クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
脳下垂体腫瘍(のうかすいたいしゅよう)・・・兵庫医大 7
2006年9月1日、兵庫医大、A先生はさらにこう続けました。
「腫瘍はどうも、固そうに見えるんですよね。白っぽかったら柔らかいんですが、少し黒っぽいでしょう?固いと難しいんですよ。」
素人には分らないものの、そう言われればそういう風に見えなくもない。
そして、「せっかく手術したのに、ほとんど取れなかった・・という事もあり得ます。」と、ついに決定的な言葉が先生の口から出ました。

えっ!視神経に接している部分と、左海綿静脈洞(かいめんじょうみゃくどう)にのびている部分以外は、全部取れるんじゃなかったの・・・??
そう信じてきた私は、予期せぬ言葉に、完全にうちのめされてしまいました。
頭の中に大きな腫瘍をかかえていても、何の症状も出ず、普通に過ごしている今というこの時間、これを壊してまで、多少ともリスクのある手術を受けるのは、ほとんど腫瘍を摘出してほしいからに違いないのに・・。

友人のひとりが「母は腎臓に巨大な石をかかえてるのに、痛みは全然ないのよ。小指の先程の石でもみな転げ回るとういのにね。病気はひとくくりにはできない不思議さがあるんじゃない?
麦谷さんのも普通なら症状が出るはずなのに、何もないのは、ある意味腫瘍と共存してるのかもしれないわね。このままずっとそうかも分らないし、そうじゃないかも分らないし。」の言葉が思い出されました。

「腫瘍とうまく共存しているって事はないでしょうか?」
「共存なんかしてない。これを見れば分るでしょう?」と、穏やかな先生が、この時ばかりはきっぱりとおっしゃいました。
そうだよなあ、このまま放っておくという訳にはいかないよね・・・分ってます。でも大変な手術をしても取り切れないって言われて、思わず聞いてしまっただけなんですよね・・・。

「でも緊急性はないですよ。」と先生。
成人病センターのK先生も「手術するかどうか悩ましいところですよね。」と言われてたっけ。どうしよう・・?
手術するべきかしないべききか・・診察室の中で私は迷い始めました。

虎の門病院食事12/2昼

虎の門病院 入院6日目 2006/12/2昼
「うどん」「吹き寄せ煮 エビ」さらに「白菜ゴマ酢」と「みかん」がつく。
これ全部食べたら、夕飯は入らないよなあ。量が多過ぎ!

スポンサーサイト
楽しいアレンジメント
先日、中・高生時代の同級生と一緒にランチしたのですが、帰りにSさんという、これまたおなじ同級生の方に会い、退院のお祝いにお花をいただきました。
Sさんとは、何と卒業以来始めての邂逅!
何十年ぶりか数えるのもイヤっていう程の年月が過ぎています・・。
でも、直ぐお互い分るものですね。懐かしかったです。

坂田さんのお花


大きなブーケとして頂いて、1日楽しんだあとは、お気に入りの花器に振り分けてさらに楽しみます。アレンジメントの面白さも加わって、楽しみが2倍、3倍になります。

坂田さんのお花


トルコブルーの方はベルギー、4本の足付きはフランスだったと思うのですが、どちらもお花が映えるので、大のお気に入りのフラワーベースです。

ヨーロッパの花器


【2007.03.26】 花と植物
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
脳下垂体腫瘍(のうかすいたいしゅよう)・・・兵庫医大 6
2006年9月1日、兵庫医大、診察室に入ると、A先生は画像を前に「交差する視神経の後ろ側に腫瘍がのびてるね。」とおっしゃいました。
前にのびると視野障害を起こすが、私のように後ろにのびた場合は視野障害は起こさないらしいのです。2.5cmもあるのに、目に影響を及ぼさなかったのは、そういう事だったのね・・。
ラッキーだったのか、アンラッキーだったのか、どっちとも言えない感じですが、前にのびていれば、視野障害を起こしてもっと早く発見できたかもしれないと、この時の私は我が身の不運をのろいました。

続いて先生は、
「視神経に接している部分と、左海綿静脈洞(かいめんじょうみゃくどう)にのびている部分は、触る事は出来ないので、そこを残しての手術になります。」
「視神経部分に残った腫瘍は、脳圧で下がってくるので、それを待って神経から5mm離れたらガンマナイフをあてましょう。」と説明されました。
要するに、視神経部分と左海綿静脈洞部分の2ケ所に腫瘍が残る事になり、それに対して放射線治療で対応しようという方針なのです。

神経から5mm離れたら・・というのはとても微妙な話で、受ける患者側にしてみれば、恐ろしいのひとことです。
また2ケ所も放射線をあてるというのは、それ以後の影響を考えると大変な事なのではないかと想像できます。

沈み込む私に、先生は「全部取ってあげたいんですけどね、この部分は触ってはいけない事になってるのでね・・・。」と気の毒そうにおっしゃいました。
「でも血液検査が正常で、良かったですよ。さっきの方はクッシング病といって、副腎ホルモンが過剰に出て、大変なんですよ。ホルモン異常が起きると、いろんな合併症を引き起こし、寿命が10年は縮まりますからね。」
さっきの方って、小さいお子さんを連れた女性?
太り方のバランスが妙だなって思いましたが、今から思うとこの方はクッシング病の典型的な体型をしてらしたんです。

虎の門病院食事12/2朝

虎の門病院 入院6日目 2006/12/2朝
「厚焼きたまご」「モヤシみそ汁」「アスパラサラダ」「牛乳」
みそ汁が塩っからい。前日からご飯は残しぎみ。

当たりの韓国料理と、はずれのケーキ
中・高校時代の友人ふたりと、2ケ月に1度くらいランチします。
今日は韓国料理の「味道園」、冷麺はスープが美味、麺もしこしこと歯ごたえがありました。
量も適度でなかなか良かったです。
神戸市中央区下山手通り3-15-3 078-331-0146 

味道園


トアロードのケーキ屋さん「ア・ラ・カンパーニュ」
店構えに惹かれて入ってみましたが、こちらは、はずれ。
カフェオレが、何と半分冷めてる、ケーキもいまいち、おまけに「お客さまが待ってらっしゃるので。」と追い出されましたし・・・。

ア・ラ・カンパーニュ トアロード店


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


整体の効用
友人に勧められて整体に通い始め、1年近くになります。
肩こりや腰痛はない体質でしたが、パソコンに向かう時間が増えるにつれ、首や背中が凝るようになっていました。

劇的な効用に気づいたのは、最近の事です。
昨年12月、3週間の入院からもどって、日常生活に復帰した1月半ばの事です。
階段の上り下りに、右ひざが痛む事に気づきました。
始めはピリッとした痛みだったのが、目に見えて悪化、痛くて階段を歩けなくなるまでになりました。
骨と骨の間のクッションが減少してきてるのかしら・・・とショックでしたが、整体で診てもらったところ、左に比べ、右ひざの内側の筋肉が衰えてるためと指摘されました。
まず、歩く時に外側の筋肉を過剰に使う「くせ」があって、右足首が外側に少し曲がっていました。この長年の習慣によって、内側の筋肉をあまり使わないで衰えていた事に加え、入院中ずっと寝ていたので、いっきょに筋力が落ちてしまったらしいのです。
なるほど、確かに床に座る時も左に両足を曲げて座ってばかりいて、右足の内側は鍛える事なく、いつも緩んだ状態でした。

で、ひざの内側を重点的にもんでもらい、なおかつ家での運動方法も教えてもらって実行すると、何とひと月程経つと、目に見えて痛くなくなってきたではないですか!
これにはびっくり。
整体ってすごいなあと思ったのでした。
人間って、気が付かないうちに、いろんなクセから身体のどこかを過剰に使ったり、その反対に使わなかったりしてるんですよね。

この事があってから、整体にはまじめに、1週間に1度行くようになりました。
もんでもらって痛む部分が、その週使い過ぎたところ、身体の歪みを矯正してもらって、心身ともに癒されてます。

接骨院「鷹の羽」

JR六甲道近くの整骨院「鷹の羽」、人気があっていつも患者さんでいっぱいです。

【2007.03.20】 私の周辺
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
脳下垂体腫瘍・・・兵庫医大 5
2006年9月1日兵庫医大、11時にMRI、12時にA教授の外来と続きます。
検査入院の時ご一緒したFさんの外来日でもあったので、早めに行って彼女と会いました。
相変わらず待ち合いは患者さんでいっぱいで、Fさんを探すのも大変、でも彼女元気そうで安心しました。
「手術はいつ頃になるの?」
「9月末を考えてるんだけど、迷ってて・・。」
「入院中に一緒だった岡山の人が、東京に行くかもしれないって言ってたのよね。」
「ああ、きっと虎の門病院ね。そうなの、その人も迷ってるのね。」
「診察が終わったらKさんのお見舞いに病棟に行くんだけど、麦谷さんも時間があったら来てね。」
そんな会話が続きました。
この「岡山の方」とその後因縁がある事になるとは、夢にも思いませんでしたが、今日のMRI撮影、外来で、手術が本決まりになるかもしれないと思うと、緊張感でいっぱいになりました。

MRI撮影が終わって外来に行くと12時前、1時を過ぎると、私と、小さいお子さんを連れた若い女性の2人だけになりました。
その方が診察室に入ると、おばあちゃんらしき方が元気に動き回るお孫さんをみてらっしゃいました。
やがてその方も終わりますが、私の名前は呼ばれません。ああ、まだ画像が届いてなんいんだと待つ事10分、やっと到着して診察室へと呼ばれます。

虎の門病院食事12/1夜

虎の門病院 入院5日目 2006/12/1夜
「魚照り焼き」「うの花あえ」「のっぺい汁」「水菜醤油あえ」「ネーブルオレンジ」

クリスマスローズと鉄製花器
神戸中央区中山手通りの「トアロードリビングスギャラリー」のお庭で、クリスマスローズが満開を迎えています。

トアロードリビングスギャラリー「鉄の花器」


重々しい鉄製の「花器」に生けられたクリスマスローズが可憐で、見事なマッチングに、魅せられてしまいます。
左の花器は、7万ちょっとのお値段が付いていましたが、スタイリッシュで存在感があり、作家さんの巧みなわざに、ため息が出ました。

トアロードリビングスギャラリー「鉄の花器」

土屋豊作  右の小さい方は、ステンレス製  左は柄部分が鉄製、桶部分は銅製です。

鰹菜(かつおな)・・・らでぃっしゅぼーやの野菜
先日の宅配で、「鰹菜」という野菜が入っていました。
らでぃっしゅぼーやを取り出して5年程になりますが、時々こうした珍しい野菜がやってきます。
「名菜百選~いと愛(め)づらし」と題して、伝統がある、珍しいなどの視点で選ばれた100選の野菜達です。
今回の鰹菜は、福岡の博多地方で古くから栽培されてきた高菜の仲間だそうで、煮るとかつお節に負けないほどのよい味が出るそうです。

私はざくざくと切って、ごま油でさっと炒めてみました。
葉は柔らかくて風味があり、茎の部分は適度な歯ごたえがあり、塩なし、醤油を少々たらしただけの味付けでしたが、これがとっても美味しい!
博多のお正月のお雑煮になくてはならない青菜・・というだけあるなあと、アッという間に一束たいらげてしまいました。

野菜に滋味があると、こうしてシンプルな料理法、味付けで十分美味しいんですよね。ありがたいものです。

鰹菜


脳下垂体腫瘍・・・兵庫医大 4
2006年8月15日の検査入院、ホルモンの負荷検査が終わってからは何もする事がなく、同室のみなさんと病気談義。
整形外科の新たな入院客が増えたり、私の隣のベッドには「髄膜種」の手術が終わった方がICUから戻ってこられたりで、何となくにぎやかに感じになる。
明日手術をひかえたKさんは、「頭、どこから切ったの?」と髄膜種の方にしきりに聞いていましが、術前説明で呼ばれ、病室を出ていきました。
術後のFさんは、今思えば私の術後と比べて元気だった・・と思います。
鼻の詰め物がはずれていたので3日以上は経っていたのでしょうが、「もう退院してもいいですよ。」と打診されていましたし。

担当のS先生からは、8月30日「CT撮影と視野検査」、9月1日「MRI撮影とA教授の外来」と、これからの検査予定についての説明がありました。
どれも中央市民病院で検査済み、またかと思いましたが、手術への過程としての再検査は、致し方がないのでしょう。

翌朝退院、A教授の外来までの2週間、不安がってばかりもいられないので、またまたネットで情報を収集し始める。虎の門の山田医師がこの疾患ではトップの先生らしいという感触が次第につかめてくるものの、東京だしなあ・・とこの時点では東京行きは頭の中にありませんでした。
(検査入院1泊2日 ¥29080)

虎の門病院食事12/1昼

虎の門病院 入院5日目 2006/12/1昼 
手術前だし、体力が落ちない様にと、必死で食べるも・・「ポークケチャプ」のポークとケチャプは別にしてほしいし、きゅうりの黄身酢もかけ過ぎ。

神戸北野の花屋さん・・ greenpepe
元町から北へ15分、再度筋町に「グリーンペペ」というお花屋さんがあります。
近辺には「山手大学」や「相楽園」もあり、北野も徒歩圏内、周辺探訪も楽しい所です。

花屋greenpepe

店先には「ベルギーの花器」がつり下げられ、おしゃれな雰囲気。
アンティークガラスなどヨーロッパの古物もあり、お花のディスプレイなど、
あちこちにオーナーTさんの個性が光ります。

花屋greenpepe

ベルギーの花器って、何気ない素朴さと、パステル調の色使いがとってもかわいい。

花屋greenpepe


花屋greenpepeオキザリス

オキザリスの新種。黄色と赤のハーモニーが早春らしいです。

神戸市中央区再度筋町12-20-105  Tel 078-360-6285
詳しくは「Favorite3」「Favorite16」「Favorite21」でどうぞ


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
【2007.03.08】 花と植物
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
耳鼻咽喉科で「副鼻腔」レントゲン撮影
昨年12月4日の手術以来、右の鼻のみ、「鼻詰まり状態」が続いていました。
術直後は鼻をかめないし、髄液がもれてくる可能性もあって、1ケ月間はおそるおそる鼻をかんでいました。
1月17日の虎の門の外来で、「2月に入ったら地元の耳鼻科で洗浄してもらっていいよ。」と山田先生よりお墨付きをもらいましたが、なかなか思い切れなくて3月になってしまっていました。

で、やっと昨日、近所の耳鼻咽喉科に行きました。
「圧をかけて大丈夫かな?」と先生。
「副鼻腔」のレントゲンを撮ってからの判断となりました。
フィルムを見て「立派なもんだね。異常ないよ。蓄膿も起こしてないし。でも、洗浄はしなくていいかな。このままでだんだん解消されていくと思うよ。そんなに苦しくないんだし・・。」
「吸入」だけをして帰宅となりました。
さすが、山田先生、「副鼻腔」は何の問題もなく元通りになっていました。卓越した技術にあらためて、山田先生バンザイ!!
脳下垂体腫瘍・・・兵庫医大 3
2006年8月15日、兵庫医大に検査入院。ホルモンの負荷テストをしました。30分毎に4回の採血をし、下垂体が正常に働いているかどうかを検査します。
部屋は6人の大部屋、3人の方が入院してました。
担当は若い女医さん、発見から兵庫医大へと至る経緯を聞かれました。「下垂体腫瘍の方は、みなさんここに集まってこられるので・・」とか「A先生は下垂体腫瘍手術だけではないので・・」とか、A先生への信頼と自信がうかがえます。
入院されてる方のお二人は同じ病気、すでに手術が終わっていらしたFさんがいろいろと話しかけて下さいます。
彼女は糖尿病の治療を2年程受けてて、ちっとも治らないところから、やっと脳の問題でないかという事になって病気が発見されたそうです。成長ホルモンが過剰に分泌されると、その合併症として糖尿病を併発します。

「糖尿病の薬を飲んでた2年間って、いったい何だったんだろう・・?」
幸いな事にFさんの腫瘍はそれ程大きくなくて、全摘できたそうです。
もうひとりの方はまだ20代の若い女性Kさん、片目に眼帯、2重にものが見えるようになった事から病気が発見されます。1度手術したものの取り切れなくて明日再手術、しかも開頭・・だそうです。若いのに何と気の毒な・・・と言葉を失いましたが、彼が激励にきてました。Fさんによると、軟骨にも腫瘍がある状態・・?で学会で発表されるような珍しい症例なのだそうです。

Fさんとは、その後もメールのやりとりをしていますが、Kさんの手術も成功、Fさん自身も成長ホルモンの値が範囲内より1高いだけという事で、要観察(毎月の血液検査)ながら順調に回復されているようです。

虎の門病院食事12/1朝
虎ノ門病院 入院5日目 2006/12/1朝 「利休煮」醤油味のちくわも「キャベツおかか和」も味が濃くて・・ああパンが食べたい


「下垂体機能障害」を難病に指定して下さい
頭の真ん中にある「下垂体(かすいたい)」はホルモンの司令塔です。
ここに腫瘍などができると、ホルモンが多くですぎたり、少なすぎたりする病気になります。
1.副腎障害のクッシング病
2.顔や手足などが肥大する先端巨大症・巨人症
3.甲状腺に異常をもたらすゴナドトロピン分泌異常症
3.おしっこが大量にでる中枢性尿崩症
4.不妊の原因となるプロラクチン分泌異常症
5.ホルモンが出にくい下垂体機能低下症

などがあり、糖尿病や高血圧などの合併症を引き起こしやすく、原因はいまだ特定されていません。10万人に1~2人の珍しい病気なので、研究も進んでいません。
ホルモンによる治療を、一生涯にわたって受けなければならない人も多く、1本8万円の注射を毎月打たねばならないなど、年間100万単位の高額な医療費がかかっています。

希少性・原因不明・効果的治療法未確立・長期療養の必要性などの観点から、国に「難病指定」を求めています。
署名運動を展開中で、2月末で2万人を突破しています。3月に弟1次として厚生省に提出しますが、引き続き署名を集めており、1人でも多くの方にご賛同頂き、患者の負担が軽減されるよう、みなさまにご署名をお願いしております。

私も2月のひとつきで2549名の方からご署名をいただきました。生徒さん、友人、知人の暖かい協力に感謝感激しております。ありがとうございました!

オンライン署名もできますので、ご賛同頂ける方は、ぜひ宜しくお願い致します。



特別養護老人ホームでエレクトーン演奏
昨日3月2日、西宮市にある特別養護老人ホーム「メヌエット」で、エレクトーンを弾きました。
同ホームでは、さまざまな楽器で定期的に演奏会を開いており、私も今回始めてこのような場所で演奏させて頂いていい経験になりました。
リズム付きのにぎやかな曲はお好きではないかなと思いましたが、以外とそうでもなく、みなさん楽しんで聞いてらっしゃいました。
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」とか「ムーンライトセレナーデ」などよく知られた曲はもちろん、「ひょっこりひょうたん島」など、みなさんなつかしそうにニコニコ。「じゃあこの曲は何ですか?」と言って「サザエさん」を弾くと即座に大きな声で回答して頂け、弾いていた私も思わずノッてしまいました。

特別養護老人ホーム「メヌエット」

みなさんと同じ昼食をいただきましたが、普通食は2割の方しか召し上がれないそうです。
おかゆにしたり、おかずももっと細かくしたりと、介護の度合いによって何種類かのパターンになるそうです。
演奏会が終わって、それぞれのユニットで談笑なさってるところへおじゃませて頂くと、「むぎ・・・さん?」って名前を覚えて話しかけて頂いたり、「また聞かせてね。」とか「今日は楽しかったよ。」とか声をかけて頂いて、とても幸せな気持ちになりました。

特別養護老人ホーム「メヌエット」


特別養護老人ホーム「メヌエット」西宮市浜脇町4-28  0798-32-0600

【2007.03.03】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。