クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 3
trip-86.gif
コルドバのユダヤ人街

2001年のスペイン旅、コルドバに1泊しました。コルドバは世界遺産の回教寺院「メスキータ」を中心に、こじんまりとまとまった旧市街が散策に最適です。写真の「ユダヤ人街」も楽しい観光スポットのひとつで、メスキータから小道に入ってすぐのところにあります。通称「花の小道」とよばれ、白い家壁にたくさん吊るされた植木鉢から、色とりどりの花々が路行く人を楽しませてくれます。
この時は、「きれい~」とただ単純に上を見上げながら喜んでいた私ですが、後日TVで、この小道が紹介されている番組を見て、水やりの大変さにハッと思いあたりました。背よりはるかに高い所に吊るされた鉢には、長い竿の様な棒に、「じょうろ」をひっかけてに水やりしていたのです。夏には朝晩ですから、これは大変ですね。植え替えなども梯子を使うんでしょうか?


顔をのぞかせる「メスキータのミナレット」

誰でもここは、上を見上げますよね。で、ちょっとご用心。この界隈は、スリの出没で有名な場所なんです。上を見上げて、花に魅とれてる間に財布がなくなってた・・・って事になりませんように・・・ね!

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


階段から落っこちてしまいました・・・
3日ぶりの更新です。
昨日、一昨日と何をしていたかというと、どんくさい話ですが、一昨日に階段から落っこちて病院に行っていました。7、8段踏み外して真っ逆さま・・・腰を打って、次に後頭部をガツンとやって、やっと止まりました。階段から落ちたなんて、もちろん始めてでしたが、以前より「螺旋階段」の形状が苦手ではありました。普段は、細い内側は通らないのですが、一昨日は何の拍子か、そこを降りて行って踏み外してしまったのです。
後頭部からは、血がポタポタ、日曜日でしたが、病院に電話して直ぐタクシーで向かいました。幅1センチ、深さ5ミリくらいの切り傷で、4対6くらいで縫った方がいいと云われたのですが、1日様子を見る事で了承してもらい、CTスキャンを撮って帰りました。
その晩は痛くて、仰向けでは寝れず、左右に寝返りしてトロトロと寝ました。翌朝、出血は止まり、病院でも「まあ大丈夫でしょう」と云われて一安心、今日になって腰が少々痛くなってきたものの、頭の傷はかさぶたができて、回復に向かっています。

CTスキャンでも、異常はなくて良かったのですが、こんな事があって始めて自分の脳の写真を見る事ができ、興味深かったです。アルツハイマ-や狂牛病に侵された脳の、スカスカになってしまった状態の写真をよく見ますが、あれは死んだ脳細胞が白くなり、正常な脳の黒い部分がどんどん少なくなる事により、密度が薄くなってしまうのですね。私の脳はどうかしら?傷が痛いのも忘れて見入ってしまいました。
一応、黒く詰まっているようでしたので・・・安心でしょうか。

これまで、病院には縁のない私だったのに、今年は、腎炎、交通事故、そしてこの転落と3回も病院に行くハメになってしまいました。風邪もほとんど引かないのに、やはり「大殺界」の年廻り・・なのでしょうか?「六占星術」によると、12年周期の中で1度訪れる「3年続く、悪い年」の最後の3年目にあたるらしくて、うーん、やはり当たるんでしょうか・・・?
来年は、運命周期の最初の1年にあたるそうですから、心身共に新たに出直す気持ちで、頑張りたいものです。
【2005.11.29】 私の周辺
TRACKBACK(0) // COMMENT(4) []
「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・6
「楽しくジャズアレンジ」
「オーラ・リー」の和音付けですね。今日は11小節目、12小節目を見ていきましょう。
11小節目は、サブドミナントのFが入ります。Fだけでも十分なのですが、F、Fmと続けると、とてもきれいなサウンドになります!マイナーの響きが何とも云えない感じを演出していますよね。でも、ここでちょっと待って下さい。Fmはハ長調の音階上には存在しない和音ですよね。Fmというのは、Fのラに♭をつけて短3和音にしたものです。これは、どの様に解釈したらいいでしょう?
ここで、ちょっと視点を変えて、和音のソプラノの動きを見てみましょう。12小節目がCになるので、F→Fm→Cのソプラノはラ→♭ラ→ソとなり、右手ときれいにハーモナイズされています。このFmは、メロディーラインを作りたいがために、持ってきたともいえる和音で、機能性がうすいのです。この様に前後の流れから、自然に導きだされた和音もあるわけですね。一方、FとFmは、構成音のうち、2音までが共通なので、代理コードと考える事も可能です。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


【2005.11.26】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・5
「楽しくジャズアレンジ」
「オーラ・リー」の和音付けですね。今日からは9小節目~16小節目までを見ていきましょう。前回までは、主に音階上すべての和音にドミナント・モーションする、副属7を取り上げてきました。Dm7→G7という、ツーファイブも新たに登場しましたね。Dm7はFの代理コードで、これはだいぶ以前に出てきました。さあ、今回の8小節の和音付けです。
1.代理コード
2.副属7
3.ツーファイブ

すべてが登場します。そして、新たな代理コードも顔をのぞかせます。まずは考えてみて下さいね。



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo





【2005.11.25】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 2
2001年のスペイン旅、コルドバに1泊しました。コルドバは、世界遺産の回教寺院「メスキータ」を中心に、アルカサルやユダヤ人街など、それほど広くないエリアに見所がギュッと詰まっていて、歩くのに実に適した大きさです。花々で彩られたパティオや白壁の家々、趣きある街の表情など、街自身に魅力があり、ここはぜひ、ぷらぷらと散策して欲しいところだと思いましたね。私も、暑いなか(10/1)汗をふきふき歩き巡りましたが、楽しくて心から堪能しました。


「メスキータ」の扉 カリフ様式の装飾が美しい


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo





「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・4
「楽しくジャズアレンジ」
「オーラ・リー」の和音付けですね。D7の4度上のコードを探すんでした。次の小節のG7へとドミナント・モーションしていたのですね。(1段目の矢印)
では、ではその間に入るDm(Dm7)はどのように解釈したらいいでしょう?Dm7(以下Dm7に統一)はFの代理コードでしたね。という事は、本来C→F→G7→CだったのがC→Dm7→G7→Cになったといえるんですね。このDm7→G7は、ツーファイブと呼ばれ、ジャズでもポピュラーでも頻繁に使われます。機能的にはG7に、ひとくくりされたみたいな形になって、セットメニューのように登場します。
さあ、ここからが面白くなります。ツーファイブへドミナント・モーションする和音は、Dm7とG7、どちらの和音へも可能だという事です。Dm7へと向かうのはA7、G7へと向かうのはD7と云う事になります。「オーラ・リー」ではD7が合いましたが、メロディーよってはまたその反対もありで、選択の幅が広がってきましたね。
love-me-tender-4.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.11.23】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・3
「楽しくジャズアレンジ」
「オーラ・リー」の和音付けですね。Dmの完全4度下の副属7を探すのでした。答えはA7ですね。では弾いてみましょう。んん・・・?ちょっと次のDmにきれいに繋がらない感じですか?
では、同じメロディーの2段目は、A7をやめてD7にしてみましょう。 さてどうでしょう・・・? 今度はスムーズに繋がりましたか!きれいなサウンドになりましたね。ではこのA7はどのように解釈したらいいのでしょう?7thコードですからドミナント・モーションで動いている訳ですね。前回とは反対に考えたらいいという事になります。4度上のコードを探しましょう!


love-me-tender-3.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

人気blogランキング、何と5位です!みなさまのおかげです。有り難うございます。今後とも宜しくお願い致します。




【2005.11.22】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 1
2001年のスペイン旅、コルドバに1泊しました。マドリッドからスペイン版新幹線AVE(アヴェ)で1時間40分、駅からタクシーに乗って着いた旧市街は、歴史的建造物を中心に、街角や路地、広場に芸術が見え隠れする、殊玉の様なかわいい街でした。



世界遺産の「メスキータ」

AVEは、悪評高い?スペインの鉄道とは思えず、ちっとも遅れる事なく、快適な道中でした。料金は7400ペセタ(44ユーロ)、5000円程でした。ホテルにガイドブックを忘れてしまい、このコルドバから苦労が続くのですが、まずは無事コルドバに辿り着いたのでした。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・2
「楽しくジャズアレンジ」
「オーラ・リー」の和音付けですね。3小節目はDmとG7で分けてみました。2小節目がまだ空白です。ここに副属7をもってきましょう。次がDmですので、この2度の和音の副属7を探せばいいわけです。ドミナント・モーションは完全4度(全音+全音+半音)上がるのでしたから、Dmの完全4度下の和音が副属7という事になります。答えは次回です。考えてみて下さいね。



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.11.20】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「オーラ・リー」または「Love me tender」の副属7・・・1
「楽しくジャズアレンジ」
音階上の各和音すべてに、副属7(セコンダリー・ドミナント)をドミナント・モーションとして使える、という事を前回お話しました。「アメイジング・グレイス」では、4の和音の副属7が登場しましたね。(C7→F)
では、今回は「オーラ・リー」を使って副属7の和音を探してみましょう。この曲は、エルヴィス・プレスリーが、西部劇映画の主題曲「ラブ・ミー・テンダー」として大ヒットさせて、有名になりました。
今日は最初の8小節のみ、見て頂きます。この中に副属7が使えるでしょうか?まずは、いつもの通り、和音付けしてみて下さいね。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

ブログ村の「音楽ブログランキング」も、みなさまのおかげで、20位にくい込んできました!有り難うございます。今後とも宜しくお願い致します。


【2005.11.19】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペイン、トレドの路地裏さんぽ・・・4
2001年のスペイン旅、マドリッドから1日バスツアーで、トレドに行きました。
坂の多い迷路のような路地裏が入り組んだ旧市街は、世界遺産に指定されています。スペインは、確か世界1位か2位の世界遺産を所有していたと記憶しているのですが、どなたか詳しくご存知じゃないでしょうか?37とか38とかの数字で、イタリアと競ってた様に思います。


ではなぜ、スペインに世界遺産が多いのでしょう?
それは、「文化の十字路」ともいうべき、地理的、地政学的位置が背景にあるからと思います。アフリカと目と鼻の距離にあって、アフリカからヨーロッパ大陸へ渡ってくる人々や文化が、まず第一歩を記すのがスペインです。またその逆も、スペインは通過点となります。イスラムにも支配されたスペインが、イスラム文化と共存しながら、キリスト教国として発展したからこそ、多種多様な文化遺産が受け継がれてきたのでしょう。
グラナダやコルドバには、まさにイスラムの香りが、芳醇と匂い立ちます。

タホ川に囲まれたトレド旧市街
trip-84.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo
「アメイジング・グレイス」のセコンダリー・ドミナントは?・・・2
「楽しくジャズアレンジ」
「アメイジング・グレイス」の和音付け、C7→Fがドミナント・モーションである調を探す事が、今日の題目ですね。
Fが、トニックすなわち1の和音である調は、ファから始まるヘ長調です。音階は、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファですね。ヘ長調の5の和音はドミソであり、Cコードという事になります。7thにしようと思えばドから数えて7番目の音であるシ♭を加えればいいですね。
C7→Fはヘ長調のドミナント・モーションであったのですね。「アメイジング・グレイス」は、11、12小節で、ヘ長調に転調した様な感じになって、サウンドが広がったわけです。
では、このセコンダリー・ドミナント、音階上のどの音にも使えるのでしょうか?
答え・・・・はい、使えます!! 2、3、4、5、6、7の和音、すべてにドミナント・モーションは使えます。サウンドは限りなく次々と広がっていくわけです。では、次回は他の曲を使って、2から7、すべての和音のドミナント・モーションを見ていきましょう。

ヘ長調の和音
jazz-90.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

人気blogランキング、みなさまのおかげで、何と8位にまで上がってきました!
有り難うございます。今までの最高位です。今後とも宜しくお願い致します。



【2005.11.17】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「アメイジング・グレイス」のセコンダリー・ドミナントは?・・・1
「楽しくジャズアレンジ」
「アメイジング・グレイス」のアレンジ、まず和音付けしましょう。ハ長調のC、F、G(G7)の主要3和音でついてしまいましたね。んん?でも11小節目にC7があるけど・・・。これってハ長調にあったっけ・・・?はい、ありません。ハ長調のドミナント・モーションはG(G7)→Cだけです。ではこのC7→Fというのはどの様に解釈したらいいのでしょう?
4度進行しているので、これもG(G7)→Cと全く同じ動きをしていて、機能的にも同じといえます。つまりFを仮のトニックとみなし、それに向かってドミナント・モーションを作る二次的なドミナント7thコード(属7)とも云うべき和音、セコンダリー・ドミナントなのですね。
この和音を使うと、一時的に転調した感じに聞こえるので、サウンドが広がり、音楽に奥行きが出てきます。ではこのC7→Fは、一時的に何調に聞こえますか?C7→Fがドミナント・モーションである調を探せばいい事になりますね。次回お話しましょう。



「シベリウス」で楽譜が書けました。もう少し見やすくしたいのですが・・がんばります!

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.11.16】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
スペイン、トレドの路地裏さんぽ・・・3
2001年のスペイン旅、マドリッドから1日バスツアーで、トレドに行きました。
中世の面影を残す、世界遺産トレドですが、道が細く入り組んでおり、おまけに坂道なので歩きにくく、迷子になりそうです。実際私はツアーから迷子になったのですが、ここはやはり団体で来るのではなく、個人で観光するべきだったなと思います。観光スポットも短時間で次々と見て廻るので、どうしても印象が薄くなりがちです。後から写真を見てもどこだっけ・・・?て事になってしまいます。再訪できるのなら、1泊して自分の足でじっくり歩きたいと思っています。

曲がりくねった細い道・・・白昼夢の様な一瞬
2001/9/30のトレド





人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



「アメイジング・グレイス」和音付けから始めましょう
「楽しくジャズアレンジ」
「アメイジング・グレイス」のアレンジ、まず和音付けから始めましょう。ハ長調の7つの和音を思い出してみます。C、F、G(G7)の主要3和音とAm、Dm、Em、Bm7♭5の副3和音がありましたね。で、CがG(G7)に解決する動きをドミナント・モーションといって、曲の最後に使われたりして、調性を決定づける重要な働きをするんでした。そして、このドミナント・モーションを拡大させて、セコンダリー・ドミナントという第2のドミナント・モーションが存在する事もお話しました。
音階上の各音を仮りのトニックとみなして、それに向かってドミナント・モーションを作る二次的なドミナント7thコード(属7)とも云うべき和音で、これらの和音を使うと、一時的に転調した感じで聞こえるので、サウンドが広がり、音楽に奥行きが出てくるんでした。
では、「アメイジング・グレイス」にもどりましょう。
この曲は、実はC、F、G(G7)の主要3和音でほとんど和音付けができてしまうんですよ!ただどこかでひとつ、セコンダリー・ドミナントを使うと、曲に彩りが出てきて、盛り上がりが演出できます。考えてみて下さいね。


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.11.14】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
「アメイジング・グレイス」をアレンジしましょう
「楽しくジャズアレンジ」
本田美奈子さんの死去に伴って、彼女の最後の録音曲だった「アメイジング・グレイス」がよく流れています。作曲者不詳の賛美歌ですが、愛らしいメロディーながら、心に響く深い叙情性をたたえた名曲です。今、話題になっていますので、せっかくですから次回から取り上げてゴスペル調にアレンジしていきたいと思います。



余談ですが、楽譜ソフトの「シベリウス2」を買って勉強中です。手書きではなく、きれいな楽譜で登場する予定だったのですが、まだ使いこなせません・・・。もう少しお待ち下さいませ。


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



本田美奈子さんを襲った白血病
昨日の安保 徹氏(あぼ・とおる)の講演の続きです。
安保先生は、本田美奈子さんの死去について、少し触れられていました。あの様な細い体で、目一杯頑張り過ぎたのが、原因の一端であろうと・・・。マスコミなどの報道を見ても、真摯に日々努力を積み重ね、過酷な舞台スケジュールをこなしていたと伝えられています。仕事に追われて無理を重ね、そこからくるストレスを抱え込んでいると、交感神経が緊張し、いつも交感神経優位の状態になってしまいます。彼女もそうだったのかもわかりません。

白血球には、細菌を貪食する顆粒球と、免疫を司るリンパ球との二種類があり、顆粒球を支配するのが交感神経なので、交感神経優位の状態になるという事は、顆粒球の過剰反応を引き起こすと同義になります。
顆粒球は、活性酸素の供出も行っているので、これが過剰に出ると、組織破壊を起こしてしまいます。胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、痔などがその典型的は病状です。
で、組織破壊の次には、再生上皮が破壊されるので、再生上皮の促進が起こり、ガン化に至ってしまうのです。
ストレスを受ける→交感神経の緊張→顆粒球の増加→活性酸素による組織破壊というプロセスなのですね。
本田美奈子さんのように、頑張って頑張っての結果がこの様な思わぬ病気という形になってしまったのならば、ほんとに哀しくて残念な事ですが、本人のやる気に、体がついていけなかったのかも分りません。
安保先生は、ほとんどの病気は自律神経のバランスの崩れから起こると述べられています。「一生懸命頑張る」と「十分に休養して、リラックスする」のどちらへも傾く事なく、日々の生活にメリハリをつけて、リズムよく暮す事が大事なのだと思います。交感神経と副交感神経をバランスよく活性化させて、健康に過ごしたいものです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


【2005.11.10】 その他
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
安保 徹氏の講演を聞きに行きました
免疫学の権威で、白血病の自律神経支配のメカニズム解明などの業績で知られる、
安保 徹氏(あぼ・とおる)の講演を聞きに行きました。
現代人の病気は、「生き方のかたより」からくる適応障害を起こした結果が多く、遺伝子異常から来る病気は案外少ないと安保先生はおっしゃいます。35億年かけて進化してきた人類は、そうそう簡単には遺伝子異常にはならない、能力の限界を超えた生き方こそが病気を呼んでいるのだとの指摘です。
働き過ぎ、頭の使い過ぎによる肉体的、精神的疲労が、自律神経のバランスやリズムを大きくくずし、病気になるというのです。
自律神経には、ご存知の通り、交感神経と副交感神経があります。交感神経は興奮する時に使う神経で、エネルギーを消費する体調を促します、反対に副交感神経は、リラックスする時に働く神経で、睡眠時にこれが働かないと眠れなという事になります。両者のバランスを上手に取る事ができないで、一方ばかりが優位になる生き方をしていると、病気になるという訳です。
交感神経が優位になると働き過ぎで、疲れて病気になるというのはよく分りますが、リラックスし過ぎて副交感神経が優位になっても病気になるというのが、面白かったです。リラックス過剰→無気力→たまにしか体を動かさない→少し動くだけで疲れる→血流が悪くなる・・・という図式なんですね。
人は、どちらかの神経が優位になりがちだといいます。交感神経が優位なひとは、働き過ぎを止め、心の悩みから脱却する、副交感神経が優位なひとは、食べる量を減らして、きびきびした生活を送る、などを心がけていけばいいという事になります。
薬に頼らないで、日々の生き方を見直し、生活環境を改善すれば、病気を予防できるのですね。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


【2005.11.09】 その他
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
スペイン、トレドの路地裏さんぽ・・・2
2001年のスペイン旅、マドリッドから1日バスツアーで、トレドに行きました。
日程の都合上トレドには宿泊できなかったので、ホテルで現地のツアー会社に申し込んでの参加でした。いつも一人でのんびり観光してる私ですが、こうしてたまには、団体行動も経験しなくちゃね・・・。大型バスに30人程の参加者、日本人は他にいませんでした。

trip-74.gif
石壁に反射する強い日差し・・・暑いです!
2001/9/30のトレド

ところが、途中で2度も迷子になってしまいました!じっくり写真を撮ったりしてる間に気がつくと、一人きりになってしまってるんです。1度は、走って探して追いついたのですが、2度目は、全く分らなくなってしまいまして、予定表を見て次の目的地まで、人に聞きながら探しまわってやっとこっと合流できたのでした。なのに私がいなくなってる事など、ガイドさん、全然気づいてなくて、遅れて合流してくる私にも、「へっ・・・?」で感じ。日本では手取り足取りお世話してくれるのに、さすが外国では、ツアーといえども自己管理が基本なのでした。
やはり、私には限られた時間内に観光する団体行動は、無理なのだと悟った次第、せっかくの世界遺産のトレド観光も、十分に見てまわる事が出来ず、未消化に終わったのでした。

trip-76.gif
狭い路地裏



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



テンションを使ってジャズ風に・・・「夏の日の思い出」4
「楽しくジャズアレンジ」
テンション(主に9度)を使ってのアレンジ、今日は4段目の4小節目です。
Dmのレファラのファを1オクターブ低く配置させ、幅広の和音にします。すると、根音のファと5hのラが10度の音程になります。このヴォイシングは、弾いて頂くと分りますが、とてもダイナミックな効果が演出できて、奥行きのある響きになります。ただしこの10度の和音を一度にジャーンと弾く事はできないので、アルペジオといって、ハープのようにジャラジャラーンと弾きます。
対するメロディーには、細かい音符が並びました・・・!
 1拍に4つ入る16分音符で、テクニック的にちょっと難しいですね。でも最後に華やかさを出したいので、頑張って練習して下されば・・・と思います。そしていよいよ最後、2、3、4、拍目にはフェルマータという記号がつきました。これは、「長めに音をのばし」ます。1拍目の16分音符あたりから、テンポを少しづつ落として、じっくり歌いながら、終息へと向かいます。
さあ、どうでしょう?ジャジーな「夏の日の思い出」が出来上がりましたか?楽しんで頂けたら、うれしいです。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo




テンションを使ってジャズ風に・・・「夏の日の思い出」3
「楽しくジャズアレンジ」
テンション(主に9度)を使ってのアレンジ、今日は4段目です。
1、2段目とほぼ同じメロディーの4段目ですが、終止に向かって3和音にしてもり上げていきます。3小節目のAm7ですが、右手も和音にしてAm7の構成音4つが全部鳴るようにします。メロディーのシがソプラノにありますが、このシはAmの9度の音にもあたるわけですから、実質的にはAm7(9)のサウンドになっているといえます。マイナー7thコードも9th、11th、13th♭のテンションに少々の制約があるものの、使えます。さあ、Am7(9)でもり上がった雰囲気を、最後の4小節目で、さらにパワーアップさせ、そしてどの様に収めていきましょう? 次回、お話しますね。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo




スペイン、トレドの路地裏さんぽ・・・1
2001年のスペイン旅、マドリッドから1日バスツアーで、トレドに行きました。トレドは、タホ川の深い渓谷に囲まれた要塞の街です。アルカサルやカテドラル、エル・グレコの家、高台から一望のもとに見渡せるすばらしい眺望など、見るべき景観が目白押しです。が一方、中世の建物が残る街並を散策すると、狭く入り組んだ路地裏から、子供達が飛び出してきたり、恋人達が仲良く歩いてたりと、楽しい空間が広がっています。大好きな石畳を踏みしめながら、散歩してみました。




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


秋の祝日、美術館に行きました。
昨日、「アムステルダム国立美術館展」を観に行きました。震災復興10周年記念として、日本では神戸でのみ開催されています。「オランダ絵画の黄金時代」と題して、17世紀の優れたコレクションが展示されています。祝日ですが、まだ会期前半なので人は少なく、ゆっくり鑑賞する事ができました。
目玉は、レンブラントの「自画像」とフェルメールの「恋文」です。4月に開催された「ドレスデン国立美術館展」でもフェルメールの「窓辺で手紙を読む若い女」が出展されていました。
構図といい、手紙というキーワードの一致といい、フェルメールという画家の一連のスタイルが浮かび上がってきます。カーテンで仕切られた奥を、あるいは手前の部屋から、いずれも覗きこむ様な形で、若い女性を描いています。またどういう訳か、フェルメールの絵は一致して、左から光が部屋に差し込む設定で描いているのだそうです。覗き見したい人間の心理を巧みに利用して、画面の奥に恋する若い女性を生き生きと描く・・.そしてその人物に光をあてて焦点化する・・・よく考えられた構図と心理作戦ですね。立ちつくして魅入ってしまいました。やはり、名画というのは素晴しいです。みなさん、混まないうちに、ぜひお出かけ下さい。

hat-2.gif



安藤忠雄氏設計の兵庫県立美術館と道をはさんで、建つ中学校
レトロな雰囲気が、美術館とは対照的で、面白い・・・
hat-1.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo

【2005.11.04】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
テンションを使ってジャズ風に・・・「夏の日の思い出」2
「楽しくジャズアレンジ」
テンション(主に9度)を使ってのアレンジ、今日は3段目です。
1、2段目は根音を単音にしましたから、今度は3和音にして、広がりを持たせましょう。
1、2、3小節目とも、3thか5thを省いた7thコードにして、展開の形をそろえ、しかも根音を順次進行に下げていきます。統一感もでて、サウンドもきれいに響く事と思います。そして、4小節目でG♭9が登場、前回書きましたように、ハ長調にないラ♭がジャズっぽさを見事に演出します。最後にシドレというメロディーを添えて、右手のレミファときれいに3度でハモらせましょう。



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


テンションを使ってジャズ風に・・・「夏の日の思い出」1
「楽しくジャズアレンジ」
テンションには9度、11度、13度の3種類があるという事を、以前お話しました。(10/15の日記)
「夏の日の思い出」を、このテンション(主に9度)を使ってアレンジしていきましょう。今日は1段目です。1、3小節目のCに、9thのシを、2小節目のGにも9thのラを加えます。左手は1音の伴奏にして、シンプルな曲の出だしを演出します。3小節目のFで右手と左手の音域を広げて、一挙に開放的な感じを出します。そして4小節目の締めくくりに♭9thを登場させて、以外感を出します。同じ9thでも♭がつくとサウンドがどう違ってくるでしょう?。ラ♭というのは、ハ長調の音階に存在しない音なので、ものすごく印象的に響くんです。G9とG♭9の響きの違いを楽しみながら、弾いてみて下さいね!




人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



スペインのパラドール・・・その9


2001年、チンチョンのパラドールに泊まりました。(9/410/1010/1310/16、10/1810/21、10/23、 10/26、10/26の日記)
回廊の窓は、スペインの建築によくある形態で、上下2つに分かれ、木の扉がついています。アンダルシアに行くと、さらにこれに格子窓が加わったりします。
スペインは、ジブラルタル海峡を挟んでアフリカと隣同士、日差しの強さは半端じゃありません。10月のアンダルシアは真夏と同じで、歩いていると汗タラタラ、日本と違って湿度が低いので、木陰に入ると打って変わって涼しくはなりますが、それでも暑い!
この2つの木の扉を使い分けて、日差しを遮ったり、風を入れたりしているのでしょうね。扉には、装飾が施されていたりして、建物によってもさまざま、見応えがあります。

下の写真は回廊に敷かれていたキリム、さりげなく置かれていてかわいいですね。みなさんは絨毯とキリムの違い、ご存知ですか?絨毯が起毛(パイル)があって重いのに対し、キリムは平織りなので、軽いんですよ。最近では、草木染めのキリムがほとんど姿を消してしまっていて、たいへんな値打ちものになっているのだそうです。合成染料を使用したものに比べて、艶、風合いなどが全然違ってきます。これは、合成染料ですね、残念ながら・・・。

trip-69.gif


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2