クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
梅ジュース5日目・・・ほぼ出来上がり
漬けた翌日、お酢を少量加えたところ、一気に溶け始め5日目でもうこの通り、ほぼ出来上がりです。
底に少し角砂糖が残っていますが、あと2~3日くらいかな?


梅ジュース4日目


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーサイト
【2007.06.28】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
手作り梅ジュースの作り方・・・簡単で美味しい!
こあみなか本店(小網中)といえば、神戸では通の方によく知られたお酒屋さんです。目利きの店主さんが選ばれたワイン、日本酒の数々が店内を埋め尽くしています。
雑誌などにもよく登場されます。私のHpの「Favoriteコーナー」にもご紹介しようと思いながら、お酒にうとい私ですので、ついつい後回しになっています。すみません。

今年も「梅ジュース」と作ろうと3キロ注文、今日配達して頂きました。
梅(和歌山の南高梅)の新鮮さはさすが、取り合いになるというのもうなずけます。

レシピ↓
1.梅はさっと洗ってよく乾かす。(黒いへたは爪楊枝で取り除いておく)
2.広口ビンに梅を入れて、その上にロック用の大粒の氷砂糖をばらばらと入れる
(梅と氷砂糖は同量)
3.毎日、何度か上下にふって、全部の梅に溶けたシロップがいきわたる様にする


梅と梅ジュース


途中経過、ご報告しますね。
2~3週間で、出来上がると思います。

「こあみなかさん」の奥様は生徒さんでいらっして、お忙しいなか、熱心にレッスンに通われています。
梅と氷砂糖以外に、あら、びわが入ってる・・・それも大粒の枝付き、早速熟したものから冷やしていいただきました。今年初のびわ、美味しかったです。ご馳走様でした。

びわ

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2007.06.24】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
虎の門病院、入院への準備
2006年10月12日、虎の門病院入院課より電話があり、入院に関しての詳しい説明を受けました。後日資料も送られてきました。

ベッドは、個室、2人部屋、4人部屋の3種類で、入院時に空いているベッドに入るしかなく、希望通りにはいかないらしい。私は4人部屋の希望を伝えましした。
また、コインランドリーがないらしく、これは大問題。遠方の患者のために業者が出入りするそうで、兵庫医大ではあったのに、虎の門みたいに大きな病院で何でないの?
そこに頼むしかないが、薄いものはお風呂で洗って、パジャマやタオルはたくさん持参しようと、気持ちを切り替えて、少しでも楽しい入院生活にすべく三宮や元町に出かけては、お気に入りのグッズを探しました。

結局パジャマは6枚、ガウンは2枚、バスタオルやフェイスタオルも5~6枚づつ買いそろえ、病院内で履くスリッパもビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のサンダルで足取りも軽く・・なんて考えてあれこれ買っていくと、荷物はサムソナイトの海外10日仕様の大きなものに、パンパンになってしまいました!

結局洗濯は、入院したその日に看護師さんから、「色落ちする上に、LがMになってしまう程の縮み」と聞いて、入院前から「洗濯はしてあげるよ」って云ってくれていた従兄弟の奥さんや、東京在住の友人Zさんの厚意に甘える事になりました。
普段パジャマは毎日洗う私ですが、さすがにそうも出来ず入院中は2日間、同じものを着ていました。

お茶も、紅茶や緑茶、ハーブティーなどたくさん持っていきましたが、飲めたのも手術前だけ、術後はしんどくて冷たいペットボトルの水ばかり飲んでいました。
やはり、当たり前ですが、入院と旅行は違います。何とか楽しくと思ってそろえていったもろもろのグッズでしたが・・・。

虎の門病院食事12/6夜

虎の門病院 入院10日目 2006/12/6夜
「全粥」「おでん」「うずら豆甘煮」「春菊のお浸し」おでんの大根だけでも食べられるかと口にしたが、無理。結局みかんだけ食べる


モネ大回顧展・・・東京国立新美術館
12日、13日と東京に行ってきました。
12日は術後の半年検診で虎の門病院へ、13日はモネ展。
検診では思わぬ展開があり、改めてこの病気の奥深さと複雑さに、気持ちを引き締めて帰ってきました。詳しくはまた後日に・・・。

さて「モネ展」です。
以前のフランス旅行のさい、オランジェリーやオルセー、マルモッタン美術館でモネを見てきましたが、今回は国内外のモネが大集結とあって期待して行ってきました。

「積みわら」「睡蓮」「ポプラ並木」「ルーアン大聖堂」など連作が多く、色彩や光の妙が比べられて、好企画でした。
年齢と共に変化していく作風、モノの形より「光による色彩の変化」へと傾倒していくさまがよく分ります。
写真のように正確に描く写実風から、次第にぼやけていく輪郭、水に移る陰への執着、実像より陰の方へと動く視点、陰の方がむしろ実像に見えてきたりする。
うつろう人生を表現したかったのか、次第にかすんでくる視力と闘うなかで、実像と陰のあいまいさに惹かれていったのか・・・。

国立新美術館

モネ展


外来で6~7時間待ったりして、疲れて帰ってきた東京行きでしたが、ぜひにと云われ、父の従兄弟宅に泊めてもらってきました。
「東京行きの時は会おうね」と云っていたのに、連絡できなかった皆様(かつての生徒さん、入院仲間)すみませんでした。
でもこれからも半年に1度は検診に行く事になりましたので、またその時はお付き合い下さい。
よろしく・・・です!

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.06.17】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
坂田敏子さんのニット展・・・トアロードリビングスギャラリー
坂田敏子さんのニット展が、元町トアロードリビングスギャラリーで開かれています。昨日行ってきましたが、東京でしか買えないとあって、大勢の人でにぎわっていました。
布の素材を生かしたシンプルなカットソーや、個性的なパンツなど、上質な中にも遊び心がいっぱいで、とても素敵でした。
6月17日まで開催されています。


坂田敏子のニット



人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


フレンチレストラン「コムシノワ」・・・神戸メリケンパーク
先日の日曜日3日に、中・高校時代の友人4人とランチしました。
場所は、ホテルオークラの直ぐ南、神戸海洋博物館の2階の「The Ocean」
神戸では昔からの老舗のフレンチレストラン「コム・シノワ」の系列です。

5人そろうのは5年ぶり、私の快気祝いをかねての久しぶりの「集い」となりました。
家族、旅行、病気の話などなど・・・話題はつきなかったですが、何よりみんな健康で元気で良かったなあと思います。

オークラホテルと云えば、先日、藤原紀香さんの披露宴で話題となりましたが、私達の恩師も出席されてたそうです。みんなテレビで見たとのこと、私は見逃してしまったので残念でした。
体育のK先生、当時若くて人気のあった方でした。見たかったなあ。

レストラン「オーシャン」


「オーシャン」のお料理


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2007.06.05】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
虎の門病院、脳神経外科山田医師との出会い 5
2006年9月、山田医師との電話を終えた私は、思わぬ新展開にしばし呆然となってしまいました。「ほとんど取れる」という先生の言葉は、私にとってはまさしく目の前が開けた感じで、何軒もの病院巡りの末にやっと巡り会うべき医師に辿り着いたんだとの感慨が押し寄せてきました。

「リスクを考える」も何も、この先生に間違いなどあろうはずもないし、手術を直裁に勧めはしないものの、言葉の端はしにあまり遅くならない方がいいと・・・助言して下さっているではないか。すべてをおまかせしてこの先生に手術してもらおう・・と心の底から決意が固まったのでした。

それ以後は先生とメールで何度かやりとりし、11月以降いつでもいいとの事だったので11月27日入院、12月4日手術と決め、保険証の写しなどをファックスで送って入院手続きも代行して頂きました。
一度も外来に行く事もなく、先生に一度もお会いする事もなく、紹介状もいらず、電話とメールだけで手術が決まった事に、私のみならず周囲もびっくりしていましたが、患者の負担を軽減させようとの先生の配慮は、本当に徹底していました。

入院までの間、お忙しい先生ともう一度話す機会がありました。
先生が入院手続きを代行して下さったとはいえ、事務の方からなにがしかの連絡はあろうかと待っていた10月、何も連絡がないので、不安になって病院に電話したのでした。すると、またもや「脳外科につなぎます。」
えっ、ひょっとしてまた出てくるのでは・・?
「診察中なのでお待ち下さい。」
「入院の確認をしたいだけなので、先生出てこられなくていいんです。入院課をお願いします。」
「山田が出ると云っています。お待ち下さい。」

あー、またもや忙しい先生を呼び出してしまった・・と思う間もなく、「まだ、連絡ないですか?」と山田先生が出てくるではないか。
もう、恐縮してしまって「すみません。申し訳ありません。」
先生は「ぼくが手続きしたけど、入院受付に電話して確認して下さい。それで間違いなかったら、もう一度ぼくに電話して下さい。心配だからね。」
もう頭が下がりっぱなしで、平身低頭してしまいました。
入院受付にかけると、そろそろ電話しようと思っていましたと云われ、少し長くなるので、改めてかけるという事で、無事入院の確認ができたのでした。
折り返し先生にかけると「良かったね。」

ほんとにこんな先生、いらっしゃるんですよ、信じられないでしょ?

虎の門病院食事12/6昼

虎の門病院 入院10日目 2006/12/6昼
5日の夜から水分と果物以外食べられなくなる。5日夜と6日朝は写す気力もなし。
「ひれかつ」「茄子の和風サラダ」「フルーツミックス」「キャベツ」フルーツだけ口にする。



月桃(げっとう)とブルーベリー
今日、元町トアロードリビングスギャラリーに行くと、月桃(げっとう)が開花していました。気品があってきれいですねえ。
ブルーベリーの実もたわわに実っていて、そろそろ食べ頃かな~~。

月桃とブルーベリー


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。