クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  8
2006年11月30日、虎の門病院入院4日目です。
6時半からのホルモン負荷試験は7時半に終了、朝食をはさんで、今度は「輸血部」に呼ばれました。手術に備えての「自己血採血」
虎の門病院では、自分の血で「手術中の輸血」に備えます。
献血から得られた血液を輸血するのは「同種血輸血」、自分の血を輸血するのは「自己血採血」といい、安全性の観点から「自己血採血」が推奨されています。

朝からさんざん採られたのに、さらに「400ml」の採血。
私の血管は針が入りにくいのですが、その上血も流れにくいらしく、「流れては詰まり」を3回も繰り返しての、必死の採血です。
担当のM先生の、「力をこめて握って。頑張って!」の励ましに、握り拳をするも、直ぐに痺れてしまい、休憩をしながら、何と30分もかかってしまいました。
男性の方など、10分くらいで退席していかれるのに・・。

血圧も採血中に変化、開始前は115、採血中は125、終了後は106でした。
M先生には「何回も手術して、輸血してるね。苦労したね。」と云われてしまいました。入院も手術も始めてなんですけどね・・。
「紀子様は、お産の時、1200mlも採血したんだよ。でも使わずに済んだんだって。健康なんだね。」
さて、私は使う事態になるのか、どうか・・。


虎の門病院食事12/9朝


虎の門病院 入院12日目 2006/12/9朝
「炒り卵」「アスパラサラダ」「かぶ味噌汁」「全粥」「牛乳」




ドラゴンフルーツ
らでぃっしゅぼーや」でドラゴンフルーツが来ました。
去年は果実が白い「ホワイトドラゴン」、今年は果実の紅い「レッドドラゴン」
目にも鮮やかな紅に、黒い胡麻粒のような種子がいっぱい。キウイとスイカの中間のような食感で、紅の方が酸味が少なく甘さが勝ってる感じです。
半分に割って、ひとつはそのままスプーンですくって食べ、もう一方は、ジュースにしました。


レッドドラゴン


レッドドラゴン


去年のホワイトドラゴンジュース↓

ドラゴンフルーツジュース


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2007.08.27】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  7
2006年11月30日、虎の門病院入院4日目です。
1.6時半にホルモン負荷試験
2.9時45分に自己採血

病院の朝は早い!
6時半から、早速、血液をジャンジャンと採られます。2時間寝たまま、腕に針を留置し、15分毎に6回も採血されます。1回づつ針をさされないだけマシですが、腕に針を留置されたままというのも気分良くありません。
今日の負荷試験は、GRF、 CRF 、LH-RH、 TRHの各負荷試験です。
難しいですが、整理すると以下の様になります。
成長ホルモン
視床下部(GRHあるいはGRF・・・成長ホルモン放出ホルモン)

下垂体(GH・・・成長ホルモン)

副腎皮質刺激ホルモン
視床下部(CRHあるいはCRF・・・副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)

下垂体(ACTH・・・副腎皮質ホルモン)

性腺刺激ホルモン
視床下部(LH-RH・・・性腺刺激ホルモン放出ホルモン)

下垂体(FSH、LH・・・卵巣刺激ホルモン、黄体化ホルモン)

甲状腺刺激ホルモン
視床下部(TRH・・・甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)

下垂体(TSH、PRL、GH・・・甲状腺刺激ホルモン、プロラクチン、成長ホルモン)

これによって、視床下部や下垂体の機能を調べたり、副腎皮質機能の評価、卵巣系の障害、甲状腺機能障害の原因、末端肥大症の診断などをします。
副作用として、吐き気、動悸、軽度の血圧上昇などがあるそうですが、私はいずれの検査でも全く何も感じず、気分が悪くなる事はありませんでした。

虎の門病院食事12/8夜


虎の門病院 入院12日目 2006/12/8夜
「和風ロール」「コマツナ煮浸し」「スパゲッティサラダ」「全粥」「茄子味噌汁」




タコライス・・・沖縄発祥
夕方、レッスンに来られたEちゃん、頭にかわいいハート型・・・すてき~~。
4~5日前、美容院でセットしてもらったそうです。

マタニ家のエミナちゃん

Eちゃんが「タコライス」を調理して下さるというので、M家におじゃましたのが先月でした。
「タコライス」は、タコスの具である挽肉、チーズ、レタス、トマトを米飯の上にのせた沖縄料理だそうで、チリソースが味の決め手となります。
始めて食べましたが、とても美味しかったです。Eちゃんがていねいに作る様子には感心しました。ごちそう様でした。

マタニ家のタコライス



こちらはラブラドールのカービーちゃん、M家のアイドルです。まだ6ケ月のやんちゃ盛りで、先輩ニャンコの3匹に厳しくしつけられていました。まだまだ甘えんぼさんです。

マタニ家のカービー


M家は以前にも登場しています。
【2007.08.25】 美味しいもの
TRACKBACK(1) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  6
2006年11月29日、虎の門病院入院3日目です。
1.7時に採血
2.7時40分に頭部CTスキャン
3.8時45分に眼科
4.15時に耳鼻科

下垂体患者は「脳外科」「内分泌」のみならず「眼科」「耳鼻科」にもお世話にならなければなりません。
腫瘍は視神経を圧迫しているし、手術は「鼻」からのアプローチだからです。

視野検査は昨日終わっているので、今日はその結果を聞くという事になります。
先生は、若い女性の方、私のカルテを見るなり「うわあ、なつかしい、神戸の方ですね。」
何と彼女、神戸出身で中高が女学院、神戸市立中央市民病院で研修医として勤務してらしたそうです。「この病気、中央市民でも診てもらったんですよ。」と私。入院してから神戸出身の方との遭遇は始めてです。

視野検査に異常はなく、この結果は神戸での結果と同じ、視神経に接しているのに視野は正常との診断でした。述後、再び検査して数値を比べるのだそうです。
ついでに「さかまつげ」も取ってもらい、「視野に関するアンケート」用紙をもらって引き上げてきました。

午後からは、「耳鼻科」こちらも女性の先生でした。
鼻の穴を検査、鼻中隔も異常なしとの診断で「鼻からの手術はOK」とのゴーサインが出ました。このM先生、なかなか迫力のある方で、鼻の奥までグイグイと押されるので痛い・・。
「どちらの鼻から手術ですか?」
腫瘍のフィルムを見ながら、「左の血管に伸びているので、多分右側からでしょう。」
なるほど、右の鼻からね、だんだんと手術への実感が高まってきました。

(脈拍64 体温36.3 血圧 114/70)

虎の門病院食事12/8昼


虎の門病院 入院12日目 2006/12/8昼
「フィッシュチャップ」「温野菜 キャベツ」「ペイザンヌスープ」「大根サラダ」「食パン」



もうすぐ発表会!
9月9日、ピアノ発表会を開きます。
出演される生徒さん達、仕上げに向けてラストスパートに入っています。

私もプログラムの最終校正に入っているのですが、今回、エクセルを使って自分で打ってみました。印刷屋さんからは、イラストレーターへの変換をと云われたのですが、どうしても出来なくて、結局版下は印刷屋さんにお願いしました。
表紙と裏表紙のデザインも自分で起こしてみましたが、フォントや微妙な違いの色など凝り出すと面白くて、楽しかったです。
完成したら、ブログにもアップしますね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.08.22】 音楽雑感
TRACKBACK(0) []
保育士試験・・・「幸せなら手をたたこう」ピアノ譜
「幸せなら手をたたこう」のピアノ譜、メロディーを弾かないバージョンを書いてみました。和音のみの伴奏で、歌いにくい面があるとはいえ、ピアノは簡単になります。
前奏も付けてみました。

以前、掲載させて頂いた「メロディーを弾くバージョン」も、前奏を付けて再登場です。
ご参考になさって下さいね。


「幸せなら手をたたこう」ピアノ譜1

幸せなら手をたたこう」ピアノ譜2

幸せなら手をたたこう」ピアノ譜3

スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  5
2006年11月28日、虎の門病院入院2日目、ホルモン検査のための血液検査を受けました。これ以後、術後も含めて数回の血液検査があり、「入院中は、ずっと血を採られ続けたなあ」という印象が強くあります。

ホルモンが分泌される仕組みというのは、
視床下部

下垂体

標的内分泌器官
という命令系統により、内分泌器官からそれぞれのホルモンが分泌され血液によって全身に運ばれます。ホルモンが正常に分泌されない原因は「視床下部」か「下垂体」のどちらかに問題があるという事になります。
もちろん、標的内分泌器官である「甲状腺」とか「副腎」とかに問題があってホルモン異常が起こる場合もありますが、そうであればその器官の治療になります。
私達「下垂体腫瘍」患者は、「視床下部」から「下垂体」に命令するホルモンか、あるいは「下垂体」から「標的内分泌器官」に命令するホルモンのどちらかが本来の動きをしていない事により、ホルモンが基準値に収まっていない可能性が考えられるのです。

28日に行ったホルモン検査は「ACTH・コルチゾール日内変動試験」というものでした。
下垂体から放出される「ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)」の命令を受けて、その結果副腎が放出する「コルチゾール」というホルモン、この2種の動きを見て、下垂体の機能を測ります。

「副腎」からコルチゾールというホルモンが分泌される仕組み

視床下部(CRH・・・副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)

下垂体(ACTH・・・副腎皮質刺激ホルモン)

標的内分泌器官「副腎」(コルチゾール)

(脈拍84 体温36.3 血圧 110/68 この日は私の誕生日でした)

虎の門病院食事12/8朝


虎の門病院 入院12日目 2006/12/8朝
「麩の卵とじ」「春雨のサラダ」「チンゲン菜とささみの炒めもの」「全粥」「たま葱味噌汁」
ご飯残しておかずだけ食べる



「お魚のトラットリア ヴィンサント」・・・魚介がいっぱい!
13日から15日まで実家に帰ってました。13日は、ランチを生徒さんでいらっしゃる「小網中酒店」(こあみなか酒店)のHさんとご一緒させて頂き、その後の帰省です。

灘区の国道2号線、徳井交差点西角にある「お魚のトラットリア ヴィンサント」
食通のHさんはご家族でよく来られるそうで、お魚の専門店です。
最近、雑誌に紹介されたとかで、夜は要予約だそうです。美味しかったです。


お魚のトラットリア ヴィンサント


前菜、パスタ、メインの¥1800のコース
「ヒイカのカルパッチョ」「タコと茄子のトマトソースパスタ」「ヒラメの香草添え」

お魚のトラットリア ヴィンサント コース1


「ヒラメのカルパッチョ」「エビとじゃがいものリゾット」「小鯛のトマトソース」

お魚のトラットリア ヴィンサント コース2


神戸市灘区徳井町4-1-3  TEL 078-643-4308
JR六甲道駅、阪神新在家駅より、ともに約徒歩10分

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.08.16】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
神戸元町のトアロードデリカテッセン・・・チーズケーキ
今日、友人と「トアロードデリカテッセン」でランチしてきました。
以前ご紹介した定番の「ミックスサンド」、今日もいただいてきましたよ。美味しいです。

さて、今回はシェフおすすめのチーズケーキに初挑戦してみました。
これがまた、素晴しく美味しい。フォークを入れるとすっと柔らかく入り、口の中に入れるとたちまちとろけてしまうふわふわ感・・・。上品で心地よい甘さにうっとりしてしまいました。濃厚なのに、後が残らないさわやか感。
上質なデンマークのチーズに、サワークリームを混ぜるのがコツだそうですが、何と「レシピ」もいただけるんですよ。
(ケーキセット ¥735)

テリカテッセンのミックスサンドとチーズケーキ


居心地が良過ぎて、2時間近くも過ごしてしまいました。
外へ出ると、照りつける太陽がすさまじい。栄町までぷらぷら歩いていくと、地面にかわいい「道しるべ」を見つけました。


ユニークな道しるべ


これから2週間程、盛夏が続きますね。でも「暑い時」はしっかり暑い方がいいかなって思います。
皆さん、お身体ご自愛下さいませね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


【2007.08.11】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
保育士試験・・・「幸せなら手をたたこう」ピアノ譜、第2弾
保育士試験の筆記が終わって、次はいよいよ10月の実技試験ですね。
以前「幸せなら手をたたこう」の簡単なピアノ譜を掲載させて頂きましたが、今回は左手を和音にして、少しレベルアツプさせてみました。
ご参考になさって下さいね。
「幸せなら手をたたこう」ピアノ譜


スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

アメイジンググレイス(ジャズバージョン)・・中、上級編ピアノ譜
アメイジンググレイス(Amazing Grace)の第3弾、少し長い(84小節)ジャズアレンジを書いてみました。
ゆったりしたテンポのバラードです。発表会など舞台用で弾いて頂いても、十分演奏効果があると思います。




楽譜(ピアノスコア)は、後日掲載させて頂きますね。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ


フィラデルフィア美術館展・・・京都市美術館
昨日、「フィラデルフィア美術館展」を観に行きました。
ウィークデイにもかかわらず、そこそこ混んでいます。じっくり鑑賞できるスペースはありましたが、週末はきっとだめでしょうね。


19世紀のコロー、クールベにはじまり、印象派を代表するモネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、そして20世紀のピカソ、カンディンスキー、マティス、デュシャン、シャガール、ミロ、キリコ、さらにホーマー、オキーフ、ワイエスなどのアメリカ人画家と、近代から現代までの巨匠がそろい踏みで、盛りだくさんの内容でした。

ピカソの「三人の音楽師」などのキュビズムの作品数点、オキーフの「ピンクの地の上の2本のカラ・リリー」など興味深い作品もありましたが、やはり私はセザンヌとかモネ、マティスに惹かれます。


フィラデルフィア美術館展のセザンヌ

セザンヌの「カルチエ・フール、オーヴェール」と「ジヴェルニーの冬景色」
左は立体感と平面感が混ざって、不思議な印象を受けます。家の石壁の色も雰囲気が出ていて好き。



フィラデルフィア美術館展のマチスとゴーガン

マティスの「テーブルの上の静物」と、ゴーガンの「聖なる山(パラヒ・テ・マラエ)」
マティスは、微妙なピンクやオレンジ、グリーンなどの色彩が大好きです。
出ました、ゴーガン! 独特の、鮮やかな原色に目が奪われます。盛夏向きかな?



フィラデルフィア美術館展のミロ

あまり好きではないミロ。抽象画は苦手です。でもこの「月に吠える犬」はかわいい!
以前バルセロナに行った時、待中にあふれるミロの作品に辟易したものですが、これはいいですね。


人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

【2007.08.01】 美術館巡り
TRACKBACK(1) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2