クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
「アンティークビーズと石」のアクセサリー
ビーズにあまり興味はなかったのですが、アンティークビーズと石の組み合わせによるアクセサリー展を見て、古代ビーズへの認識が変わりました。
やはり何でも、古く、歴史を経てきたものって、美しく価値があるんですね。

宮本博美のアクセサリー


トアロード・リビングス・ギャラリーで開催されていた「アクセサリー 二人展」で、宮本博美さんが素敵なアクセサリーを展示されていました。
スイスの美術学校を卒業された画家さんで、最近アクセサリーも創られるようになったそうです。

宮本博美の絵

Hpにも特集しています。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


スポンサーサイト
それなりの味・・・「ミント神戸」のバイキング
10月14日のオープン以来にぎわっている「ミント神戸」、先日7階の「THE PREMIUM」で食事してみました。
バイキングってどこも似たような味ですが、行列ができていたので、友人と「お試し」してみようって事に・・・。
オープンキッチンで、天ぷらを揚げたり、肉を焼いたりが目の前で見れて楽しいですが、やはり味は「いまいち」でした。ウィークデイの夜で¥2600はちょっと高い、この値段なら、ホテルのバイキングの方が美味しくて、満足感が味わえるんじゃないかなと思いました。

バイキング「プレミアム」

バイキング「プレミアム」

いろいろとつまみましたが、デザートが一番ましかな?でも、コーヒーはえらくまずいです!

バイキング「プレミアム」


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2006.10.29】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
「エコール・ド・パリ展」・・・時間があればいかが?
「オルセー美術館展」よりかなり小粒ですが、「エコール・ド・パリ展」(80点程の出展)が、10月18日より兵庫県立美術館で開催されています。
神戸市立博物館と比べて、少々不便な立地(阪神電車岩屋駅より徒歩10分)とはいえ、重厚な館内と、箱のような外観で、安藤忠雄氏設計ならではの建物となっています。
(個人的には博物館の方が好きですが・・・)
美術館近くのローソンで、¥1100で前売りを買って入場、1時間程で見て回りました。(当日券は¥1300)

兵庫県立美術館


アンリ・ルソーが6点、モディリアーニが8点、藤田嗣治が4点と、ここらあたりが目玉のようです。
私はルソーが結構好きで、特にオランジェリー美術館で見た「戦争」が印象に残っています。先日の「新日曜美術館」で壇ふみが彼の事を「へたうま]って云ってましたが、確かに日曜画家の延長線上にあるような、一見素人つぽい画風です。
今回出展された「ライオンを狩る人」もデフォルメされたライオンの顔とか、いかにもそういう感じなんですが、丁寧に描かれた葉の1枚1枚、植物の色の多様さなどに目を奪われます。見れば見る程、その色調と形状に惹かれるんですよね。
右ー「野の花のブーケ」
左ー「ライオンを狩る人」

アンリ・ルソーの絵


モディリアーニは、淡い濃淡の色使いがきれいだなと思います。でも、長い顔ばかり見ていると飽きてきます。
で、その反動のせいか、ショップで「アリス」というポストカードを買いました。
モディリアーニの作ながら、瞳が描かれていて、ちょっと雰囲気が違いますよね。
ピカソの「夢」・・まあるい身体がモディリアーニと対照的です。ピカソは大好き!
右ー「アリス」(未出展)
中央ー「夢」(未出展)
左ー「扇を持つ女」

モディイアーニとピカソの絵
center>

オルセー美術館展に関しては、9/2910/01の日記でどうぞ。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2006.10.26】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
ベルギーの花器・・・壁掛けタイプ
ベルギーの花器」、9/21に続いて2回目、壁掛けタイプのご紹介です。
左の額縁型は木製、右は鉄製です。
どちらも簡単に吊るせて、ちょこっと緑やお花を飾る事ができます。
かわいくて、おしゃれですよ。
ベルギーの花器


神戸市中央区再度筋町にある「グリーンペペ」(花屋さん)で、そろっています。
Tel 078-360-6285

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2006.10.22】 花と植物
TRACKBACK(0) []
サン・サーンスのアヴェ・マリア・・・東レのCMソング
最近、東レのCMソングに、スラバのアヴェ・マリアが流れていますが、ご存知ですか?
教会のステンドグラスの映像が、厳かながら、至福感にあふれた歌曲とぴったりマッチしていて、なかなかいい感じです。
スラバといえば「カッチーニのアヴェ・マリア」がつとに有名ですが、個人的にはこのサン・サーンスも大好きで、なぜ今までCMとして使われないのかなと思っていました。

とても穏やかで優しく、シンプルなメロディーですので、直ぐ口ずさんでしまえます。
ピアノ曲の楽譜としてはたぶんない・・と思いますので、今回はこれを取り上げてみましょう。
ではまず、テーマをお聞き下さい。

いつもの様に、スコアをクリックして頂いて別ウィンドウを開いて頂き、始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって、演奏をお聞き下さい。
A4でコピーできます。
「サンサーンスのアヴェマリア」メロディー

スラバに関してはこちら。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


コーテッド(Coated Design Graphics)の手帳
来年の手帳を買いました。
「Coated Design Graphics」社のハードカバー。
幅12.6センチ高さ18センチ、¥1680です。黒、ベージュなどバリエーションあり。
似たものにグオバディスがありますが、ここのはカバ-と本体が別になっていて、しかも本体の表紙が薄く安っぽいので、あんまり好きではないです。

コーテッドの手帳


中身はマンスリーとウィークリーの2本立て。
ウィークリーは1時間毎に予定が書き込め、下段にはフリースペースもあり、便利です。機能性と自由度が高く、あんまりかさばらず、持ちやすい大きさと重さなので、一押しです。

コーテッドの手帳の中身

Hpにも特集しています。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


「ユナイテッド93」を見て・・・。
ユナイテッド93
「9.11」で、山中に墜落した「ユナイテッド93」は、唯一テロリストの目標(ホワイトハウスか議事堂激突)を達し得なかった機です。
映画は「管制塔や軍の混乱」と「飛行機内での恐怖の再現」を2本立てに、リアルタイムでドキュメンタリー風に描かれ、消防士の視点から描かれた「ワールドドレードセンター」と共に、公開中です。

5年を経て公開された意味や、政治的プロパガンダへの利用と云った批判なども考えられますが、それでもなお、全編を通して訴えてくる「命のはかなさ、尊さ」という「真実」が見る物の胸を打ちます。

30分離陸が遅れた93便が、滑走する前後に1機目がWTCに突入、もう少し離陸が遅れたらいいのに・・・と願わずにはおれない冒頭の「死への離陸」シーン。
ハイジャックを感知した管制官の異変から、あり得ない事態への認識、対応に混乱を極める「管制塔と軍」。
映画は、一気にあの5年前の「誰も想像し得なかった悲劇」へとなだれ込みます。

1機目が突入した映像をテレビで見ても、それがハイジャック機とはなかなか分らず、呆然とする管制官達に、2機目のハイジャック情報がもたらされる。
2機目がニューヨーク上空でレーダ-から消えたとたん、あろう事か、その飛行機が目の前に出現し、大きくUターンしてビルに突入する・・・。始めて事態を認識し、組織が機能しだす瞬間だ。
想像を超えた現実は、しばしば人間を茫然自失にさせてしまうが、まさにこの時の管制官達はその極地にあったのだろう。
私にも覚えがあります。11年前の阪神大震災。
情報を遮断された当事者には、自分と周囲の事しか見えず、全体像は分りません。

この組織の混乱ぶりを、徹底的にリアリティに描き切った演出は見事で、観客はそのすさまじさと緊迫感に圧倒されてしまう。私も、瞬きも出来ない程の緊張感で、映像に見入ってしまいました。
この側面では「映画は成功している」・・・と思います。
ユナイテッド93

一方、乗客達の行動はどうでしょうか?
家族などへの通信記録から掘り起こされているとはいえ、フィクションの部分も多い・・・と云わざるを得ません。最後、テロリストと操縦桿を奪い合うシーンは現実のものだったのかどうか・・・。
当時の報道では、機内の後ろに集められ自由に行動出来なかったと聞く。でも、いつも「現実は小説より奇なり」だから、もしかしたらこれ以上の想像を絶する事も起こっていたかもしれない。
個人的には、「お祈りしてる場合じゃない、行動しなきゃ!」と思いましたが。

不幸にも、乗り合わせてしまった44名の乗客達。
乗り合わせなかった「私たち」は何を思えばいいのか・・・?
理不尽な事は、日々たくさん世界中で起きている。
巻き込まれるか、巻き込まれないかは、ほんのちょっとした差に過ぎない。
「日々大切に生きる」事が、残された者の成すべき事・・・と云う「当たり前の原点」を改めて感じさせられた映画でした。

もうひとつ、印象に残った事があります。
「ユナイテッド航空からは、何の協力も援助も受けていません。」と、最後のエンドロールに出てくるのです。心に残りました。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2006.10.12】 本と映画
TRACKBACK(0) []
三木市の「風雅舎」・・・ガーデニング専門店
昨日は秋晴れ、日中は暑いくらいでした。
ドライブを兼ねて、三木市の「風雅舎」という「ガーデニング専門店」に出かけてきました。
イングリッシュガーデンを持った、大きな花屋さんです。
連休中「オータムフェスティバル」と題して、様々なイベントが行われていました。

「しそジュース」をいただいたりして、ゆっくり秋のお庭を楽しみました。

風雅舎のオータムフェスティバル


温室とテラスには、植物と球根がいっぱい。

風雅舎の温室とテラス


今が一番きれいかなあ・・・秋本番です。

風雅舎の花


Hpにも掲載していますので、どうぞご訪問下さい。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2006.10.10】 花と植物
TRACKBACK(0) []
サティの「ジュ・トゥ・ヴ」・・・ピアノ楽譜の印刷
「ジュ・トゥ・ヴ」のピアノ完成譜(クラシック)です。
オリジナルはこの2倍くらいの長さですが、短縮版とういう事で一応完成させました。

先日の「オルセー美術館展」の音声ガイドのBGMとしても流れていました。
ドビュッシーと共に、印象派の絵の鑑賞には似合いますよね。

いつもの様に、スコアをクリックして頂いて別ウィンドウを開いて頂き、始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって、演奏をお聞き下さい。
A4でコピーできます

jetevuexの完成譜1
jetevuexの完成譜2

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


水滴のつきにくいグラス見つけた!
冷たい飲み物でも、水滴がほとんどつかないスグレモノのグラスを見つけました。
デンマークのbodum社(ボダム)の「aderia」。
ダブルウォールグラスとも呼ばれ、二重構造になっているので、保温、保冷に優れ、水滴がほとんどつきません。しかも軽く(165グラム)、くびれた部分のところで持てるようになっているので、とっても機能的。
デザインもシンプルで素敵ですね。やはり北欧モノはあなどれません。
(高さ9.5cm口径8cm ¥3150)

ボタムのダブルウォーターグラス


神戸三宮「ヒュッテ」で買いました。amazonではボダム社の商品がたくさんラインアップされています。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
「オルセー美術館展」in神戸市立博物館・・印象に残った絵
「良かった!」と思える絵・・・同じ人が見ても、年代によって、その時の気分によって変わり続けるけど・・・。
「昨日の私」が見て、印象に残った絵をご紹介。

まず次の2点。
構図の見事さに眼を奪われました。
左はヴァロットンの「ボール」
『日陰と日向』、『日陰で静止している大人と、日向で活発に遊ぶ子供』『深い木々の緑と明るい地面の褐色』見事な対比です。
『人生の陽と陰』を象徴しているかの様に感じられます。
私には、小さな赤いボールと女性の真っ白いドレスの方が、「動き回る少女」より頭に焼き付いて離れません。暗示的で不思議な絵ですね。
右はベルナールの「日傘を持つブルターニュの女たち」
ドーム型の傘のかわいさがまず眼に付きます。でも宗教的色彩を帯びた女性に混じって、赤い日傘をさした少女がなぜ半身なのでしょう?
これも不思議な絵ですね。

ヴァロットンとヴェルナール


次の2点に惹かれたのは、過ぎ行く夏を惜しむ・・からでしょうか?
よく似た構図の2点。押し寄せる雲が印象的です。
左はシスレーの「洪水と小舟」、右はモネの「アルジャントゥイユの船着場」

シスレーとモネ


セザンヌは大好きな画家の一人です。
遠近法にとらわれない平面的な画風なのに、奥行きを感じさせる独特な空間構成、素晴しい!
左は有名な「サント=ヴィクトワール山」、右はゴーガンの「黄色い積みわら」

セザンヌとゴーガン


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
【2006.10.01】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。