クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
神戸北野の「W・I・S・H」
神戸北野に「W・I・S・H」というショップがあります。
オーダーメイドの家具、キッチングッズなどに始まって、内装からコンセプトまでの空間デザインも手がけ、店内はシンプルかつ、実用的でおしゃれなものでいっぱいです。
水曜夕方、この前を車で通るので時々立ち寄ります。道路をはさんで、以前ご紹介した
米粉パンの「koigakubo」もあり、6時からの割引タイムにパンを買ったりもできます。

ラムウールのブランケット


1月半ば、「ラムズウールのブランケット」がセールされていたので、買いました。
150×180cmと大判ながら薄くて軽く、手触りの良さと心地よい暖たたかさに、2月いっぱい楽しむ事ができたのでした。

もうひとつ暖かく感じたのは、3割引きを「退院祝い」にと半額にして下さった、オーナーの方の気持ちでした。手術の事を心配して下さって、「ずっと心配していました。ほんとに良かったですね!」と退院後、始めて訪れた私に声をかけてくれました。
気にかけて頂いた方々に、術後、元気な顔を見てもらいにあちこち行くのがうれしくて、みなさんの「ほんとうに良かった!」の声に、どんどん癒されていく自分がありました。
病気になって、多くの方々の暖かい気持ちに接し、より深い交流が出来るようになった事は、得難い体験であったと、今は思います。

神戸北野 WISH

ロンドン郊外の小さな工場で一枚一枚ていねいに作られたブランケット。
ラムウール100%。¥29400(グレーを買いました)


スポンサーサイト
脳下垂体腫瘍・・・兵庫医大 2
A教授の診察室に入ると、先生はフィルを見ながら、「偶然発見されたにしては、大きいねえ!」と、まず、おっしゃいました。
白衣の下はネクタイを締めてらして、ダンディな感じの、優しそうな方です。「2.5cmあって、上は視神経に接し、左は海綿静脈洞にかなり伸びている。視野検査も血液検査も正常。」とここまでは、前日の兵庫県立成人病センターのK先生と見解は同じでした。
ところが、「鼻からアプローチできるが、うーん、左右の頸動脈の幅が若干狭いねえ。開頭の可能性もあるね。」と、恐ろしい言葉が続きました。
「えっ?そんなに狭いんですか?」すると、先生は「少しだけね・・。」と笑いながらおっしゃって、「検査入院しましょう。もう一度全部、再検査だね。」と、もう手術を前提とした感じできっぱりと云われました。
8月15日に1泊の検査入院の予約をし、病院をあとにしましたが、兵庫県立成人病センターがセカンドオピニオン的だったのに対し、こちらは手術を前提とした対応に終始し、先生の「下垂体腫瘍」に対する自信が伝わってきました。

診察中のちょっとした「はなし」
A教授は「中尾脳神経外科」で撮ったCTフィルムを見て、不思議そうに「ここに設備があるの?」と尋ねられました。「はい。」と私。しばらく考えられてハッと合点がいった様に「中央市民の脳外科部長が開業!」とおっしゃっいました。
なんか、裏話を聞いたようで面白かったですが、後日、虎ノ門に決めた事を中尾先生に報告に伺った時(兵庫県立成人病センターのK先生からも書簡を預かる)、その話がでました。
中尾先生は「A教授からお手紙をいただきましたよ。兵庫医大で手術されるんですね。」私は、「結局、東京に行く事になりました。」とそれまでの経緯をおはなしし、開業うんぬんの話もしました。先生は、「そうなんですよ。中央市民病院にいたんですよ。」と打ち明けられたのでした。



虎ノ門病院 入院4日目 2006/11/30夜 「魚のムニエル」「グリーンサラダ」「ぶどう」「さつま汁」

脳下垂体腫瘍・・・兵庫医大 1
2006年8月11日、兵庫医大へ9時40分頃到着。前日、兵庫県立成人病センターからの帰途、JRにフィルムを忘れてしまった私は、早朝、草津駅まで取りに行って折り返し、兵庫医大へと駆け込みました。
網棚に置いてそのまま三宮で降りてしまった私、やはりどこか平常心を失っていたのでしょう。

兵庫医大のA教授の診察室の待ち合いは、人であふれかえっていました。
受付で、紹介状とフィルムを渡すと、「予約は?」「ありません・・。」と私。
受付の方は申し訳なさそうに、「今朝、先生は遅れていらしてまだ到着してないんですよ。予約がないと、かなりお昼を過ぎてしまいますが・・。」
丸1日、オフにしてきているので大丈夫だけど、それにしても座る椅子もない程、人がいっぱいです。「これは、いったい何時になるのやら。」空いている隣の先生の待ち合いの椅子に、腰を落ち着けると、男性の方が文句を云っているのが聞こえてきました。隣の奥さんらしき人に「9時に予約しているのに、どうなっているんだ。」「何のための予約だ、けしからん。」
なかなか先生が到着されないまま、この方の文句だけが待ち合いに響いているという感じでした。

ようやく10時頃になって、いの一番に私の名前が呼ばれ、診察室の横で看護師に血圧を測られました。「正常ですね。」で、またしばらく待っていると、今度は診察室から呼ばれました。どうやら先生がいらしたようですが、なぜ、予約なしの私が1番・・?
さっきからずっと怒っているおじさんの前を恐縮して通りながら、診察室へと入ったのでした。

虎の門病院食事11/30昼

虎ノ門病院 入院4日目 2006/11/30昼 「きじ焼き丼」は美味しかった。あと「春菊コマ和」と「ミツバのお吸い物」「グレープフルーツ」など。

お雛様と「トラットリア・コチネッラ」
もうすぐ「ひな祭り」ですね。
先日「トアロードリビングスギャラリー」に行くと、かわいいお雛様が飾ってありました。

中西兼二のお雛様

「中西兼二」作

新井三重子のお雛様


「新井三重子」作

両作品ともに、こじんまりとしていて、飾りやすそうです。

そのあと、スタッフの方とお隣りのイタリアン「コチネッラ」で食事、ランチは予約なしだとカウンター席になる程の大人気です。

イタリアンのコチネッラ

14~15種類もの野菜や肉、魚などを盛りつけた、看板メニューの「前菜」
今日は、生ハムメロン、キスの甘酢、貝柱、ゆで豚肉、ほうれん草のキッシュ、レンコン、山芋、しいたけ、かぼちゃ、長ネギ、豆、ブロッコリ、赤・黄ピーマン、いんげん・・・などなどでした。

コチネッラの前菜

ギャラリーのお庭には、この時期にだけ咲く「桜」が開花、もう春はそこまでですね。

2月の桜


脳下垂体腫瘍・・・病院巡りの日々 4
2006年8月10日、兵庫県立成人病センターへ行きました。私にとって3番目の病院です。
ここは、兵庫県におけるガンセンターの役割を持つ専門病院という位置づけで、脳外科は悪性の腫瘍を中心に治療しています。
先生も「セカンドオピニオン」的に話をするというスタンスで、私の病状に対する所見は、「鼻からアプローチできる。ただし、視神経に接している部分と、血管を巻き込んでいる部分は触る事はできないので、残さざるを得ない。」というものでした。
ただ、私がホルモン異常や視神経傷害を起していないので、「手術するかどうか悩ましいところですね。」とおっしゃいました。手術に伴う合併症のリスクを考えると、今直ぐに手術の決断をするのはどうか・・といったニュアンスでした。
下垂体をいじる事によって、正常だった下垂体を傷つけ、一時的に機能傷害を起こさせたり、場合によっては下垂体不全に陥る危険性だってある。下垂体後葉から産生される抵利尿ホルモンに異常が起きると、尿が出過ぎる「尿崩症」になるし(20%)、麻酔による合併症もあるし、かれこれ13もの合併症があるらしい。

「鼻からアプローチできる。」という見解は有り難かったですが、合併症の事は考えもしなかったので、今現在、症状が出ないで健康に過ごしている私が、手術する事によってかえって何らかの症状が出る可能性があるという指摘に、また悩みが増えた感じでした。

K先生は、ていねいに説明して下さったので、かれこれ1時間近くも経過してしまいました。
最後に手術の打診をすると、現在「手術したばかりの下垂体患者」をかかえているので、すぐの手術は無理であると云われました。
この患者さんは、7cmもの大きな腫瘍をかかえ、片目は見えない状態で、1回目の手術は成功したものの、再度の手術が必要なのだそうだ。
7cmもの巨大腫瘍は先生も始めて見た・・とおっしゃってましたが、自覚症状(目が見えない)はあっただろうに、何で発見が遅れたのか不思議に思いました。
一応次回の外来を予約したものの、手術しても腫瘍の全摘出は不可能であること、それに伴うリスクの存在も大きい事が分って、ますます落ち込んで病院をあとにしたのでした。明日の兵庫医大では、何と云われるのか・・悶々として、眠れない夜が続きます。(診察料  ¥2160)

虎の門病院食事11/30朝

虎ノ門病院 入院4日目 2006/11/30朝 しっかり味のついた「揚げのショウガ煮」、せめてブロッコリーは薄味でいいのに・・・。


トアロードデリカテッセンのミックスサンド
神戸トアロードの老舗ハム「トアロードデリカテッセン」、神戸っ子にはつとに有名です。ハムやベーコン、サーモンなど美味しくて、ここのを食べるともうよそのは食べれなくなります。
店舗の2階は「サンドイッチルーム」になっていて、友人とよく食べにいきます。
おすすめはハム、サーモン、ローストビーフ、チーズ4種の「ミックスサンド」。最高の素材に加えてパンも美味しく、サンドイッチでとっても幸せな気分になれます。

デリカテッセンのミックスサンド


ところが、先日行くと、ローストビーフが出来ないという事で3種の「ミックスサンド」になっていました。何でも、ローストビーフ専門の職人さんが、腕を骨折されて休養中なんだそうです。
代理をたてても、常連さんはすぐ分るだろうとの事で、ローストビーフはお休みになったそうです。その方の長年の「味」を大事にしたいというお店の方針でもあるのでしょう。老舗の老舗たる気骨を感じました。

「ベーコンと5種の野菜のスープ」
ベーコンと野菜をじっくり煮込んだ濃厚なスープ。セロリ、長ネギ、たまねぎ、人参、キャベツの具たくさんで、ベーコンがとにかく美味しい!長ネギを入れるのもここのお店の特徴だそうです。
コーヒーか紅茶付きで¥525です。ミックスサンドは¥945、職人さんの復帰は早くて3月だそうです。待ち遠しいです。
デリカテッセンのミックススープ


詳しくは、「Favorite」でどうぞ。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
脳下垂体腫瘍・・・病院巡りの日々 3
神戸市立中央市民病院で「頭と鼻と両方からアプローチする」との診断を受けて、私は友人達に相談し始めました。
みな「ひとつの病院だけで決めてはいけない。セカンドオピニオンを!」の大合唱でした。私も、ネットで調べるにつけ、「鼻からの手術」が主流であり、両方からアプローチするなどよっぽどの事であり、私の症状がそこまでのものなのか、複数の医師に聞く必要性ありと判断しました。

この頃から、生徒さん達にも話し始めます。すると、「私の父も脳手術をした。」とか、「髄膜種でどこそこの病院で手術した。」とか、様々な情報が入り始めます。
隠さないで正直に伝える事は、相手側の情報も教えてもらえ、また話す事で励まされ、前向きになれる事も分って、真実の開示は重要だなと思いました。

程なく兵庫医大と、兵庫県立成人病センターが浮上、住吉の開業医「中尾脳神経外科」に出向いて紹介状2通を書いて頂き、中央市民病院へと、フィルム貸し出しに走りました。
k先生の外来日を避けて、先日の内分泌の医師を受診し、フィルム、血液検査と視野検査のコピーを借り出します。受付からは、担当医でないと困ると言われましたが、内分泌の先生の方が話しやすかったし、あのK先生にはちょっと話しづらかったですし。

8月10日に兵庫県立成人病センター、翌11日には兵庫医大を受診する事になります。

虎の門病院食事11/29夕

虎ノ門病院 入院3日目 2006/11/29夕 ホウレンソウ白アエと柿が美味しかったです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
「サウンド・オブ・ミュージック」映画の続きは?
NNK2/6の番組「サウンド・オブ・ミュージック マリアが語る一家の物語」、見応えがありました。
サウンド・オブ・ミュージック」といえば、数々の名曲を世に出した、ミュージカルの最高傑作として知られていますが、ジュリーアンドリュース演ずる「マリア」と「トラップ一家」の愛情あふれる物語が心を打ちました。
映画は、ナチスから逃れてアルプスを越えていくシーンで終わるのですが、番組では、亡命してからのアメリカでの一家の苦闘ぶりを伝えます。まさにここからが映画を越えてドラマチック、胸打たれます。
ザルツブルグでは、莫大な財産を持った貴族であったのに、アメリカでは全くの無一文からスタート、「トラップファミリーシンガーズ」としてアメリカ中をバスで公演して、生計を立てていく。
弟2次世界大戦では、長男と次男がアメリカ軍兵士として、ドイツや祖国のオーストリアと戦うのですが、現在92才になる次女の「マリア」は語ります。「私達はナチスと戦った。オーストリアと戦う必要はなかった。」
戦時中、残された一家(トラップ大佐とマリア、7人の娘達)は、バーモント州ストウで自分たちで家を建て、音楽公演のかたわら、自給自足の生活をします。
再び次女の「マリア」の言葉、「ひとりはみんなのため、みんなはひとりのため、それぞれができる事をして生活を支えた。」

多くの困難を乗り越え、今ではストウでロッジホテルを経営するに至った一家、音楽に支えられ、力強く運命を切り開いてきた家族の絆に、現実は映画より勝る、素晴らしいと思いました。

始めて「マリア」の写真を見ましたが、ジュリーアンドリュースによく似ていてびっくり!目には知的な強い光、ユーモアあふれる口元、どんな時も明るく元気に一家を支え引っ張ってきた、エネルギッシュな方だったそうです。


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
【2007.02.07】 本と映画
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
脳下垂体腫瘍・・・神戸市立中央市民病院の判断
MRI、視野検査、血液検査の3点セットがそろったところで、2006年8月17日、2回目の脳外科を受診しました。前回の若いドクターから、40才前くらいと思われるドクターに担当が代わっていました。
「左の海綿静脈洞内(かいめんじょうみゃくどう)に腫瘍が広がっています。この部分は横から切って取り出し、縦の部分は鼻からかき出しましょう。」と、ご自身の耳の横部分をたてに切るジェスチャーをしながら、おっしゃいました。耳の横部分をたてに切る・・・?えっ、じゃあ開頭手術もするって事・・・?
鼻から手術して、開頭もする、そんなに私の症状は重症なの・・と言葉を失って先生を凝視しました。
先生は続けて、「今、手術したばかりの下垂体患者が入院しています。」とご自身が執刀された様に話されます。私はかろうじて、「良性ですよね?」と尋ねると、「開けてみないと分りません。」
この腫瘍は99%良性であるので、確かに残りの1%の可能性がないとは言えないですが、それにしても、もうちょっと言いようが・・・。
で、血液検査の結果を見ながら、「薬物治療で腫瘍が小さくなる可能性もあるから、内分泌を受診して下さい。」

下垂体は、ホルモンの司令塔だから、私がホルモン異常を起こしていれば、薬物治療は私にとって朗報足り得る、で、私は、わらをもつかむ思いで、次なる内分泌を受診しました。
こちらのドクターも40才前後の方でしたが、私の血液検査結果を見て、すぐさまこう云いました。「プロラクチン値は正常なので、薬物治療は効かないですねぇ。手術しかないと思います。」で、そのあと「K先生は、プロラクチン値、見落としたのかなあ?」と云いにくそうにおっしゃいました。
私も今となってはよく分るのですが、何種類かあるホルモンの中で、薬物治療で劇的に小さくなるのは、プロラクチン異常で発生する腫瘍のみなのです。

私は、手術が避けられない事、それも頭を開き、鼻からもアプローチするという大変なものになるという事実を背負い込んで、うちひしがれて、病院をあとにしました。
始めての手術が脳手術、後遺症が出る可能性だってないとはいえない。

この当時を振り返ってみると、頭の手術が空恐ろしくて、目の前の事実を受け入れる事だけで精一杯だった様な気がします。

toranomon-6.jpg

虎ノ門病院 入院3日目 2006/11/29昼 麻婆豆腐もわかめスープも味が濃くて、病院食とは思えない・・サラダとりんごが美味しかったです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

「You Raise Me Up」の聞き比べ
久々に音楽の話題をひとつ。
入院中、手放せなかったipod、一番よく聞いたのが「You Raise Me Up」でした。
荒川静香さんが、トリノオリンピックのエキシビションで使った曲で、彼女のは「Celtic Woman」というアイルランド出身の女性グループの演奏によるものでした。
オリジナルは、「Secret Garden」というグループが2002/02/08にオランダで発表したアルバム「Once in a Red Moon」の中の1曲で、その美しく力強いメロディーゆえに、今ではすっかり有名になり、多くのアーティスト達がカバー、iTunes Storeでも70曲以上を聞く事ができます。

私も6種類の「You Raise Me Up」をダウンロードして持って行きましたが、よく聞いたお気に入りの順番は、
1.Celtic Woman・・・曲の構成の巧みさと歌唱力の素晴しさで文句なく1番。バックのコーラスが盛り上げる。
celticwoman

2.Deja Vu featuring Tasmin・・・ポップなディスコ調、楽しく元気になる!

3.Sissel・・・女性ヴォーカル。Celtic Womanより歌唱力でゆずるが、かわいく透明な感じ。
sissle

4.Becky Jane Taylor・・・女性ヴォーカル。ハスキーっぽい声質で聞かせる。
beckyjanetayior

5.Eamonn McCrystal・・・男性ヴォーカル。後半ドラマチックで盛り上がる。ギターがうまい。
eamonnmccrystal

6.il Divo・・・今や旬の男性4人のグループ。オペラ調で、迫力満点です!
ildivo


iTunes Storeって視聴が20秒、「You Raise Me Up」のようにイントロが長いと、歌までいかずに終わってしまうものもあるんですよね。
何とかしてほしい、マックさん!!

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
【2007.02.01】 音楽雑感
TRACKBACK(0) // COMMENT(1) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。