クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
クレマチスがきれい!・・・トアロードリビングスギャラリー
神戸元町のトアロードリビングスギャラリーで、クレマチス(テッセンとも呼ばれます)が咲き始めています。
私も2~3年前までベランダで育てていましたが、いつのまにか枯れてしまいました。
大好きな花のひとつだったんですが、つる性なので、マンションにはちょっと無理でした。

このクレマチスは八重咲きの原種で、「ゆきおこし」と云われる品種。
グリーンが入った白の気品さには圧倒されます。このまま枯れないでって思いたくなるような、美しさですね。

クレマチス「ゆきおこし」


クレマチス「ゆきおこし」


クレマチス「ゆきおこし」


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト
玄米って美味しい!
玄米を食べ始めて1年が経ちました。
きっかけは、新谷弘実著「病気にならない生き方」を読んだことからです。
始めは「うわっ、固くてぼそぼそ・・・とても食べれない」でした。ところが漬け時間を長くして、水の分量を増やして炊いたところ、見違える様に美味しくなりました!
慣れると歯ごたえも心地よく、滋味が何ともいえないです。「お通じ」も明らかに変わりましたよ
普通の炊飯器で十分炊けるので、おすすめです。

ポイント↓
1.1時間以上、水に漬けておく
2.白米よりかなり多めの水(1.3倍以上)で炊き上げる

玄米


なぜ、玄米は健康にいいのか?

それは、玄米が「もみ殻を外しただけの米」で、穀物の表皮と胚芽の部分に集中している「ビタミンやミネラルといった大事な補酵素」をすべて持っているからです。
それに対し、白米はその部分をすっかり取り除いて「胚乳」だけになってしまっているので、大事な補酵素をすべて失っているばかりか、消化・吸収が速い事により、エネルギー値が高い「胚乳」が血糖値と中性脂肪を上昇させるというリスクを生じさせてしまっています。

新谷先生は、精製は良くないという観点から、食べ物を丸ごと食べる「全体食」を奨励されています。
穀物なら未精製の玄米を、小麦粉なら「全粒粉」を、果物なら葉や皮まで(皮をむくと直ちに酸化が始まる)といった様にです。
食べ物を一つの命としてとらえた場合、全体を食べるのが最もバランスがとれた状態というのは、納得が出来る話です。


病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- 病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
新谷 弘実 (2005/07/08)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る
病気にならない生き方 2 実践編 (2) 病気にならない生き方 2 実践編 (2)
新谷 弘実 (2007/01/10)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

虎の門病院、脳神経外科山田医師との出会い 2
2006年9月、山田先生から「了解しました。フィルムを送って下さい。」という内容の返信メールが届きました。
これ以後、先生とは何度かメールのやりとりをするのですが、必ず翌日には返事が返ってくるという速攻ぶりでした。仕事のできる人というのはメールも早いものですが、先生もまさにその通りで、文面も無駄がなく、いつも簡潔明瞭でした。

フィルムを送ってから数日後の9月15日、夜帰宅すると先生より留守電が入っています。出張するので、携帯に電話して下さいとのメッセージ。

何て言われるだろう、今までの先生と同じだろうか、これで私の病気の最終的な判断が明らかになるんだ・・・と思うと、翌日なかなか電話できない自分がいました。
夕方にはレッスンが終わっていたのですが、電話を前に逡巡すること1時間、あんまり遅くなると失礼だしと、ようやく受話器を取ったのでした。
ほんとうに判決を言い渡される囚人のような気分でした。

先生の第1声は「大きいねぇ!症状はどうなの?」でした。
そして詳しく私の腫瘍の状態について説明して下さいました。

大きいのに視神経に影響が出ていないのは、私の視神経がうまく逃げているんだろうと・・?
視神経は、腫瘍から押されても「逃げる事のできる視神経」と「スルッと逃げられない神経」とがあるらしいのです。ちょっとびっくりでした。
また形は上へと伸びて行く「逆ピラミッド型」で、この種の腫瘍の多くが「だるま型」であるのに対し珍しいらしい。
そして、今、視神経は影響を受けていないが、それもいずれ限界がくるであろうこと、いつまでも逃げられるという事はない・・・と話され、続いて、今までの医師からは聞かなかった言葉が出たのでした。

虎の門病院食事12/3昼

虎の門病院 入院7日目 2006/12/3昼
「鮭マスタード焼き」「粉吹き芋」「白菜サラダ」「大根のみそ汁」「オレンジ」


「鯉のぼりと犬」「桃太郎」・・・トアロードリビングスギャラリー
神戸元町のトアロードリビングスギャラリーで、かわいい「鯉のぼり」と「桃太郎」を見つけました。
風にふかれて泳ぐ鯉のぼりそのまま、見上げる犬もかわいいです。

「鯉のぼりと犬」「桃太郎」

「鯉のぼりと犬」


新井三重子作  両作品ともに ¥10500


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
虎の門病院、脳神経外科山田医師との出会い 1
手術の予約までした兵庫医大でしたが、虎の門病院の山田医師に連絡してみようと、最後の望みを胸に、フィルムを持ち帰ってきました。
山田医師は、ご自身のHpで広く患者に門戸を開かれ、メール相談を受け付けてらっしゃいます。

早速、記載されているアドレスにメールを出しましたが、もどってきてしまいました。
いたずらメールが多くてうけつけないのかなあ・・これは電話してアドレスを聞くしかないなと病院に電話しました。システムとして、2段階で対処しているのだろう、病院に電話すればアドレスを教える様になっているんだろうと想像しました。

最初の受付の方はこちらの事情を話すと間髪を入れず、「脳外科につなぎます。」
今度は男性の方が出てこられて「先生は診察中なので少しお待ち下さい。」
えっ、先生が直接出てこられるの?私はあわてて「アドレスを教えて頂くだけでいいんですが・・・」と言うと「あっ、診察終わりました。先生に代わります。」
アッという間にご本人の先生が電話口に出てこられ「はい、山田です。」
代理の方がアドレスを伝えるシステムになっているんだろうと思っていたのに、診察中の先生が・・・と本当に恐縮してしまいました。

先生はアドレスを教えて下さったばかりか、「どんな症状ですか?」と聞いても下さり、どんな相手かも分らないのに、迅速で親切な対応には、感激しました。
メールに、これまでの経緯と症状、また手元にフィルムがある事などを書いて、直ぐ送りました。

虎の門病院食事12/3朝

虎の門病院 入院7日目 2006/12/3朝
何とパンです。1週間も経ってご飯とパンを選択出来る事を知った私。看護師さんが言うのを忘れてたそうな・・・。

「バナナの木」と「キャンディタフト」・・・トアロードリビングスギャラリー
神戸元町のトアロードリビングスギャラリーでお花が次々と満開に!
バナナの匂いがする事から「バナナの木」と呼ばれる「カラタネオガタマ」、花びらの色も質感もまさにバナナを連想させます。

カラタネオガタマ


スタッフのSさんが、お宅から持ってきて下さった「キャンディタフト」
「忘れな草」の代わりにいただきました。砂糖菓子のような姿形なのでこの愛称がついたとか・・・かわいいですね。

キャンディタフト


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


春の京都
15日、日曜日、京都美術館横の疎水は、お花見客でにぎわっていました。
だいぶ散り始めていますが、まだまだきれいです。花吹雪が舞うなか、屋形船なども出ていましたね。

京都疎水


美術館を出たあとは、すぐ近くの「ギャラリー唯」に寄りました。
シャープでモダンな「稲垣明子さんの器」やフリルが特色の「アキノヨーコさんのガラス」などを楽しみました。

稲垣明子の器

アキノヨーコのガラス


その後は、市バスで銀閣寺まで移動、「なすび」というカフェで美味しいカフェオレを飲んで一服、(稲垣明子さんのカップです)

カフェ「なすび」

また、河原町へもどって、「村上重本店」のお漬け物を買って、京都の一日は終わりました。

村上重本店のお漬け物


ここは1832年創業の老舗で、素材の持ち味を生かした伝統の味はさすが、美味しくて飽きがこないです。京都に行くと必ず買って帰ります。

ギャラリー「唯」
京都市左京区岡崎円勝寺町 グランドヒルズ岡崎神宮道102
TEL  075-752-0348
京つけもの「村上重本店」
京都市下京区西木屋街四条下る船頭町190
TEL 075-351-1737
カフェ「なすび」
京都市左京区浄土寺石橋町41-1
TEL 075-752-0747

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
【2007.04.17】 私の周辺
TRACKBACK(0) // COMMENT(1) []
「大エルミタージュ美術館展」・・・京都市美術館
京都市美術館で開催されている「大エルミタージュ美術館展」、昨日出かけてみました。80点の作品の中で、日本人の好きなモネ、ルノワール、ピカソ、ゴーギャンが各1点づつ出展されていて、この種の展覧会の「客寄せパンダ作戦」は相変わらずだなあと思いました。

印象に残った作品をご紹介、まずドンゲンの「春」、真っすぐにこちらの心に飛び込んできました。大胆な構図と春らしい色彩、何か日本っぽい感じもします。

エルミタージュ美術展4


マルケの「マントンの港」、パステル調の色彩と、静(入り江)と動(入港してきた船)の対比、奥まった入り江の向こうに広がる街並みすら想像できて、楽しいです。

エルミタージュ美術展6


ランブレールの「待ち合わせ」、ゴーギャンの「果実を持つ女」、ルーセルの「バッカスの勝利」
「待ち合わせ」はロートレックを思わせるような色使いで、真ん中の柱で仕切られた構図も面白く、印象に残ります。
「バッカスの勝利」も、鮮やかな「橙色」の強烈さと、雲にまで躍動感があり、惹き込まれます。

エルミタージュ美術展3


ボナール、見ていて楽しくほのぼのとなるので、結構好きです。
「汽車と荷船のある風景」「ヴェルノン近郊のセーヌ川」
汽車も煙も、そして手前の女の子もかわいい。
セーヌ川と空の色は、彼独特の「淡いピンク」が素晴しいし、手前の装飾的な草と、大きな力強い木々が好対照で面白いです。

エルミタージュ美術展1


エルミタージュ美術展2



出ました、アンリ・ルソ-!
この人も必ず1枚は出展されますね。日本人好みなのかしら?
止まって動きのない人物と、張り付いたような葉っぱ、「動」のない世界ですよねえ。でも印象に残るのななぜ?

エルミタージュ美術展5


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.04.16】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
原種のチューリップと「ペーパードール」
ベランダガーデンが、活気を呈してきました。
可憐な原種のチューリップが咲き始めています。鮮やかな黄色の6枚の花びらのうち、3枚の表側が赤という面白いグラデーションです。
15センチくらいの高さしかなく、茎も細くてかわいいですよ。

原種のチューリップ


アイビーも大好きで7~8種類育てていますが、中でもこの「paperdoll」(ペーパードール)は、「葉型の定まらないおかしなスタイル」がとても気に入っています。
名前もかわいいでしょ?

アイビー「ペーパードル」



【2007.04.11】 花と植物
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
ケールの菜の花
今週の「らでぃっしゅぼーや」にケールが入っていました。
花があまりにかわいいので、写真撮りましたよ。

ケールの菜の花

青汁の材料として有名なケール、ジュースにしなくとも野菜そのものとして味わう方が美味しいです。ビタミンの宝庫なので、栄養を逃がさないよう、シンプルな調理でいただきましょう。
この時期だけ食べられる、旬の野菜、滋味があって美味しい!
レシピ↓
1.縦に切り、茎の部分のみ軽くゆでる。
2.さっと炒める。軽く塩か醤油で味付けする。

天ぷらにしてもいけます。

ケールの炒め物


脳下垂体腫瘍(のうかすいたいしゅよう)・・・兵庫医大 8
2006年9月1日、兵庫医大、「緊急性はない」と再び先生の言葉。
また「ここの病院は下垂体腫瘍の手術を、年間30から40件行っています。ここらへんで1番とは云わないけど、2、3番目に多いです。」と安心感を与える様に続けました。
そしてまだ迷う私に、「一応予約をしておいてキャンセルしてもらってもいいですよ。」と穏やかに云われました。
ここで予約しておかないと、また外来に来て一から出直しだ。9月25日の予約を取り、診察室を出る。

診察室を出ると、もう誰もいない待ち合いはガラーンとしています。
1番ってどこかなあ?たぶん阪大病院か近大病院だろう・・などど考えながら、でもこのままでは帰れないという心の声が聞こえてくる。
視神経に接している部分と、左海綿静脈洞(かいめんじょうみゃくどう)に伸びている腫瘍は残すという基本的なスタンスは分った。2名の一流の脳外科医が口をそろえて云うのだから、この手術の基本はそうなんだろう。
でも、これでは納得はできない。このままあきらめたら、きっと後で後悔する。もう一度頑張ってみよう。ダメなら仕方がない。
ここには、今2枚のフィルムがあるのだ。

待ち合いで、じっと立ち尽くす私を、けげんな顔で見ていたであろう受付の方と目が合いました。
「すみません。看護師さんを呼んで頂けますか?」
不審顔で診察室から出てこられた看護師さんに「中央市民から借り出してきたフィルム、返した方がよくないでしょうか?」
私が兵庫医大を選択したと思ってらっしゃる看護師さん、「そうですね。もう返した方がいいかもわからないですね。先生に聞いてきます。」
少し待って再び出てこられた彼女、手にフィルムを持っています! やった・・・。
「先生は、こちらで撮ったものがあるので、いいとおっしゃってます。」
「有り難うございます!」

さっきまであんなに迷っていたのに、会計を済ませて、兵庫医大を出た時は、「これを虎の門に送ろう、山田医師に診てもらおう」と決意が固まっていました。
フィルムを大事にかかえ、再び取り戻した希望に、足取りも軽くなった私。
方向性は間違っていないという確信がありました。

そして、この日が兵庫医大に行く最後の日となりました。

虎の門病院食事12/2夜

虎の門病院 入院6日目 2006/12/2夜
「チンゲン菜としめじの炒め物」どろどろになってます。あと「魚みそ漬焼き」「キャベツ塩」「あさりとミツバの吸い物」「バナナ」

マンサク(満作)と忘れな草・・・トアロードリビングスギャラリー
昨日、元町のトアロードリビングスギャラリーに行くと「マンサク」が満開、紅い花が咲きこぼれていました。
黄色が一般的で、紅は珍しいそうです。たくさんの花をつけるところから「満咲く」と云われたのが語源とされ、六甲山でも多く見られるそうです。
一方の青いかわいい小花は「忘れな草」、三木市のエクステリア「風雅社」のオリジナルです。

マンサクとわすれな草

トアロードリビングスギャラリーのスタッフSさん、「退院したら差し上げるわね。」って言ってらしたんですが、忘れてたみたい。
今度ご自宅からもってきて下さるそうで、楽しみです。

わすれな草


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

脳下垂体腫瘍・・・鼻からの脳手術
鼻からの手術ってどんな感じかというと、以下のイラストの様になります。(虎の門病院資料から)
下垂体が頭の真ん中奥に位置しているというのがよく分かりますよね。
開頭するより鼻からアプローチする方が近く、また脳に触る事なくいくつかの骨を切るだけで下垂体に到達できるので、より安全で患者に負担をかけない「優しい手術法」といえます。

経蝶形骨洞手的手術

で、私の腫瘍がどんな形をしていたかというと、またまた下手な絵で恐縮ですが、イメージとして以下の感じだったろうと思います。
(上が正常な下垂体、下は私の腫瘍)

間脳の視床下部からつながった下垂体が、腫瘍によって下から圧迫されペラペラになっています。
下から押し上げた腫瘍は視神経(視交差)をじりじりと圧迫しています。
また、下垂体と海綿静脈動(かいめんじょうみゃくどう)の間には「しきり」があって普通は突き破る事はないのに、私の腫瘍は元気あまってか、左しきりを破り4本ある内頸動脈の1本をぐるりと巻き込んでしまっています。

下垂体腫瘍の図


動眼神経など3本の視神経と血管を巻き込んでいる腫瘍、この部分を触る事は出来ないと医師達は云います。
今となっては良く分るのですが、「脳外科医」はこの部分は触らず残し、あとを「内分泌医」や「放射線医」にゆだねるのが、一般的で常識的な判断なのだそうです。

神戸元町・・・ネコのいる美容室
JR元町から5分、元町センター街から一筋北の通りに「サシュ」という美容室があります。
オーナーの和田さんの腕の良さと、アットホームな雰囲気が気に入って、もう4~5年カットしてもらってます。多方面に知識が深く、一般的な美容師さんのイメージと少し違う和田さんですが、ひん死の野良猫を助ける心優しい方でもあります。
結局そのネコ達は、お店に居着く様になり、今では「看板ネコ」として、店の隅でいつも幸せそうに寝ています。
もともとがノラで、スタッフ以外にはなつかず、ひっそりとおとなしく寝ているので、ネコに気が付かないお客さんも多いそうです。

美容室サシュの和田さん


和田さんがいなくなる夜も、冬は暖房、夏は冷房とエアコンは常時作動、お店がお休みでも世話をしに出勤されるそうで、ネコちゃん達にとってまさにお店は「ホーム」となりました。
カットしてもらってる間、安心して寝ている彼等を見るのは、こちらも心癒されます。

美容室サシュ

アシスタント椿野さんのシャンプーもとっても気持ちいいですよ。

神戸市中央区元町通り1-9-2-2F 078-331-0528

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.04.03】 私の周辺
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。