミは全音2つで構成されていますが、ミとソは、全音と半音の組み合わせでできています。
全音2つのドミの和音を長3°、全音+半音のミソを短3°といいます。

という事は、ドミソは下が長3°、上が短3°でできている和音といえますね。で、この組み合わせの和音を長3和音とよびます。
さあ、ドミソを弾いてみましょう。どんな響きがしますか?
明るい感じ? そうですね。これをCコードとよび、一字で C と表します。


スポンサーサイト
【2005.08.31】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スリに遭った・・・香港の地下鉄で
今度も私ではなく、他の人の話です。
2004年、珍しくツァーで、香港に行った時、一行の中に、大きなバッグを持ち歩いていた女性がいました。彼女、驚く事にバッグの口を閉めないで観光してるんです!
私は、見かねて「バッグの口が開いてますよぉ~。」って何気なく注意するんですが、閉めるのはその時だけで、またしばらくすると開いているんです。後ろから近づいて、「閉めますよぉ~。」ってまたバッグの口を閉めてあげるんですけど、本人全然気にしてません。とても重そうなので、一緒に参加した私の友人とも、時々持ってあげてたりしました。「いったい何が入っているんだろう?」っていぶかしむ程の重さで、「スリに遭わなければいいけど。」って思いながら・・・。
観光が終わって、さあホテルに帰ろうと地下鉄の券売機に並んでいた時、やられました!
後ろから、ドンって突き飛ばされて、そのスキに開いたままのバッグの一番上にあった財布を持っていかれたのです。あろうことか、パスポートも航空券も財布に入れていた彼女、もうパニック状態になってしまいました。彼女の「何回も海外旅行を経験している」という言葉が、信じられない私でした。
で、重たいバッグに何を入れていたかというと、本とノートパソコンだったらしいです。なんか謎だらけの方でした・・。





首絞め強盗に遭った・・・スペインマドリードで

と言っても私の事ではなく、グラナダで出会ったNさんの体験談です。
2001年、マドリード→コルドバ→グラナダ→チンチョンと旅しました。グラナダでの事、ダウンタウンのアイスクリーム屋で涼んでいると、Nさんが入ってきました。早速、声をかけて「旅の情報交換」です。彼女はシリア・エジプトに2年間留学して、帰国を前にトルコ・ギリシャ・スペインをバックパッカー中、つい2・3日前にマドリードで首絞め強盗に襲われたのだそうです・・・びっくり!泊まっているホテルでエレベータを待っていると、いきなり後ろから首を絞められ意識を失ったそうです。気が付いた時は、パスポート、現金を入れていたバッグごとなくなっていました。

「あれはプロのしわざね。気を失う時も苦しくなかったし、気が付いた時も、気持ちよい眠りから目覚めたような感じだった・・・。」
パスポートを持ち歩いてたのは、安宿だったので部屋に置いておく方が危険と判断したそうだ。そういうホテルでは、入り口に警備員もいないし、やはり女一人旅では危ないのだなあ。同じ頃、私もマドリードで夜遅く地下鉄に乗って、レストランに行ったりしていたので、無事であるのは、ただ運が良かっただけなんだと改めて思った。

Nさんとは、それから一緒に街をブラブラ歩いて観光し、晩ご飯も一緒に食べた。パエリアが美味しかったなあ。翌2002年夏に、奈良で再会、「東京でアラブカフェを開きたい。
アラブ情報を発信する場として頑張りたい。」と言っていた彼女。東京で「新たな基地」を造り得ただろうか...?






スリに遭った・・・パリの地下鉄で
今日は、旅行での失敗談です。
数多い旅の中で、一度だけ盗難に見舞われた事があります。だいぶ以前の話ですが、1990年、パリに着いて観光初日の夕方、プラットホームで電車に乗ろうとベンチから立ち上がったとたんに、財布をスラれました。バッグから抜き取られた瞬間は分かりましたが、あまりに一瞬の事で悲鳴も上げられず、周りを見渡しても誰も走ったり逃げたりしない。呆然と立ち尽くす間に、電車は発車、一人悄然とホームにとり残されてしまったのでした・・・。もう帰途につくところで、警戒心が薄れていたのを、敵は、見逃さなかったのでしょう。だいぶ前から跡をつけていて、財布の出し入れも見ていたに違いなく、油断する瞬間を狙っていたのだと思います。鮮やかな手口に、情けないのを通り越して感心してしまいました。被害はクレジットカード2枚と日本円が10万程、盗難届けも直ぐに出したにも関わらず一枚は60万円ほど使われてしまいました。

この失敗を教訓に、以後改めた事があります。
1.クレジットカードの所有は1枚とし、2枚以上は持たない。サインは日本語でする。(盗られたカードはアルファベットで書いていました。)
2.外国にいる時は、どんな時も油断せず、緊張して歩く。「私は警戒しているぞ。」というオーラを発散させる。
3.財布には、最低限の現金しか入れない。などなど...。
幸いな事に、それからは盗難には遭っていません。一度痛い目にあわないと、成長しないって事ですね。でも、痛い教訓でした。









「ドレミファソラシド」だけが、音階じゃない?


「楽しくジャズアレンジ」
テンションの8回目、昨日から音程の話になっています。さて昨日の答え、1オクターブの中に半音はいくつあるか・・・?12コが正解です。

♯がつくと「半音上がる」、♭がつくと「半音下がる」といいますよね。♯や♭がつくと、黒鍵になると思い込んでる方もいらっしゃるかと思いますが、そうではないんですね。ミの♯は、白鍵のファになりますし、ドの♭は白鍵のシになるのです。

じゃあ、黒鍵を挟まない白鍵同士の音程をどう表現するかというと、全音と呼びます。つまり半音+半音=全音という図式になります。ドとレの間を詳しく見てみますと、ドとド♯が半音、ド♯とレの間も半音ですから、半音2コを含むドレの音程間は、全音という事になりますね。私たちが、いつも歌っているドレミファソラシドは、このように5つの全音と2つの半音で構成されているわけです。

最近ブームになっている琉球音楽は、なんとレとラがなくて、ドミファソシドの音階でできています!「ドミファソシド~」って歌ってみて下さい・・
気分は沖縄ですよね~?    

【2005.08.27】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
音程が分かれば、歌も上手になる?


「楽しくジャズアレンジ」
テンションの7回目です。
今日から、和音を少し離れて、「音階と音程」の話をしますね。和音の仕組みを理解するには、ここら辺の知識が大事なのです。

ピアノの鍵盤には、ご存知「白」と「黒」がありますね。ミファとシドの間には、黒い鍵盤がありません。で、ドから順番にド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯と弾いていきます。このそれぞれの音の開きを「音程」といって、白黒に関係なく、
隣同士の音は「半音」の音程差
といいます。ドとド♯、ド♯とレ、レとレ♯は白と黒の鍵盤同士の関係になりますが、ミとファは白い鍵盤同士です。が、どちらも「半音」開いてるといいます。

もう一組、白い鍵盤同士で、「半音」の音程差があるカップルがありますね?どこでしょう?はいその通り、シ、ドも白い鍵盤同士で「半音」ですね!さて、ここで問題です。1オクターブ(ドからド)の間で、半音カップルは何組いるでしょう?答えは、明日・・・。


【2005.08.26】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
海外旅行でのお風呂
green-3.gif

昨日に続いてお風呂の話・・・。
海外旅行でのお風呂は、バスタブだけという例のスタイルが多いので、「疲れをとってリラックス」という日本的癒しが少ないですよね。また、プチホテルのシングルに泊まると、たいていシャワーだけで、たたみ一畳の半分くらいのスペースしかない所が多く、
座る事も出来ません。

2001年にスペインのグラナダで、「アメリカ」というホテルに3泊しました。アランブラ宮殿敷地内にあるので人気が高く、外観も部屋も素敵なのですが、観光して疲れて帰ってきても、待っているのはこの狭いシャワー室・・。何となく疲れが残りました。
トルコのカッパドキアでも、洞窟ホテル「アルフィナ」が、このシャワーで、初冬の寒さの中、お湯出しっぱなしでも寒くて寒くて、震えてしまいました。

たまには広いバスルームに入りたい・・・で、

2002年のスペイン旅行で泊まったのが「ダルトムラダ」。
リゾート地として知られる マジョルカ島の、隠れ家的なホテルです。

bath-3.gif

シングル一室はあろうかと思う程の広さのバスルームに、小舟の様なバスタブ、まだ明るい夕暮れ時からゆらゆら浸かっていると、直ぐ近くのカテドラルから鐘の音が聞こえてきて、ウトウトとまどろんでしまうのでした・・・。

夏のお風呂


今日はお風呂の話です。
昨夜、とても涼しかったので、久しぶりにお湯を張って浸かりました。気持ち良かったです・・・。夏はシャワーが原則ですが、「お風呂ほど、血行にいいものはない」とも思っているので、真夏でも時々お湯を溜めます。以前は、お風呂の最後に、真冬でも冷水で顔をバシャバシャたたくのを習慣にしていました。
「引き締めとたるみ予防?」のつもりだったんですが、せっかく暖めた血管を収縮してしまうと気がついてやめました。顔のたるみより、脳への血流をよくした方がいいですものね。春秋の気持ちのいい季節は、半身浴しながら読書して、ゆっくり汗をかいています・・・至福のひとときです。

健康に関する本の中から、お薦めの一冊!  
「こうすれば、病気は治る」免疫学の権威である安保徹氏の名著です。「人はなぜ病気になるのか」を、免疫学の視点から、白血球とその自律神経支配の関係で、やさしく解説しています。頭痛や肩こり、不眠など身近な病気への対処法にも、納得!・・・です。





【2005.08.24】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「茶色の子瓶」完成!


「楽しくジャズアレンジ」
今日はテンションの6回目、今までのアレンジをまとめて、「茶色の子瓶」を完成させてみました。テンションである9th、11th、13thがジャズっぽいサウンドをかもし出しています。最後の小節の2拍目、シ♭ラ♭の和音は、テンションではないのですが、また違った雰囲気のサウンドですね。終わるかと思ったら、またちょっと横道にそれたような感じ・・・。フェイントをかけられた気分になりますね。
この和音は、また先にお話するとして、早速弾いてみましょう!

どうでしょう、ジャズっぽさが楽しめて頂けたでしょうか?
みなさんも、テンションを工夫して「ナイスな茶色の子瓶」を作ってみて下さいね!
決断の仕方にも、温度差がある??



テンションの5回目、今日は、最後の4小節B'です。
1小節目の和音「ドとシ♭」は前日出てきたCセブンですね。「決断する和音」でした。
Bの「ミシ♭レ」より更に強固に「ファラド」に行こうって感じです。決断力は増しましたね! なぜでしょう?それは、11thのレがなくて、Cセブン本来の構成音である「ドミソシ♭」から2音を選んでいるからです。では、次の和音を弾いてみましょう。

jazz-4.gif


小学校での朝礼で「起立」「礼」「着席」とおじぎをした時の、あのジャン、ジャン、ジャーンの音、それがこの和音です。なつかしいですね。
おじぎをした時のCセブン、このままでは宙ぶらりん、何としてもFのファラドに進んで、お辞儀を終わりにしたいですよね!
この何とかセブンの和音を、ドミナント・コードとよび、落ち着き先であるコード(セブンがつかない)をトニック・コードといいます。
また、Bのミシ♭レに対し、B'をドシ♭にしたのは、曲の終わりに向かって、終止感を演出したかったからです。

「決断する和音」と「不安を楽しむ和音」?


テンションの4回目です。
「茶色の子瓶」は4+4+4+4の16小節で、できています。
始めの4小節をAとすると、次の4小節はAとほとんど同じなのでA’、次の4小節は全然違ったメロディーなのでB、最後の4小節はB’となります。

この曲は、すべての4小節が、ドミソ、ドファラ、シレソ、ドミソの順に和音がついてしまうのですが、これにテンションを加えてジャズっぽくアレンジしていくんでした。
で、今日はBのサビの部分に和音をつけていきましょう。

1小節目のドミソに7thであるシの音を加えます。あれれ?前は普通のシだったのに、今日は♭(フラット)がついてる・・・。さあ、響きはどう変化するでしょうAと弾き比べてみて下さい。どうですか? ♭(フラット)がついたミシレは、次のファドにスムーズに移行した感じがしますよね?
Aの♭(フラット)がつかないシドからラドへ移る時は、何となく「不安感」があったと思うのですが・・・いかがでしょう?
何が何でも移るぞとという決断力を秘めた和音が(1)なら、そこはかとなく不安感を漂わせながら移動しちゃう~和音が(2)と思えばいいですね。

その時の気分で、こっちがいいやって選べば楽しいです!

plog-5.gif

(1)はCセブン、(2)はCメジャーセブンとよびます。
「自作曲の弾き語り」は楽しい!
今日も生徒さんの話です。昨日は看護師のTさんでしたが、今日は、介護士のTさんです。
レッスンを始めて3ヶ月、ピアノは、ほぼ初心者といっていい状態です。
が、「歌」は違います。独学で発声を勉強、自分で作詞作曲して、ピアノでコードを押さえながらの(「弾く」とはちょっとまだ云い難い・・・です)弾き語りは、まぎれもなく「彼女独自の世界」で、聞くものを惹き付けます。何よりも、彼女自身が楽しんで歌っているのが、見ていて心地よいです。

「ピアノを基礎から学んで、自作曲に伴奏をつけ、歌いたい。」との希望で、ピアノは基礎から、同時に並行してコードも学んでいます。多くのピアノ経験者からすると、読譜が十分でない彼女が、何で作曲したり、弾き語りが出来るのか、ちょっと不思議に思うところです。ピアノレッスンは、楽譜通りに弾く事から始まりますから、自分でメローディーを作曲したとしても、それを楽譜におこさないと「保存」がきかないし、不安です。
楽譜におこせない彼女の「保存」は、暗譜するしかないのでしょうが、これが、逆に「自分に中に深く留まり、」表現力が増す一助になったのかもわかりません。

幼い頃からピアノを始める事が出来るのは、幸運な事に違いありません。
子供のレッスンが、ただ弾くだけではなく、「聞いたメロディー」は楽譜がなくても弾ける、同時に楽譜にもおこせる・・・という多面性を目指したものであらねばと、指導者として改めて思っています。



【2005.08.20】 音楽雑感
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
音楽療法
2週間入院されてたTさんが退院、久しぶりにレッスンに来られました。
彼女の仕事は看護師です。ピアノ歴は長く、受験時に音大受験を迷った程の実力の持ち主です。

入院中、始めて患者の立場になって、看護師として「思い至った」といいます。
「おはようございます。」と病室に入ってくる看護師さんの、その言葉のニュアンスだけで、「癒されたり、そうじゃなかったり...。」したそうです。患者の気持ちになって、心から心配しているかどうか、「直ぐ分かってしまった」のだそうです。
ルーティーンワークとして仕事してる人と、そうじゃない人との区別が、はっきりと見てとれて、衝撃を受けたと言っていました。すごい話だなと思いました。病気になって精神的に弱い立場になって、始めて感じた「人の暖かさ、冷たさ」透けて見えた「人の心の底」・・・・。新人看護師でも、一生懸命に努めていれば、「頑張ってるんだな」と応援したい気持ちになったそうです。3年目の看護師として、目指す看護師像にも気がついたと、力強く語ってくれました。

将来はピアノを通して、音楽療法にも携わっていきたい彼女、「得難い体験」が、仕事にもピアノにも深みを与えるだろうと頼もしく思いました。病院内で、どの様に音楽を広げ、患者さんを癒していけるか、楽しみにしています!





【2005.08.19】 音楽雑感
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
ゴスペルな「茶色の子瓶」


テンションの3回目です。
「茶色の子瓶」の出だしの4小節を、昨日に続いてジャズっぽいサウンドにしていきましょう。今度は右手も和音にし、左手の和音の音程間も広げて、全体的に幅広にしてみました。

和音は、3度づつ積み重ねるのが基本ですが、根音から数えて6度目の音も6thとして加える事ができます。2小節目のファラド(ドファラの原型)に6番目の音である「レ」を加えます。同じ様に4小節目のドミソにも6番目の音であるラを加えます。ただし、左手にではなく、右手の2泊目の和音の一部として参加させます。

3小節目のソシレは、13thのミにフラットをつけて、昨日のアレンジから一歩前進させました。かなりサウンドに変化がつきましたね!このように9th、11th、13thの各テンションを半音あげたり(シャープ)下げたり(フラット)する事によって、幾多の組み合わせが可能となり、さまざまなサウンドが自由自在、となりました。(11thはシャープのみ、13thはフラットのみと制約はありますが・・・)

さあ、では弾いてみましょう。
ゴージャスなジャズになったと思いません??
ちょっとゴスペル風な感じ・・・・ですよね!自分だけのサウンド、作りたくなってきましたよね・・・☆
テンション(ジャズ和音)
tension-2.gif


テンションの2回目です。
みんながよく知ってる「茶色の子瓶」、出だしの4小節に和音をつけてみます。ドミソ、ドファラ、シレソという基本の3和音でついてしまいますよね。これにテンションを加えていきます。最初のドミソは7thのシを入れて、なおかつミとソは省き、
シドという2和音にしてしまいます。メロディーにミとソがあるので、あえて2和音にしても響きはしっかりドミソです。2小節目のドファラはラドに、1小節目のシドからラドへと流れもスムーズに動いていますね。
3小節目のファシミ、ここで一気にジャズっぽくなりました。
13thのミが、何とも印象的な響きを出しています。ファシミどうしの音程差が開いていて、その前の2和音から劇的に変化したような印象を与えます。サウンドが広がった感じですよね。

和音を少し工夫するだけでこの様にジャズっぽくなりました。
メロディーとの兼ね合いを考えながら、テンションも選んでいける様になるという事なしです!ぜひ、弾いてみて下さいね。
テンション(ジャズ和音)


昨日に続いて、ジャズの話を.....。
テンションという言葉ですが、「緊張」と云う意味ですよね。基本的な和音構成の上部に、3度づつさらに積み重ねる事によって、従来にはない「緊張感を持った響き」が演出できる事から、この積み重ねた音の事をテンション・ノートまたはテンションというようになりました。

ドミソは誰でも知っている和音ですが、これに3度上の音であるシを加えると、ドミソシの和音になります。ドから数えて7番目の音が加わったので、セブンスコード(7th)と呼ばれます。

これと同じようにさらに、レ、ファ、ラと3度づつ積み重ねると、レは9番目なので、9th、ファは11th、ラは13thとなります。この9th、11th、13thの3種類をテンションを呼んでいます。ぞろぞろと積み重ねた和音を、ぜーんぶ一緒に弾くと.....もちろん7つもの音を片手では弾けませんから、どれかを省いていく事になります。で、この省き方と、残った和音の組み合わせによって、さまざまなサウンドが
生まれる訳です。
ジャズの楽譜


市販されているポピュラー、ジャズの楽譜は、難しいか、易しいかの2極端に大別される傾向にあります。ピアノをある程度弾ける人にとって、その中間というものがなくて楽譜選びに困ってしまいます。始めから、アドリブ満載というのはとっつきにくいし、かといって易しい楽譜となると、全然物足りません。

クラシックにはない、ジャズ独特の和音の響きを楽しめるような楽譜...と思って探していると、ありました!
「Easy Jazz Piano  やさしいジャズアレンジ 映画音楽」テンションの使い方と和音の展開が巧みで、ジャズっぽさが楽しめます。ブルグミュラー、チェルニー100番程度の技術で弾けてしまうので、これはうれしいです。かなり弾ける上級者にとっても、ジャズ和音の勉強をしながら、曲自体も楽しめるアレンジなので、一石二鳥です。

ところが、先日買い足そうと思ってヤマハに行ったところ、何と出版社が倒産してしまっていました。いい楽譜だったのに残念です...。



【2005.08.15】 音楽雑感
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
ブログ初日 沖縄県芸
今春、沖縄県芸声楽科に進学された「ちささん」が、夏休みになって帰省、レッスンに来られました。「沖縄より、こちらの方が暑い」にびっくり!
湿度は高くても、風が通って心地よく、体感温度は低く感じられるそうです。朝、蝉の猛烈な合唱に起こされて起床、授業の始まる前と空き時間は、ピアノや声楽の練習にあてていて、下宿先には夕方帰るそうです。まずは、順調な大学生活に安心しました。レッスンは、30番、インベンション、ベートーヴェンのソナタ、4ケ月の成長のあとが感じられ、うれしく思いました。

「食事は作ってる?」に、「ハイ、ゴーヤーチャンプルーに素麺を入れて、ゴーヤー素麺にしてます。美味しいですよ!」で、早速私も料理してみました。なかなかいけます。素麺は少なめの方がいいですね。


PICT0014-1.gif


【2005.08.14】 音楽雑感
TRACKBACK(1) // COMMENT(1) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。