クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
脳下垂体腫瘍・・・「両耳側半盲」はなぜ起きる? 1
視界の両外側から見づらくなっていくという「両耳側半盲」はなぜ、この疾患で起きるのか?
それは、視神経の複雑な構造に起因するものなのです。ヒトが左半身を右脳で、右半身を左脳でコントールしている事はよく知られていますが、目は、もつと特殊な動きをしています。
下手な絵で恐縮ですが、脳を上から見た図でご覧頂くと・・。

視神経の仕組み

左目の網膜の左側は、そのまま左側の脳につながっていますが、右側は交差して右脳につながっています。同じ様に右目の網膜の右側は、そのまま右側の脳につながり、左側は交差して左脳につながっています。
つまり目の神経の半分は交差していて(半交差)、左側の視界(BD)は右脳に伝わり、右側の視界(AC)は左脳に伝わっているというメカニズムなのです。
では、下垂体腫瘍が、この左右の視神経が交差するあたりを下から押してくるとどうなるか?
興味深い現象が起きるのです。交差するところに走る神経は、BとCですよね。BとCに入ってくる情報は、網膜の鼻側、つまり視野では耳側からの信号なのです。
なので、視界の外側が見えなくなっていくという特徴的な症状が表れるのです。

虎の門病院食事11/29朝

虎ノ門病院 入院3日目 2006/11/29朝 朝からさつま揚げ、食べたくない・・・。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
脳下垂体腫瘍・・・病院巡りの日々 2
2006年7月11日、「神戸市立中央市民病院」で、X線、採血、眼科検査を受診しました。眼科では視力、眼圧、瞳孔を開く・・などの所定の検査に加えて、「視野検査」なるものを初体験しました。
「視野」とは、片目づつ、目を動かさないで、ある一点を見たときに同時に見ることができる範囲を指しますが、下垂体(視神経の直ぐ下に位置する)に出来る腫瘍が原因で起きる傷害とは、この視野に異常が発生するというものだったのです。
どんな症状なのか?それは「両耳側半盲」と言って両方の外側からだんだん見えなくなっていくものでした。(なぜかは、また後日詳しく・・。)
「視野狭窄」こそが、この病気に発生する特有の症状であり、「目の痛み」で脳腫瘍を疑った私でしたが、下垂体腫瘍に「目の痛み」という症状はなく、見当違いだったのです。
視野の外側から、だんだん見えづらくなる・・・。世界が狭まっていく様で、何とも恐ろしいですが、結局私はこの視野検査でも異常はなく、下垂体腫瘍なのに、下垂体腫瘍の症状は出ていないという不思議な結果になったのでした。

後日談になりますが、私の腫瘍はかなり大きくて、「視野異常を起こしていないのは不思議だねえ」と、どの医師からも云われ続ける事になります。
その度に「単なる眼精疲労」を脳腫瘍に結びつけられた偶然に感謝すると共に、「身体の声を聞けた」のかもしれない自分は幸運だったなあと感じるのでした。

もうひとつ不思議な事があります。あの時々感じていた「ピリッとした頭痛」が、これも「6月の最後の日曜日」を境にピタッとこなくなったです。私を病院に行かせたから、もういいやとでも云う様に・・・。

虎の門病院食事11/28 夕

虎ノ門病院 入院2日目 2006/11/28夕 (この日は私の誕生日でした)

視野検査とは・・
「半球状の大きなおわんみたいなもの」に頭をいれて、眼球はある一点を見たまま、四方向から来る光が見えたらブザーを押していく事により、数値を測ります。ちょっとゲームみたいで面白いですが、30、40分かかって結構疲れます。

ストレーナー付きの耐熱ガラスカップ・・茶葉の開きがよくわかる!
北野に「WISH」という雑貨屋さんがあります。
先日「UNITEA」という面白い『ティーウェア』グッズを見つけました。開口部が同じサイズの、11種類のパーツを組み合わせる事によって、いろいろなティーウェアスタイルを楽しもうと云うコンセプトです。
私が買ったのは、ストレーナー付きの大きめのマグカップと、ストレーナーホルダー。

unitea-1

ストレーナーは、長いサイズなので、並々とお湯を注がなくとも茶葉が十分抽出ができます。底が丸いので、茶葉もよくジャンプリングして、紅茶やハーブティにぴったりです。マグカップも軽くて持ちやすいですよ。
抽出した後、ストレーナーはホルダーに収めて、ゆっくり「ティータイム」のひととき・・。

unitea-3


マグカップ ¥683
ストレーナー ¥578
ストレーナーホルダー ¥525

脳下垂体腫瘍・・・病院巡りの日々 1
「脳下垂体腫瘍」の疑いありと診断された私は、紹介状を手に、直ぐにその足で「神戸市立中央市民病院」へと向かいました。
30才前後の若いドクターは、「脳下垂体腫瘍に間違いないです。MRIの予約を取り、明日は、X線、採血、眼科検査をして下さい。」
「良性ですが、摘出するには頭を開くか、鼻からアプローチするか、いずれかの方法になります。」
開頭手術といっても、頭の真ん中、一番奥にある「下垂体」へと到達する手術です。いかに大変か、想像するだけでも恐ろしくなります。開頭も怖いけれど、鼻から手術というのも、いったいどうやって・・??

3週間後のMRIのを予約を取って帰った私は、ネットで必死に調べ始めました。
「脳下垂体腫瘍」っていったいどんな病気? そもそも下垂体って何? なんでそんな所に腫瘍が出来るの?
ネットで有り難いですねえ。直ぐに病気の概要がつかめましたよ。

1.下垂体とは、視交差の下に位置し、全身のホルモンを調整する、大事な内分泌器官である。
2.ここに腫瘍が発生すると、大きくなって周囲の脳組織に悪影響を及ぼすばかりでなく、ホルモン異常も引き起こし、生命に関わる。
3.例えば、成長ホルモンが過剰に分泌されると、巨人病や末端肥大症になるし、成長期に欠乏すると、「下垂体性小人症」になってしまう。
4.ホルモン異常が起こらない腫瘍の場合は、ラッキーではあるけれど、大きくなって視神経を押し、視力障害を引き起こすまで発見されにくいので、摘出が困難になる場合も多い。
などなど・・・。

健康には自信があった私なのに、病気って、誰にも平等に、襲ってくるんですねえ。
MRIまで、3週間・・・! 未知な病気に加えて、待つ不安もずっしりと感じます。でも、今思うとこの時期はまだ序の口でしたね。
3週間後のMRI診断で、新たに主治医となったドクターから、ショックな診断を受ける事になります。

虎の門病院食事11/28昼

虎ノ門病院 入院2日目 2006/11/28昼 (朝も昼もご飯で、げんなり)

脳下垂体腫瘍・・なぜ発見できた? 2
2006年春、右目が痛くなって眼科に行きました。
異常は見つからず、「眼精疲労でしょう。」との診断、点眼液をもらって帰ってきました。
確かに、目は酷使してたかもしれないと反省、パソコンを見る時間を減らしましたが、やはり痛みは続きます。
そこで、ハッと「目の問題じゃなく、脳の問題かもしれない」
その前から時々感じていた「軽いピリッという頭痛」と「目の痛み」が始めて結びつきました。脳の中に何かが出来ていて、視神経を圧迫しているんじゃないか、やはり脳腫瘍かもしれない・・でもまさかね。
病院に行くのは怖いし、でもやはり気になるし・・としばらく悩む日々が続きました。
そんな私のためらいを粉砕したのは、6月最後の日曜日、ガーデニングをしていた時の事です。時々感じていた「軽いピリッという頭痛」が、連続して、怒濤のように襲ってきたのです。
今までのをまとめてドドッと、「これでも分らんか!」とでも云うように・・・。
で、やっと決心がつきました。
翌日、ネットで近所の脳神経外科を調べ、心の中ではまだ「念のために、CTを撮ってもらって安心しよう。」と言い訳しながら、出向いたのでした。

結果は、見事に、想像していた通りでした。
医師は画像を前にして、「明らかに異常があります。下垂体に腫瘍か、動脈瘤か、おそらく腫瘍でしょう。大きな病院でMRIを撮ってもらった方がいい。紹介状を書きましょう。」と。
病気に無縁だった私が、「脳腫瘍」という重大な病気に向き合わなければならないと悟った、瞬間でした。

虎の門病院食事11/28朝

虎ノ門病院 入院2日目 2006/11/28朝

脳下垂体腫瘍・・なぜ発見できた? 1
ピリッと軽い痛みが頭に走り出したのが、一昨年あたりから。
でも1~2ケ月に1回くらいなので、最初は気にも止めませんでした。
ただ「脳腫瘍」というキーワードは私の頭に以前からあったのです。それは3年前、ヤマハで講師をしていた時の同僚が、42才という若さで亡くなった時から。毎週土曜日、隣同士の教室でレッスンしていた彼女は、悪性脳腫瘍を発病して2年も経たずに逝ってしまいました。

私が辞める時、残念がって暖かい言葉をかけてくれた彼女が、人生の半ばで、なぜ死ななければならなかったのか、かわいそうで非条理で、なぜかよく思い出されるのでした。
ひょっとして、私の頭の中でも、何か異変が起きているのかしら?・・でもまさかね。
そして2005年11月に階段から落っこちて頭を打ち、救急でCTを撮ってもらった時のことです。「どこも内出血してません。」と若いドクターが云いました。もし、このドクターが、脳下垂体にある縦2.5cm、横は血管をぐるりと巻き込んでいる、とても小さいとはいえない腫瘍を見つけてくれていたら・・・。
「あ、やっぱり何も異常はないんだ。」と、私は安心して脳腫瘍という言葉を自分の頭から消したのです。
脳腫瘍が偶然に見つかるのは、こういう場合で、交通事故で頭を打ったとか、私の様にころんだとかで、念のためにCTを撮って分かるのです。
でもCTを撮ったのに、私は発見してもらえなかった。
こうして年は改まり、腫瘍は大きくなりつつ2006年を迎えたのでした。

虎の門病院食事11/27夜

虎ノ門病院入院 初日の食事 2006/11/27夜  


遅くなりましたが・・新年明けましておめでとうございます!
1ケ月以上もご無汰沙してしまいました。すみません!
その間もご訪問頂いた皆様、有り難うございました。
実は、昨年12月4日に手術をしまして、3週間入院しておりました。術後1ケ月を経過した今、ようやく体力も戻ってきまして、普段の生活が送れるようになってきました。ブログも復活させて頂こうと思っていますので、また宜しくお願い致します。

脳下垂体腫瘍」(のうかすいたいしゅよう)・・・脳の中央にある「下垂体」に発生する良性の腫瘍。
私が罹った病気は、10万人に1~2人しか発症しないという珍しい病気でした。腫瘍自体は悪いものではないのですが、大きくなると周囲を圧迫し、視野や視力に悪影響を及ぼします。
手術して摘出しなければならないのですが、これがまた高い技術を要する、難しい手術なのでした。

そして始まった病院巡りの日々・・・。
今まで病気に無縁だった私にとって、一生お世話になる事はないと思っていた「脳神経外科」に通院する日々が始まりました。
ただでさえ、手術と聞くだけで恐ろしいのに、おまけに頭ときています。しかも症例の少ない病気なので、専門医もなかなかいません。主治医を見つけるまでの過程と心境は、今振り返っても大変だったな、のひとことです。
結果的には、東京の「虎の門病院」でスーパーマンのような先生に巡り会い、摘出をして頂きましたが、今でも自分の幸運が信じられない気持ちが続いています。

2.5cmもあり、上は視神経に接し、横は血管を巻き込んでいた腫瘍が、頭の中からなくなって、どんな気分?と友人に聞かれるのですが、・・・うーん、あんまり変わらないかなあ。
友人は「目のあたりすっきりしたよ。」なんて云ってくれますが、(確かに目の奥に腫瘍は鎮座していました)きっと前は暗い目をしていたのかも・・ですね。

7月に病気が見つかってから退院までの半年、様々な事がありました。
助言をしてくれ、支えてくれた家族、友人、生徒さん達がいなければ自分ひとりでは乗り越えられなかっただろうし、健康の有り難さも改めて思い知ったし、病気になるとはどういう事なのか、入院がどういう事なのか・・という事も、始めて実感する事ができました。
執刀医の先生には、尽くせない感謝の気持ちでいっぱいですし、看護師さん達の献身ぶりにも頭が下がりました。これは、私事ながらきっちり記録しておかなければならないと考えています。

ブログかHpかどちらかに、まとめさせて頂こうと思いますので、またどうぞ読んでやって下さいね。
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。