クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
「夏の日の思い出」の4段目も、副3和音が活躍
「楽しくジャズアレンジ」
「夏の日の思い出」のハーモナイズ、今日は4段目です。
3小節目は、CとAmでハーモナイズしましょう。このAmですが、Cの代理コードではなく、メロディー自体がAmで決まり・・です。Cではこのメロディーと合わないですから、代理コードではないですね。
4小節目ですが、ここはF→G7→Cの流れが基本です。ですので、このままでもいっこうに構わないですが、代理コードを使って彩りをつけてみましょう。Fの代わりにDmを配してDm→G7→Cとします。どうでしょう、サウンドが柔らかくなって、曲の終止感をいい感じで演出していると思われませんか?根音もファ→ソ→ドとスムーズに流れさせるために、和音を展開してヴォイシングします。
さあ、これで「夏の日の思い出」のハーモナイズが完成しました。次回からは、ジャズっぽい「夏の日の思い出」にすべく、和音を変身させていきます!




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



スポンサーサイト
【2005.10.31】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(3) []
和音の根音もメロディーにしましょう!
「楽しくジャズアレンジ」
「夏の日の思い出」のハーモナイズ、今日は3段目です。
2小節目は、CとFでハーモナイズできない事はないですが、代理コードのEmとDmをそれぞれ使った方が、メロディーにしっくり合いますので、この流れでいきましょう。1小節目のFは次のミソシをにらんで、ファラドとし、根音を順次進行させます。すると4小節を通して、ファ→ミ→レ→ド→シと根音がきれいに1音ずつ下がって、メロディーの様になりましたね!
うまい具合にヴォイシングできました。もし、伴奏を和音の形にしないで、1音だけでアレンジしなさいと云われればこの「ファ→ミ→レ→ド→シ」で十分な訳です。これだけでもとってもきれいです!





人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.10.30】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペインのパラドール・・・その8
trip-64.gif
泊まった部屋の床

2001年、チンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/1010/1310/16、10/1810/21、10/23、 10/26の日記)
私は石畳が大好きで、ホテルの床が石やタイル、大理石だと、とてもうれしくなります。素足で、ひんやりした石の上を歩くのは気持ちいいものです。
ここチンチョンでも、部屋の床、回廊の床ともに、タイルでした。部屋のテラコッタタイルは大振りのもので、清潔に拭かれており、気持ちよく過ごす事ができましたし、回廊の床も、小さいテラコッタタイルをきれいにデコレイトさせて、その上に絨毯を敷いたりしていて、とても素敵でした。


回廊の床

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



基本のキの終止形って・・・?
「楽しくジャズアレンジ」
「夏の日の思い出」のハーモナイズ、今日は2段目の4小節目です。
前回、3小節目のFは、根音をラにして4小節目のCの根音のソへとつなげると、お話しました。では4小節目のCをソドミにすると、どういう効果が得られるのでしょう?実際に弾いて比べてみましょう。Cのソド→G7のソファの流れは、曲の終止感を呼び覚ましませんか?そうなんです。このスタイルはクラシックでもよく使われる、基本のキの終止形で、受験生も必ず学びます。このスタイルを曲の最後や途中の区切りに持ってくると、「あ~終わったあ」って感じになります。「夏の日の思い出」では、この終止形にもっていきたかった為に、その前のFをラファにしたのです。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.28】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「夏の日の思い出」をハーモナイズ
「楽しくジャズアレンジ」
「夏の日の思い出」をハーモナイズしていきましょう。今日は1.2段目です。C、F、G(G7)の主要3和音できれいにハーモナイズできました。1段目は基本の3和音のスタイルで、2段目は、メロディーをにらみながら、ヴォイシングしてみました。
1小節目、メロディーにミがあるので、コードはドソの2和音にします。2小節目も同様にメロディーにレがあるので、シソとシンプルにします。3小節目のFは、根音をラにして4小節目のCの根音のソへとつなげます。このF→Cがメロディーときれいに合って流れていて、とてもきれいです!なぜでしょう?それは、Fでは根音のラとメロディのファが6度音程、Cでも根音のソとメロディーのミが6度音程を作って動いているからです。
この様に6度音程とか3度音程は、きれいにハモレるので、合唱などでも基本のスタイルとなっています。
4小節目の動きについては、次回お話します。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.27】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペインのパラドール・・・その7


2001年、チンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/1010/1310/16、10/1810/21、10/23の日記)
パティオは、水飲み場やさまざまな木々、果樹などがきちんと管理されいて散策にもってこいです。石壁も、写真の通り、美しくデコレイトされており、整枝された木との調和が、とっても素敵です。下の写真は、ぶどう棚ですが、夏には日よけとなって、心地良い木陰を提供するのでしょうね。
私はタイルとか石が好きで、ヨーロッパの石畳は、旅の大きな楽しみのひとつとなっています。レリーフが彫られている石畳など、歩くのが思わず弾んできてしまいます。ホテルの床にもこだわっていて、石やタイルだと、もううれしくて・・・。カーペット敷きだと何となく不衛生で、裸足で歩くのがイヤになります。ここチンチョンのパラドールも床はタイルでした!次回ご紹介しますね。

trip-67.gif



人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


副3和音を使って「ちょうちょう」をハーモナイズ
「楽しくジャズアレンジ」
どなたもご存知の「ちょうちょう」は、C、F、G7の主要3和音でハーモナイズできます。これを、代理和音Am、Dmを使ってアレンジしてみましょう。1小節目のCを、Cの代理和音であるAmを3拍目に入れてC→Amとします。2小節目も、Fの代わりに代理和音、Dm7(Dm)を使ってDm7→G7の流れにしてみます。さあ、どんなサウンドになるでしょう?
かわいい童謡曲から、ちょっと変化がつきましたか?この様に、副3和音を主要3和音の代理に使う事によって、単純なコード進行から、様々なサウンドの変化を得る事ができます。「ちょうちょう」はC、F、G7だけの方が、シンプルで曲に合っていると思われますが、メロディー自体が始めからAm、Dm、Emを想定しているものもあります。この場合、代理コードという機能では使われない事になりますね。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.10.25】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
副3和音は、どの和音の代理がつとまる・・・?
「楽しくジャズアレンジ」
Amは、「サリーガーデン」でCの代わりに使える代理和音として、登場しましたね。(9/23の日記)この様に、副和音は主要3和音の代理として使う事ができます Emも、Cと構成音がミ、ソと共通なので同じ様にCの代理として使えます。原則的に共通音が2つあれば、代理和音として機能する事ができます。
ではDmはどうでしょうか?Fと比較するとファとラが共通音ですね。これもFの代理和音として使えますね。
Cの代理:Am Em
Fの代理:Dm
残るBm-♭ですが、Gとシ、レが共通なものの、一般的にはあまり使いません。代理和音としては有効ですが、私もあまり見た事はありません。






人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.24】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペインのパラドール・・・その6
2001年、チンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/1010/1310/16、10/18 の日記)
朝食はルームサービスになっていて、指定した時間に持ってきてくれます。ご覧の通り、かなりの量で、スペイン名物の生ハムやチーズを中心に盛りだくさんでした。ただ、調理した暖かいものはないので、パサパサ感が残ります。これにスクランブルエッグなどがあれば、申し分ないのですが・・・。

trip-70.gif



ツインベッドに一人で泊まる時は、寝ない方のベッドに洋服やらお土産やら、いろいろと広げられるので、便利です。前にも書きました様に、これで12000円程ですから(ダブルのシングルユース+朝食)安いですよねえ。旅の最後に、疲れを癒し、少々贅沢な気分を味わえて満足でした。

trip-62.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

副3和音の役割・・・Dm、Em、Am、Bm-♭
「楽しくジャズアレンジ」
今日から副和音の役割をみていきましょう。
ハ長調の主要3和音はC、F、Gのトニック、サブドミナント、ドミナントでした。副和音はDm、Em、Am、Bm-♭の4つでしたね。Amは、「サリーガーデン」でCの代わりに使える代理和音として、登場しました。(9/23の日記)では、あとの副和音はどの主要3和音の代理になるのでしょう?これから順々にみていきたいと思います。
「夏の日の思い出」で勉強していきましょう。

jazz-53.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.10.22】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペインのチンチョン、マヨール広場の魅力


2001年のスペイン、マヨール広場とパラドール宿泊を目的に、チンチョン(マドリッドからバスで1時間半)に行きました。(9/39/410/1010/1310/16の日記)
スペインにマヨール広場は数あれど、ここチンチョン程ユニークなものも珍しいらしい。丸い広場を囲むのは、バルコニー付きの木造の家々で、1階はバルや土産物屋が軒を連ね、2階、3階からは住居も加わるらしい。回廊をグルッと廻りながら、ほんとに人が住んでるのかなあといぶかしんでいると、いたいた、住人らしき人が、鍵を開けて中に入っていくのを見つけたのだ。ふーん、やっぱり上階は家になっているんだ・・・どんな感じなのか見てみたいなあと、一緒について行きたい気分で、閉まったドアをしばし見て、たたずんでいました。
毎日、この愉快な広場を見ながら生活してるって、楽しいだろうなあ・・・。


<広場を囲む回廊>

trip-38.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

ジャズっぽい「サリーガーデン」・・・完成!
アイルランド民謡の「サリーガーデン」、テンションを使ってアレンジしてきました。ついに16小節全曲の完成です。トラディショナルで素朴な原曲から、ジャズっぽいサウンドの曲に一変してしまいましたね。ぜひ通して弾いてみて下さいね!
では次回からは、副3和音(Dm、Em、Am、Bm-♭)についてみていきましょう。

jazz-43.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


曲の最後のドミソにレを入れたら・・・?
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの36回目です。
「サリーガーデン」の「ヴォイシング」、今日は4段目の3小節目、ドミナントコードGの♭13thについてみていきましょう。このミですが、♭をつけなくてもテンションとしてきれいに響きます。が、次のCのトップノートがレなので、レ→ミ♭→レというメロディーラインの方がレ→ミ→レとするより、自然でジャズっぽい色がでます。ドミナント7thコードの13thテンションには、13th、♭13th、の2種類が使え、♯13は使えません。ミの♯はファになり、7thのファと同音になってしまいますから・・・。
さて、では曲の最後のコード、Cについてみていきましょう。下からドミラレとなっていますね。根音、3th、6th、9thの組み合わせです。メジャーコード(各調の1と4の和音で、長3和音の事でしたね。)にも、ドミナント7thコードと同じ様に、3度づつテンションを積み重ねていく事が可能です。この9thのレですが、普通クラシックではハ長調の終止の音はドですよね!ドで結んで、さあ終わったぞって納得出来るんですよね。ところが、これは「レ」で終わっています。どんな感じがされるでしょう?なんか、まだ続くような、宙ぶらりんで漂っているような、不思議な感じです。そうそう、今の言葉で「微妙・・・」って空気がピッタリですかね?でも、とってもジャズっぽいでしょ?みなさんも、色々な曲の最後のドミソに、レを入れてみて下さいな。とたんにジャジーな雰囲気を演出する事ができますよ。メジャーコードの他のテンションについては、またいずれお話します。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



スペインのパラドール・・・その5

中庭から見た回廊の窓

2001年、チンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/1010/1310/16  の日記)上の写真は中庭から見た回廊の窓です。この中庭はパテイオと呼ばれ、イスラムの影響を色濃く残すアンダルシアを中心に、スペインではよく見られます。パティオの中心には、泉水が湧き出る井戸や水飲み場があり、色とりどりの花で飾られた居心地の良い空間は、外からは伺い知れない別世界となっています。このチンチョンのパティオでも、たくさんの木々や花がよく手入れされていて、ちょうど私が行った10月は、リンゴやザクロがたわわに実っていました。このザクロですが、ジュースにしてもとても美味しく、旅行中、よく飲みました。アランブラ宮殿のあるグラナダとは、スペイン語で「ザクロの実」という意味だそうで、一方「ザクロの木」は「グラナド」というんだそうです。ザクロってスペインでは、ポピュラーでシンボリックな果物なんですね。

trip-61.gif
バラの花とザクロの実

人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


ドミナント7thコードのテンションはどんどん広がる!
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの35回目です。
「サリーガーデン」の「ヴォイシング」、今日は4段目です。
1、2段目からアレンジを少々変化させてみましょう。3小節目3拍目のG9のラ、これに♭をつけてみましょう。これもジャズっぽいサウンドになりましたね。ドミナント7thコードの9thテンションは、この様に♭や♯をつける事ができます。ただし、これらのテンションのすべてがどんなコードにも使えるかというと、そうではなくいろいろと限定されてきます。今日はドミナント7thコードの9thテンションには、9th、♭9th、♯9thの3種類があると覚えましょう。では4拍目のドミナントコードGの13thのミ、これに♭をつけると、今度はどんなサウンドになるでしょう?次回はこの♭13thと、終止のコードCのテンションについてお話します。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



スペインのパラドール・・・その4
trip-54.gif

2001年、チョンチョンでパラドールに泊まりました。(9/410/1010/13 の日記)
元修道院だった堅牢な建物は、中庭を囲む回廊が特徴で、ラウンジと小美術館を兼ねたごとくの雰囲気になっています。古い絵や置物、絨毯などが置かれていて、見ていて歴史を感じさせます。庭からの明かりも程よく取り入れるために、大きな窓と格子戸付きの窓とがあって、光の量を調整しています。アンダルシアまではないまでも、スペインの夏の日差しは強烈ですから・・・。
古いものばかりかなと思っていると、中にはこんな愉快なものもありました。
「ダリ風時計」・・?遊び心もしっかりと詰まったパラドールでした。

trip-51.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


テンションは9度、11度、13度まであります
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの34回目です。
「サリーガーデン」の「ヴォイシング」、今日は3段目のサビの部分です。
2小節目のCメジャー7、3小節目のFメジャー7は、1段目と同じ、右手をオウターブの幅広の和音にしてみましょう。この様に、3度や7度をオクターブで配置させるときれいなサウンドが得られますので、おすすめです。さて、3小節目にまた見慣れない和音がでてきました。G13・・・?テンションって13番目の音まであったんですね!7、9、11、13と限りなくサウンドは広がっていきます。(13thのコードもまた、後日詳しく説明します)余談ですが、15thはないんでしょうか?なぜか、ソから数えて15番目の音は・・・・あれ、ソにもどってしまいました。つまりテンションは9、11、13(7は頻繁に使うので、テンションに入れない事が多いです)の3種類と定義づけられる訳です。3小節目のC6はドから数えて6番目のラが加わった和音で、機能的にCと全く変わらず、C、Cメジャー7、C6をひとくくりに全部トニックコードとまとめられます。
では、1段目、2段目(1段目と同じ)、3段目を続けて弾いてみましょう。ジャズらしくなりましたでしょうか?



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

サリーガーデンのヴォイシング・・・サウンドは変わる?
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの33回目です。
4和音の「サリーガーデン」を「ヴォイシング」しましょう。原型を展開して、弾きやすくジャズっぽくしたいと思います。
2小節目のCメジャー7は、メロディーがミから始まるのでミを省いてドソシとします。次のG9はGメジャー7にさらに9番目のラを加えてシファラとします。(9thのコードはまた、後日詳しく説明します)3小節目のFメジャー7は、7thのミを右手にもってきて、ラミラという幅広の和音にします。ここで、サウンドが大きく広がってきました。次のCにもこの形を適用して、同じ動きでそろえます。このCは7thの音を使いません。4小節目のFメジャー7は3小節目と同じに、G9は2小節目と展開の形を変えてみました。フレーズの最後のCは、3和音にしてシンプルに締めくくりました。
では、弾いてみましょう。少し難しいですが、7thと9thの音が効果的に効いていますね!




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

スペインのパラドール・・・その3


2001年スペイン、チョンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/10 の日記)
中庭を取り囲む回廊が広く、一種のラウンジの様になっています。そこには、タペストリーが壁に架けてあったり、古い絨毯が敷いてあったりします。タペストリーと云えばジローナ(バルセロナから鉄道で1時間半)が有名です。カテドラルには900年前のタペストリーがあって、これを見るためにわざわざジローナまで行く人がいるくらいです。ちなみに、私も2002年に行ったのですが、あいにく閉館していて目的を達せませんでした。
このチンチョンのタペストリーは、上は一見して新しく、コピーのように感じます、下の方は古そうなので、年代物かもわかりません。いずれも無造作に壁に架かっていて、宿泊者の目を楽しませてくれています。

trip-53.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

「サリーガーデン」を4和音で弾きます
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの32回目です。
「サリーガーデン」をすべて4和音にしてみましょう。多少弾きにくいですが、展開せずに原型で試みてみます。どうでしょう?3和音に比べて一気にジャズっぽいサウンドになったと思われませんか?同時にG7のドミナント(属7)が、他の7thコードと機能を全然異にしている事が、改めて理解出来ますよね。
では、次回は弾きにくい和音の形を展開して、弾きやすくしてみましょう。これを「ヴォイシング」と呼ぶんでしたね。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.12】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
3和音から4和音・・・ジャズっぽいサウンドへ変化
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの31回目です。
前回は、ハ長調の音階上の各和音すべてに7°の音を加え、7thコードにしてみました。サウンドは3和音と比べていかがでしたか?4和音になって、クラシックばりばりの響きから、ポピュラーっぽく、ジャズっぽく変化したのではないでしょうか?特にマイナーコード(Dm7、Em7、Am7)はソフトな感じで、自然に使えます。メジャーコード(Cメジャ-7、Fメジャー7)はジャズっぽさがマイナーコードより強調される感じなので、効果を狙って使いたいものです。次回は「懐かしきケンタッキーの我が家」を全部4和音にして弾いてみましょう。

jazz-51.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.11】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペインのパラドールって?・・・その2


「パラドール・デ・チンチョン」のアプローチ
2001年のスペイン旅行、マドリッドからバスで1時間、チンチョンという田舎町に泊まりました。目的は「マヨール広場」と「パラドール」でした。(9/4の日記)
パラドールとは、独裁者フランコの時代に整備された、歴史的遺産のお城や修道院を改装した国営ホテルの事です。当時は特権階級が主に宿泊していたらしいですが、今は一般の旅行者にも広く知られています。華々しさや豪華さはないですが、そこは本物の史跡ですから、重みが違います。調度品や壁掛けなどに、そこはかとなく”かつての栄光”を感じます。パラドール・デ・チンチョンは、お値段的に86あるパラドールの中でも最も手軽に泊まれるホテルで、16863ペセタ、12000円程でした。(ダブルのシングルユース+朝食)最も人気のあるグラナダのパラドールは、今は3~4万もするそうです。ユーロになってから、値上がりしたようですね。チンチョンも、私が泊まった値段では、もう無理なのかなあ・・・。

人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo
音階上の4和音・・・どんなサウンド?

「楽しくジャズアレンジ」
テンションの30回目です。
ドミナントに加えセコンダリー・ドミナント(Dominant Motion) と7thコードが増えました。では、ハ長調の音階上の各和音すべてに7°の音を加え、7thコードにしてみましょう。



ちょっとややこしそうですが、よく見てみると、C、Fの長3和音の5°と7°の音程は長3°、Dm、Em、Am、Bmの短3和音のそれは短3°である事が分ります。G7だけは長3和音なのに、5°と7°の音程は短3°となっていて、明らかにC、Fの和音と機能が違っています。ずっとお話していますように、G7はCに解決するドミナント・モーションであるからですね。
で、C、FはCメジャーセブン、Fメジャーセブンと呼び、Dm、Em、Am、Bmは、Dマイナーセブン、Eマイナーセブン・・・と呼んでいきます。
さて、ではこの7thコードを全部弾いてみましょう。元々の3つの音で構成される3和音とサウンドはどう変わるでしょう?

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.09】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
アランブラ宮殿でのウェディング  


2001年のスペイン旅行、夕闇迫るアランブラ宮殿で、結婚式の撮影会に遭遇しました。それも2組も・・・式もここで挙げたのか、撮影のみなのか分りませんが、とてもロマンチックでした。シンプルなウェディングを着た新婦と、その両親とおぼしきご夫婦がとても幸せそうで、思わずカメラをむけてしまいました。アランブラ宮殿での結婚式だなんて、これ以上の演出はないでしょうから、グラナダでは流行っているのかもしれません。
新婦もきれいでしたが、びっくりしたのはそのお母様の色香でした。成熟した美しさは、貫禄ともいうべきで、花嫁よりも人目を引いていました。スリットの入った黒のワンピースは大きく胸元が開いていて、肩にかけられたショールが素敵にマッチしていて、センスが素晴しい!ほんとに見とれてしまいました。


trip-44.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 旅行ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

セコンダリー・ドミナントの登場・・サウンドは広がる!
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの29回目です。
D7はハ長調には存在しない和音です。では、ソから始まる音階の「ト長調」ではどうでしょう?ト長調の5の和音はDで、7番目の音を加えるとD7になります。D7→Gはト長調の調性を決定するドミナント・モーション(Dominant Motion)という事なのですね。「懐かしきケンタッキーの我が家」は、3小節目で一時的にト長調に転調した様な響きになっている訳です。これはハ長調の5の和音と、ト長調の1の和音が、同じGだから起きる現象です。この様に、音階上の各音を仮りのトニックとみなして、それに向かってドミナント・モーションをさせる和音をセコンダリー・ドミナント(Dominant Motion)といいます。二次的なドミナント7thコード(属7)とも云うべき存在です。これらの和音を使うと、さっきも言いました様に、一時的に転調した感じで聞こえるので、サウンドが広がり、音楽に奥行きが出てきます。
では、昨日、見て頂きました「懐かしきケンタッキーの我が家」をD7→Gの響きを味わいながら、弾いてみて下さいね!





人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.10.07】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
2種類のドミナント・モーションが同じ曲にある?
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの28回目です。
アメリカ民謡フォスター作曲の「懐かしきケンタッキーの我が家」をハーモナイズしてみましょう。C、F、G(G7)の主要3和音以外に、あれれ?4小節目に見慣れない和音が登場しましたね。これはハ長調には存在しない和音で、レを根音とする2の和音はレファラで「Dm」のはずです。
Dにしようと思えば、ファに♯をつけて長3和音にしなければダメですよね。では、D7の次には何の和音がきているでしょう?Gですね。D7→Gという進行になっています。ここでG7→Cのドミナント・モーション(Dominant Motion) と比べてみましょう。4°上に進行していて、機能的に全く同じという事が分りますね!調性を決定するドミナント・モーションが2種類も出てきて、いったいどう解釈したらいいのでしょう?ハ長調の曲のはずなんですが・・・?

jazz-50.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.06】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「懐かしきケンタッキーの我が家」をハーモナイズ
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの27回目です。
G7→Cのドミナント・モーション(Dominant Motion) は調性を決定する「強進行」であると、昨日お話しました。ハ調は、C、F、G(G7)の主要3和音と、Dm、Em、Am、Bm7-♭の副3和音で、基本的にコード付けができます。では、この7つのコード以外に、ハ長調の曲を彩る和音はないのでしょうか?
どなたもご存知のアメリカ民謡フォスター作曲の「懐かしきケンタッキーの我が家」で、その可能性を探ってみましょう。まずは、C、F、G(G7)の主要3和音で、コード付けしてみて下さいね。





人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo
【2005.10.04】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ドミナント・モーションは調性を決定する!
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの26回目です。
サリーガーデンをジャズ風にアレンジする前に、もうちょっと和音の勉強をしましょう。
G7(属7)からC(トニック)へと強く解決するのは、G7にシとファという減5°(増4°)の音程があるからだとお話しました。で、このG7からCへの動き方を見ると、根音が4°上に進行している事が分ります。これを、最も自然な流れを呼び込む事から「強進行」と呼んでいます。
属7の和音でなくても、Em→Am→Dm→G7の場合も根音(ルートともいいます)が4°上に進行しているので「強進行」といいます。この4°進行は、流れがスムーズに聞こえるので、音楽の最も基本的な進行として多用されています。
さて、G7(属7)からC(トニック)の場合の「強進行」は、この曲はハ長調であると、調性までも決定する重要な進行なので、ドミナント・モーション(Dominant Motion)と呼んで、区別しています。
サリーガーデンは、G7(G)→Cで、曲が終わっているので、ハ長調といえるんですね。






人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo
【2005.10.03】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「サリーガーデン」をヴォイシング
「楽しくジャズアレンジ」
テンションの25回目です。
アイルランド民謡の「サリーガーデン」のコード付け(9/20、9/21、9/23、9/30の日記)の続きです。
ドミソ、シレソ、ドファラと3つの音で構成された、C、G、Fの和音でハーモナイズ(和音付け)しましたね。このままで弾いてもきれいですが、ちょっと工夫して3つの音を2つに減らしてシンプルにしてみましょう。前後の和音のつながり、メロディーとの兼ね合いなど考えながら、次の様にアレンジしてみました。
いかがでしょう?和音も自然に流れてるし、3つから2つに減らして重たくなくなったと思われませんか?
以前にも書きましたが、この様に、メロディーの動きを考えながら、和音の構成音を増減したり、展開したりして、適切な伴奏をつける事をヴォイシングといいます。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.10.01】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。