クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・5
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ、ト長調のダイアトニックコード(音階上に構成された和音)から
トニックコード・・・G
サブドミナント・コード・・・C
ドミナント・コード・・・D(D7)
の主要3和音を使って和音付けしてみましょう。まずは3段目まで。
ほとんどの小節がこの主要3和音で和音付けができましたが、2段目の4小節はAmになっていますね。このAm、ト長調では、「IIの和音」にあたります。
「IIの和音」は「III、VIの和音」と共に副3和音と呼ばれ、主要3和音の代理の役目をになっていました。「IIの和音Am」は「IVの和音C」と構成音が2つまで一緒なところから、
代理和音として登場ができます。
では、2段目の4小節はCにしても、おかしくないでしょうか?
Cでもつけられない事はないですが、ここはAmの方がメロディーにぴったりハマッている様に感じられます。Cの代理というよりは、メロディー自体がAmを要求していると考えた方がいいですね。ではスコアをクリックして、演奏をお聞き下さい。
キスミーアゲインの楽譜


さて、矢印のついた8小節目、14小節目、22小節目、ここにセカンダリードミナント(ドッペルドミナント)等を入れていきたいと思います。
何を入れたらいいか、考えてみて下さいね!
セカンダリードミナントに関しては10/610/7の日記をご参照下さい。
スポンサーサイト
【2006.02.27】 和音の基礎
TRACKBACK(0) []
Sallery Garden(サリーガーデン)の楽譜、コピー可能です。
以前、登場した「Sallery Garden」(サリーガーデン)、コピー可能になりましたので、再度の掲載です!
下の楽譜をクリックして頂くと、別ウィンドウが開きますので、シベリウスのプラグインをダウンロードして頂いた上で、楽譜をご覧下さいませね。A4でコピー可能です。ジャズ風のサリーガーデンをお楽しみ下さい。

サリーガーデンの楽譜


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ




kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・4
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)、のアレンジ、ト長調のダイアトニックコード(音階上に構成された和音)から、和音の役割をもう一度復習してみましょう。
IからVIIの7つの和音で、主要3和音とよばれるI、IV、Vの3つはその名の通り、調性を決定する大事な和音たちでしたね。
I・・・トニックコード
IV・・・サブドミナント・コード
V(V7)・・・ドミナント・コード

V(V7)I に「解決」して、何調かを決定しましたし、IV は両者の間に入ったりして、彩りを添えたりしました。皆さんよくご存知のお辞儀の和音 I→V(V7)→I で、できていましたね。「ジャンジャンジャーン」で起立→礼→起立をしたのを覚えてらっしゃるでしょう?
では、この基本的な3つの和音が、ト長調では何と呼ばれるコードになるのか、下の楽譜を見てみましょう。
ト長調コードと和音記号


トニックコード・・・G
サブドミナント・コード・・・C
ドミナント・コード・・・D(D7)
ですね。
ではこの基本的な和音を使って、次回からキス・ミー・アゲインの和音付けにトライしましょう!

※V7の解説は、「属7の和音の登場・・・どんな響き?」「属7の和音はつよく進む和音・・・どこに?」「 G7がCにつよく進むのは、トライトーンがあるから・・です」 「ドミナント・モーションは調性を決定する!」、をご参照下さい

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

1週間、安静、養生させて頂きまして、やっと回復してきました。これからどんどん更新していきますね!  最近、ランクが・・・・押して頂ければうれしいです。





【2006.02.18】 和音の基礎
TRACKBACK(0) []
更新ができなくてすみません・・・体調不良です
珍しくダウンしてしまいました。先週の土曜日から自宅で安静にしています。kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ、アメイジング・グレイス(Amazing Grace)の生ピアノによる音源アップなど、早く更新させたいのですが・・・・。
今週いっぱいはちょっと無理かと思いますので、少しお待ち下さいませ。
体力回復のあかつきには、どんどん更新しますので、宜しくお願いします!
【2006.02.15】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
アメイジング・グレイス・・・クラシック風なアレンジ楽譜
以前掲載させて頂いた「アメイジング・グレイスのクラシック風なアレンジ楽譜」、コピー可能になりましたので、いま一度掲載します。
下の楽譜をクリックして頂くと別ウィンドウが開きますので、シベリウスのプラグインを入手して頂いて、スコアをご覧下さいませ。A4でコピーできます。
アメイジング・グレイスのクラシック風アレンジ譜


kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・3
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ、ト長調のダイアトニックコード(音階上に構成された和音)とハ長調のダイアトニックコードを比較してみましょう。
前回お話しました様に、IからVIIの和音に、それぞれCとかGとかのコードネームがつけられます。ハ長調のトニックであるIの和音はCですが、ト長調ではIVの和音になりサブドミナントの機能を持ちます。
「ドミソ」という和音は、ハ長調ではトニックの機能を持ち、ト長調ではサブドミナントの機能を持つ・・・という訳なんです。
ちょっと難しい様ですが、慣れると簡単、7つのダイアトニックコードのそれぞれの機能をしっかり把握すれば、コードネームは便利な表記であるといえるでしょう。
次回は、この7つのダイアトニックコードの機能と役割をもう一度復習してみますね。

ハ長調コードと和音記号

ト長調コードと和音記号


過去の参考日記
音程の仕組みお辞儀の和音IVの和音


【2006.02.08】 和音の基礎
TRACKBACK(0) []
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・2
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ、まずト長調の音階(スケール)と和音(コード)の解説から始めましょう。
ト長調は、ファに♯がついた「ソラシドレミファソ」を音階として持ちます。みなさんよくご存知のハ長調は「ドレミファソラシド」ですね。
ト長調音階

音階の各音に、3度づつ音を積み重ねて3和音にしてみましょう。ソシレから始まって、ファラドまで7つの和音(コード)ができましたね。これをダイアドニック・コードといい、この音階上に作られた和音を元に、曲に「和音付け」をしていくわけです。
ト長調コード


G、Am・・といったコードの表し方以外に、Gは1の和音、Amは2の和音、以下3、4、5、6、7ともいいます。ちょっとややこしい様ですが、例えば、ハ長調の「1の和音」である「C」はト長調では「4の和音」になります。
つまりCとかGとかのコードは、調が変わる事によって「その調での役割」を演じ分けるのだといえます。



【2006.02.07】 和音の基礎
TRACKBACK(0) []
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ始めましょう!
「楽しくジャズアレンジ」
今回からはkiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジです。
みなさん、このかわいい3拍子の曲をご存知ですか?あまり有名ではないですが、どこかで聞いた様な気がする「なつかしい曲」ではないでしょうか?ご存知でない方は、スコアをクリックして別ウィンドウを開いて下さいませ。
Sibelius Scorchプラグインを入手して頂くと、曲が聞けます。
kiss-me-again-0204.gif


アメイジング・グレイス(Amazing Grace )はハ長調でしたが、今度はファに♯がついている「ト長調」の曲ですね。次回は、ト長調の音階、和音(コード)の解説から始めましょう。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
kiss Me Again 聞かれた方はワンクリックお願いします!


イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 8
2001年のスペイン旅、コルドバで1泊しました。
10月の始めというのに真夏のように暑いなか、メスキータやアルカサルなど、汗をかきかき見て回りました。ランチは旧市街の一角のTaberna(タベルナ)で、スペインの代表的なスープ「ガスパチョ」をオーダー。ガスパチョはトマトをベースに様々な野菜をペースト状にしたドロッとしたスープで、アンダルシア地方で特にポピュラーです。
クミンの香りが効いていて、独特な味わいですが、冷たくてサッパリします!パンに浸して食べました。パンは「ただで」ついてきますよ。


ガスパチョ、魚だんご、ノンガスウォーター


trip-2.gif
アルカサルの前で待つ「観光馬車」


コルドバ日記は、11/2111/2411/3012/1012/1412/171/24です。
のぞいてみて下さいね!

【2006.02.02】 スペイン旅行
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。