クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
夕焼け小焼け・・・ジャズアレンジピアノ譜(初級編)
童謡「夕焼け小焼け」初級編ピアノ譜を、掲載させて頂きます。

ハ長調の主要3和音である、C(ドミソ)F(ドファラ)G(シレソ)と、G7(シファソ)だけで成り立っているシンプルな曲を、ジャジー風に変身させてみました。
最後の小節の左手「ドのフラット」はペダリングに気を付けて、にごらない様に弾いて頂けるとうれしいです。




夕焼け小焼け・・・初級編ピアノ楽譜



スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



本の出張買い取り・・・BOOK・OFF(ブックオフ)
溜まりにたまる本・・・皆さんどうされてますか?
私は、最近図書館を利用してあまり買わないようにしていましたが、以前からの本が棚に山積みです。
年末に棚を掃除した際、思い切って200冊程処分する事にしました。

捨てるのはもったいないし、一度売ってみようかなと、BOOK・OFF(ブックオフ)に電話してみました。
50冊以上だと、「出張買い取り」に来てくれます。
若いお兄ちゃんが来て、てきぱきと10分程で査定終了、155冊買い取り、48冊引き取り不可となりました。

査定の基準は、
1.本そのものの中身はいっさい関係なく、表面の新しさ、きれいさのみで判断
2.バーコートが付くと料金アップ
3.日焼けや表紙が破れていると、引き取り不可
4.単行本 ¥100 ¥50 ¥20
 文庫本 ¥30 ¥20 ¥10
 雑誌  ¥10

要するに新しくてきれいな本ほど、高値がつくという事でした。
お兄ちゃん、ぱらぱらとページをめくることもなく、表面だけで査定してました。

左が売れた本、右が売れなかった本、しめて155冊で¥5140でした。



Book offに買い取り


今度、三宮に行った時サンプラザ地下1階のBOOK・OFFに行ってみようかな。
私の本、いくらで売るのかちょっと興味があります。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.01.19】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
平成19年度西宮市幼稚園教諭採用試験・・・2次試験の実際
1次→ 一般教養、専門教養
2次→ 音楽実技、絵本の読み聞かせ、身体表現と、面接

音楽実技
次の2曲より選択。
「人間っていいな」「村まつり」
[楽譜通り]と[スキップに変奏]の2スタイルで演奏します。
(神戸市より若干難しかったそうです)

絵本の読み聞かせ
3冊から選択。2分で切られます。

身体表現
「池であそぶカエル」
2分以内で表現します。

別室での予見、準備時間は5分。
楽譜と絵本が用意されています。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


夕焼け小焼け・・・ジャズ風にアレンジ
童謡「夕焼け小焼け」をジャズ風にアレンジしてみましょう。

ハ長調の主要3和音である、C(ドミソ)F(ドファラ)G(シレソ)と、G7(シファソ)だけで成り立っているシンプルな曲ですが、これをジャズ風にするには、和音を少々複雑にしていく必要があります。

初級編と中級編と、2曲掲載の予定です。
まずはメロディーをどうぞ。


夕焼け小焼け・・・メロディー譜


スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ




虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  17
2006年12月4日、ついに手術の日を迎えました。

午後1時開始に備え、手術服に着替えた私は、朝から絶食で点滴につながれています。
看護師のMさんが今日の担当。笑顔が「ペコちゃん」にそっくりで、いつもニコニコと優しく、私にとって最も話し易い看護師さんでした。
血圧を測定してから(130/64と普段より大幅に上昇)ストレッチャーに乗っていよいよ出発、ところが昼食に出た両親達が、まだ帰ってきません。携帯で電話するも応答なし。この日のために新しく買った携帯、「ろくに練習もせずに東京にくるからこんな事になるのよ」とさらに血圧は上昇・・・しているに違いない。
M看護師は何度も電話している私にじっと待っていてくれてたけど、「もういいです。すみません。」と出発する事にしました。

ストレッチャーに乗ると、筋肉注射を打たれます。
「痛い」と思わず声が出る程の強烈さです。同室のMさん(昨日より入院)に「行ってらっしゃい」と励まされて廊下へと押し出されました。
エレベーターを待っていると、遠くから母の声が聞こえてきました。M看護師に「帰ってきたみたいです。」と言うと彼女、駆け出して呼びに行ってくれました。
両親に「麦谷さん、何度も電話されてたんですよ。」 母、無言・・・。

松本看護師


ようやく全員そろってエレベーターで2階へと下りていき、順番を待ちます。
しばらくすると大きな自動ドアが開き、「では行きます。」とMさん。
家族一同の「頑張って!」の声に送られ、いよいよ手術本番です。入るとそこは長い廊下、両サイドにずらっーと手術室が並んでいる大きな空間でした。
ガラガラとストレッチャーは何度もドアをくぐり、ようやく手術室へと。真っすぐ一度も曲がらずに進んだので、一番奥に違いないと思うのですが、そこはシルバーとメタリック調にまとめられた、まぶしい程の近代的な広い部屋でした。
高い天井から手術用の照明がこうこうと照らしています。
テレビや映画などで見た手術の風景、自分自身がこんな形で横たわる事になるとは夢にも思わなかった・・・。
いったいこれは現実なのかしら?

ストレッチャーは手術台に横づけされ、自分の足で登ります。
手術台の方が高いので「よいこらしょ」という感じで、私はふらふらとしてしまい、看護師さんに支えられました。
もう、緊張感でいっぱいで、逃げ出したい気分です。
手術担当の看護師さんから自己紹介をされ、私の名前を確認、心電図のシールを張り、血圧計の帯を腕に巻き、酸素量を測るクリップを指先につけ、さらに肺血栓塞栓症予防のためのマッサージ器を足につけます。
140(血圧)という信じられない数字が目に入ってきました。
もう心臓が口から飛び出しそうです。

麻酔医の堀川先生が現れました。
「今から麻酔を入れますからね。」と口にマスクを当てられます。
知った顔に会うとホッとします。部屋の隅に大山先生の姿が見えますが、山田先生は視界にはいません。

「大きく深呼吸して下さいね。入りますよー」
息を吸うと、視界が波の様にぐらぐらと揺れました!
次に息を吸った瞬間、私の意識はなくなりました・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



坂田敏子さんのニット展・・・2008年2月、再び神戸で開催
「mon Sakata」坂田敏子さんのニット展が、2008/2/7から2/17までトアロードリビングギャラリーで開催されます。
2006/6に関西で始めて開催され、連日大盛況で評判となりました。

子供さんに買う服がない事から、ご自身で作り出したのがきっかけとなった、坂田さんのニット。ピンクやイエローではなく、子供といえどもアースカラーの飽きのこない上質なものを着せたかった・・という気概は、大人のモノだけを製作してらっしゃる現在にも受け継がれています。


著書も多く、雑誌「クウネル」などにも紹介されています。


坂田敏子のニットDM



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


新年おめでとうございます
昨年はご訪問いただき、有り難うございました。
ピアノアレンジのサイトのはずが、あっちこっち話題が迷走しているブログになっていますが、今年も懲りずに宜しくお願い致します。
皆様にとりまして、幸多き1年になりますようお祈り申し上げます。

私の年始年末はどうだったかというと・・・
クリスマスはどこへも行かず年賀状作成、合間をぬって暮れにかけて大掃除、大量にある本をかなり整理し、本棚も拭いてさっぱりとしました。
120~130冊、紐でくくって部屋に積み上げていますが、どう処分するか思案中です。
食器も戸棚から全部出して、棚をきれいに拭きました。
本を大量処分した続きで、食器もこのさいだと、いらないものは捨てちゃえ・・・。
どんどん戸棚から追放しますと、あらさっぱり、日常使っている食器と、あとちょこちょことしたものだけになってしまいました。

こうなると止まりません。
冷蔵庫も大掃除、電源を切って食品を外に出し、中も外もぴかぴかに拭きまして、ああ気持ちよく新年が迎えられると思いきや、翌日から何やらおかしい~~。
パワーが落ち始め、カチンカチンの冷凍モノがゆるんできました。10年過ぎてそろそろ替え時ではあるのですが、どうも掃除して壊してしまったらしい。

30日、三宮に走って星電社に駆け込み購入、大晦日に配達という顛末になりました。
配達のお兄さんに「きれいな冷蔵庫ですねえ」と云われてしまいましたよ。

そんなこんなで、大晦日にやっと実家に帰り、家族で新年を迎える事が出来ました。


2008年正月の重箱


ところが、毎年、母の手作りのおせちのはずが、今年は購入したと聞いてショック。
母が作ったのは、「黒豆」と「ごまめ」だけ・・・何でさぼるのよう??
元吉兆で働いていたという調理師さんによる3段の重箱は、見た目はとてもきれいで
そこそこ美味しいのですが、箸が進んだのは元旦の朝だけ、夜にはもう飽きてしまいました。
母は、美味しい、おいしいを連発して、来年に向けてしきりに牽制しておりましたが、お正月の楽しみがなくなった私はガックシ・・・「来年は手伝うからお願い」と云ってみようかなあ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.01.03】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2