クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
ジングルベル・・・初級・中級ジャズ風ピアノ譜
クリスマスまで2ケ月弱、おなじみの「ジングルベル」をジャズ風にアレンジしてみようと思います。
初心者の方にも弾けるように、左手に和音を登場させない簡単なアレンジと、中級者の方のための少し難しいバージョンと、2種類書いてみました。

来週掲載しますので、お楽しみにね。 まずは、メロディーをどうぞ。



「ジングルベル」メロディー譜


スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


スポンサーサイト
北欧デザインのクリスマスグッズ
元町トアロードリビングスギャラリーで、「ヨーロッパのデザイン展が」が開催されています。
ドイツ・アッカーマン社のバッグ、ウォール社の銅製の湯たんぽ、そして北欧の伝統的なクリスマスグッズがたくさん展示されています。まさにシーズン到来ですね。


クリスマスグッズ1



「くるみ割り人形」
クリスマスグッズ2


右は「サンタのやじろべい」 下に落ちません。

クリスマスグッズ3


「生誕セット」

クリスマスグッズ5



クリスマスグッズ4


30日まで。期間後も一部のグッズは展示されるそうです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


大きくなった観葉植物
夏の間、ベランダに出していた観葉植物、そろそろ部屋の中に引っ越しです。
夏の日差しを浴びて大きく成長、ウンベラータもパキラも2メートル近くになりました。
ウンベラータは去年の春に買ったのですが、この木は成長が早いそうで、1年で何と倍の高さに・・・!ひょろひょろと伸びてスタンダードな形になりましたが、もうちょっと枝分かれするといいんだけどな。
夜は室内に入れて、日中はベランダで日光浴させていますが、移動がいささか大変な事になってきました・・・。


ウンベラータとパキラ


去年の夏の写真↓

ウンベラータ



「ポニーテール」のかわいい愛称で呼ばれる「トックリラン」↓


ポニーテール


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2007.10.21】 花と植物
TRACKBACK(0) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  12
2006年12月2日、虎の門病院入院6日目です。
ここ2~3日眠れない夜が続いていて、ついに昨夜はまんじりともせず、明け方にちょこっとまどろんだけになってしまいました。
目の前に迫って来た手術がストレスになっているのでしょう。

で、分かった事なんですが、夜間、看護師さんて「巡回」してらっしゃるんですよね。
懐中電灯を持って、何秒か顔を照らして、異常がないかしっかり確認しています。何回見回りされてるのか分からないですが、昨夜は2回まで確認しました。

お昼前に、同室のOさんが退院されていきました。
ナトリウム値がまだ基準値内に戻っていないのですが、家で安静にするという条件で退院の許可が下りました。
「月曜日の手術、頑張って下さいね。」と私を激励して、ご主人と共に病院をあとにされて行きました。「一人部屋」になってがらんとした部屋。うれしいような、寂しいような・・・。

今日は土曜日なので、診察はありません。
看護師のSさん、Mさんから、術前後の留意点について説明がありました。

1.手術当日は、朝一番から点滴。
直前にホルモンの補充の為の、筋肉注射を打つ。「ソルコーテフ」
2.手術中は、肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)を予防する為の、マッサージ器を両足に装着する。 「フロートロン」
3.術後は、肺炎予防の為に、「たん」を出す吸入器を5日間使用する。
毎食後1時間後に、15分。「ネフライザー」
4.術後は、尿の比重(尿の濃さ)を毎回測定する。
1.008~1.030、400ml以内が基準値。

入院して以来「尿」はずっと、溜めています。
下垂体は、尿のコントロールもしていて、手術で下垂体をいじる事により、この「坑利尿ホルモン」の分泌が障害され、多尿になってしまう事があります。ほとんどの場合は一時的ですが、長期にわたれば、ホルモン補充を余儀なくされます。

(脈拍78 体温36.1 血圧 112/78)

虎の門病院食事12/10朝


虎の門病院 入院13日目 2006/12/10朝
「田麩 タラ」「大根味噌汁」「和風サラダ」「全粥」「牛乳」



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


「柿沼忍昭展~日々遊化三昧」・・・たくさんのお地蔵さんに会えます
元町トアロードリビングスギャラリーで、「柿沼忍昭展~日々遊化三昧」が開催されています。
絵、座禅、精進料理をテーマに、ユーモラスなお地蔵さんと、柿沼さんの遊び心いっぱいの「禅の説法」が、楽しいです。(16日まで)



柿沼忍昭のお地蔵さん1



お地蔵さんがいっぱい・・・今にもざわざわと動きそうです。
右は「雪をかぶったお地蔵さん」

柿沼忍昭のお地蔵さん2



アハ体験ですよ。さあ、何の字が見えますか~~?

柿沼忍昭のお地蔵さん3




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


2008年度版「コーテッド」・・・COTED DESIGN GRAPHICS
コーテッドの手帳「Standig」、2008年度版を買いました。黒、赤に続いて今回はベージュです。(¥1680)

コーテッドの手帳2008年度版


マンスリーと、縦書きのウィークリーは例年通り。

コーテッドの手帳2008年度版マンスリーとウィークリー

2007年度版と違う部分は、
1.「ウィークリー」の同ページの中で「月が変わる表記」が入ったこと。
2.「YEAR MARK」なるページが入ったこと。

コーテッドの手帳2008年度版新規な部分

コーテッドの手帳 黒、赤、ベージュ


左の「GUILD」は、ウィークリーが横書きです。右はカバーと本体が別になっています。

コーテッドの手帳2008年度版いろいろ



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


ギリシャのおみやげ・・・はて何でしょう?
元町トアロードリビングスギャラリーのSさんから、ギリシャ旅行のお土産をいただきました。イオアニナという街のパン屋さんで買った、直径13センチ程の、木製のお椀のふたみたいなモノ。
はてさて何に使うかというと・・・パンにペタッと押して模様を付けるそうなんです。


ギリシャのイオアニア おみやげ

「鍋敷きに使ってね」とSさん。有り難うございます。

ギリシャのイオアニア パン屋さん



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  11
2006年12月1日、虎の門病院入院5日目です。
朝7時50分にMRI。今回は途中で造影剤を入れての3D画像撮影です。外来診察が始まる前の静かな病院のひととき。

8時半過ぎに病室にもどり、朝食を食べた後は何もなし。
なんとこれで今日は終わり!  あとは暇、ひまの一日でした。
ひたすら読書・・・。

夕方5時20分頃、山田先生と大山先生がいらっしゃるも、入浴中で会えず。
手術を3日後に控え、まだ執刀医と顔合わせをしていません。外来なしの入院なので、先生に一度もお会いしていないんですよね。
一度ナースステーションにいらした先生をちらと拝見した事がありました。
「あの方が山田先生だ」、電話で話しただけだった先生を始めて目の前にして、深い感慨が湧いてきました。引き締まった表情、意志の頑強そうな顔つき、想像していた通りの先生だった・・・。


入浴からもどって6時半頃、大山先生が単身現れました。
「左横にかなりのびているので、残す方針です。無理してとって神経に触ると、目の動きが悪くなりますからね。」
同じ話は福原先生からも前日聞いています。
ところでこの大山先生、山田先生の一番弟子だと思うのですが、ていねいに説明されるし優しいし、加えて若くてハンサム、病院内をさっそうと歩いてらっしゃる感じです。山田先生がぼそっ、ぼそっと朴訥に話されるのに対し、早口でよどみなくて対照的、次第に分かるのですが、山田先生のサポートをしっかりされていて実にいいコンビでした。

夕方、内分泌代謝科の竹内医師が福原医師を伴って現れました。
始めてお会いする竹内先生。
後ろにその他4~5名の医師を引き連れて、何事・・・と緊張してしまいました。まさに「白い巨塔」状態です。
「ホルモンは正常と聞いています。術後も、ホルモンが変わりなく正常に機能して、お帰ししなければならないですね。」ちょっと斜に構えた感じで、いや味に聞こえてしまいましたが、内分泌代謝科の部長さんです。

(脈拍72 体温36 血圧 100/60)
虎の門病院食事12/9夜


虎の門病院 入院13日目 2006/12/9夜
「若鶏レモン焼き」「高野味噌汁」「ブロッコリーソテー」「カニサラダ」「全粥」「りんご」




バロックコンサートとスイスディナー
先週土曜日、「神戸北野クラブ」でバロックコンサートを聞いてきました。
「神戸北野クラブ」は、西日本で一番歴史のある外国人クラブで、トアロードを真っすぐ北に上がった、どんつきにあります。

「チェンバロ」、「フラウト・トラヴェルソ」(バロックフルート)、「ヴィオラ・ダ・ガンバ」のトリオ。
チェンバロ以外の楽器は始めて見ました。「ヴィオラ・ダ・ガンバ」は、チェロの小型版といった感じですがで、チェロのように楽器を支えるエンドピンがなく、楽器を両脚に挟んで演奏します。
柔らかく、深い表情豊かな音色、小振りなのに音量も申し分なく、テレマン、バッハの曲に彩りを添えていて素晴しかったです。

バロックミュージックコンサート


音楽を聞いたあとは、スイスディナーのコース。
スイス料理は何年ぶりかな。生ハムの前菜、ヴィシソワーズ、肉、魚の両メインディッシュに、最後はドルチェが盛りだくさん・・・と、あまりのボリュームにちょっと食べきれませんでした。
特に、ワインとパンが美味しかったです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2007.10.02】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。