クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
プーシキン美術館展
真冬にもどった様な肌寒い一日、「プーシキン美術館展」に友人と二人で出かけてきました。4月2日までとあって、館内はかなりの混雑ぶりです。
地上部の斬新な外観と、実際の美術館は地下にあるという「国立国際美術館」。パリのルーブルと同じコンセプトで、まねた様な感じがします。。
フランスの印象派を中心とした絵画50点が公開されていて、選りすぐりの質の高いコレクションという評判通り、見終わった後は心地よい疲れと充実感がありました。

プーシキン美術館展


モネ・ルノワールの印象派から、ピカソのキュビズムまで分りやすく展示されていて、その丁寧さに感動しました。19世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの絵画が、印象主義を出発点として、写実的なリアリティから逸脱、立体的なキュビズムへと変遷する流れがよく理解できました。
セザンヌの「池にかかる橋」「サント=ヴィクトワール山の平野、ヴァルクロからの眺め」は、気持ちのいい落ち着く絵だなあと思うし、マティスの「金魚」は鮮やかな色彩に目を奪われてしまいます。どれも素晴しかったです。


プーシキン美術館展のお土産グッズ

お土産は、数枚の絵はがきと、マティス絵付箋、プーシキン美術館グッズのファイル。

肥後橋から淀屋橋へと堂島川沿いに散歩、「中之島図書館」の咲き始めた桜を見ながら、(神戸も遅いです。)

中之島散歩

登録文化財「北浜レトロビルジング」のティールームズでお茶して帰宅・・・久しぶりの楽しい一日でした。

北浜レトロ


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!




【2006.03.29】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
アメイジング・グレイス(Amazing Grace)・・・ 楽譜のコピー
アメイジング・グレイス(Amazing Grace)のスコアがダウンロードできます。
左のカラム「楽譜のコピーはこちらから」からお入り下さい。クラシック風とジャズ風の2種類があります。シベリウス(楽譜ソフト)のプラグインのダウンロードも簡単ですし、ウィンドウズ、マック、どちらでも印刷できます。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!
コルドバからグラナダへ・・・バスでの快適な旅
2001年スペイン旅、コルドバからグラナダへの移動は長距離バスを使いました。
コルドバ→グラナダ間は1日に8便程あり、バスターミナルでの乗車もチケットの買い方も簡単です。バス旅は、スペイン全土で路線網が発達しているのでフットワークよく、しかも低料金なのでおすすめです。コルドバ→グラナダ間は、3時間程の所要時間で1765ペセタと1000円をきる安さでした。
スペインのバス

前の座席に座った家族が、「手助けできる事があれば、いつでもどうぞ・・・。」という優しいまなざしでニコニコ。スペイン独特の白い街や村を見ながらのバス旅は快適で、6時過ぎにはグラナダへと到着し、ここでの宿泊先である「ホテルアメリカ」へとタクシーで向かいました。グラナダでは3泊とゆっくりします。
スペインの白い村


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・7


「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)の和音付け、今回は後半です。
ドミナント・モーションのオンパレードですよ。矢印のついた1から4までの小節にセカンダリー・ドミナントを入れてみましょう。セカンダリー・ドミナントとは、音階上の各和音を「仮のIの和音」とみなして、そこへと完全4度上がる7thコードの事でしたね。
例えば27小節目のBmの前には、4度下のF♯7が入ります。次の30小節目のD7には矢印が2つついていますので、D7の4度下のセカンダリー・ドミナントが3に入り、そのまた3のセカンダリー・ドミナントが2に入ります。
1から4までのセカンダリー・ドミナントを考えてみて下さいね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


【2006.03.20】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
イスラムなスペイン・・・コルドバの魅力 9
2001年10月1日、コルドバで1拍しました。旧市街の観光に疲れ、裏道に迷い込むとそこには子供達の歓声がこだましていました。親に車で送ってもらい、どの子も小走りに急いでいます。時計を見ると3時半、今から学校なのかしら?シエスタが終わってもう一度学校に・・・不思議に思いながら、元気な彼等をしばし見送っていました。



コルドバの子供達

真夏の様に暑い中、疲れてホテルにもどってベッドに横になっていると、開けた窓からフラメンコが聞こえてきます。踊るような靴音も混ざるので、どこかでフラメンコの練習でもしているのでしょう。
今夜は10時半からタブラオで「フラメンコショー」を予約しています。ウトウトとまどろみながら、思い切り「スペインな気分」にひたった夕暮れどき・・・。
アルブカシス


アンダルシアの窓はどこも「格子窓」です。ホテル「アルブカシス」も外と内に開く格子窓があり、内に開く方は、更に上部分と下部分に分かれています。
真夏の陽を遮断するが、風は取り入れたい、アンダルシアの過酷な夏をいかに快適に過ごすか・・・様々な工夫がなされています。
ところでこの「アルブカシス」ですが、メスキータから10分という好立地にあり、4畳程と部屋は狭いですが、床が大理石でインテリアもシンプル、居心地のいいプチホテルでした。シングルが当時8350ペセタで、約5000円を切る値段、安かったです。でもユーロになって値上がりしたでしょうね・・・。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!



Augment(オーギュメント)はどんなサウンド?
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)の和音付け、前回初登場のオーギュメントコードをみていきましょう。
オーギュメントとは、メジャーコード(長3和音)やマイナーコード(短3和音)の5thが半音高くなった和音の事をいいます。
ここで、音程の復習を少ししてみましょう。メジャーコード(長3和音)にしろマイナーコード(短3和音)にしろ、根音から5thまでの構成は、「全音+全音+全音+半音」でしたね。で、この5度音程の事を完全5度といいました。では、オーギュメントコードはどんな構成になるでしょうか?5thに♯がついて、半音広がったので、「全音+全音+全音+全音」という事になります。こちらは増5度といいます。ですので、オーギュメントコードは増3和音と呼ばれます。
では、下の楽譜をクリックしてCaugはどんな響きがするか聞いてみましょう。
augmentの和音

どうでしょう、オーギュメントコードは、前の和音と後の和音をスムーズにつなぐ「経過的」な響きがしませんか?なければないでも済む、特別な役割を持たない和音といえるでしょう。
今度は下の譜例を見てみましょう。
「オーラ・リー」(ラブ・ミ・テンダー)からの引用です。和音のソプラノがきれいに順次進行していて、いい感じです。Caugはこのメロディラインを出したいがために、存在しているといっていいと思います。

オーラ・リーのaugment


次はCからFへの進行の間にCaugが入っています。Caugのソ♯が、広がりを感じさせ、こちらも曲に彩りを添えていますね。
タラのテーマのaugment


楽譜をクリックして、オーギュメントのサウンドを聞いて下さいませね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!


【2006.03.13】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
kiss Me Again (キスミーアゲイン)のアレンジ・・・6
「楽しくジャズアレンジ」
kiss Me Again (キスミーアゲイン)の和音付け、ト長調のダイアトニックコード(音階上に構成された和音)から
トニックコード・・・G
サブドミナント・コード・・・C
ドミナント・コード・・・D(D7)
の主要3和音と、
副3和音のひとつであるAmで、前回、3段目までを和音付けをしました。
今回は、8小節目、14小節目、22小節目にセカンダリードミナント(副属7)等を入れて工夫、3段目まで完成させましょう。
セカンダリードミナント(副属7)は、すべての和音にドミナント・モーション(完全4度の進行)を適用させる事によって、転調したかの様なサウンドを演出し、曲に広がりを持たせる効果がありましたね。
では、8小節目には何のコードを入れましょう?9小節目のAmから4度下がればいいのですから、E7になりますね。同様に22小節目も次のCから4度下がってG7になります。
この2つの和音は、「なくても差し支えない」ですし、初心者の方で弾くのが難しければ省いてもかまわないくらいです。でもあると、うーん、曲の輝きがぐっと増しますよね。

ではこの和音のサウンドを楽しみながら、スコアをクリックして、演奏をお聞き下さい。

キスミーアゲインの楽譜


さて、14小節目ですが、始めての和音が登場してきました!
Gaug、オーギュメントと呼びます。次回詳しく解説しますね。

セカンダリードミナントに関しては10/610/7の日記をご参照下さい。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
ランキングに参加しています!



【2006.03.06】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2