クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
夕焼け小焼け・・・ジャズアレンジピアノ(中・上級編)
童謡「夕焼け小焼け」のジャズアレンジ、『中・上級編』の音源をどうぞ。
ピアノ譜は、後日掲載させて頂きます。






初級編ピアノ譜はこちらから
 


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



スポンサーサイト
ベルギーの花器と観葉植物
ベルギーの花器が好きです。
その中の一点で、生徒さん達にも「素敵ですね」とよくいわれるのが下の花器。
細い鉄の1メートルの支え棒に、5個のガラス瓶を縦に並べたアイデアもので、場所もとらず、なかなかおしゃれです。


ベルギーのラワーベース


整枝した時に切った観葉植物などを飾って、楽しんでいます。
ベンジャミン、コンシンネなど、すぐ根が出てきますよ。


根が出た観葉植物



元気な「フィロデンドロン」
つる性ですが、下へと伸びる様に仕立てています。
花器と共に存在感が出てきました。シルバー色のつやつやした葉が大好き!

フィロデンドロン「ヒメカズラ」


フィロデンドロン「ヒメカズラ」のシルバーの葉


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.02.26】 花と植物
TRACKBACK(0) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  19
2006年12月5日、手術翌日

「脳下垂体腫瘍」手術を受けた患者は、「観察室」と呼ばれるナースステーション目の前の病室で一晩過ごします。
「観察室」といっても普通の二人部屋と変わりなく、私も手術が終わってここに運ばれ寝ていましたが、早朝から同室の方の話し声で何度も目が覚め、そのつど気分が悪く、またうとうとまどろむを繰り返していました。

何時だったか忘れましたが、はっきり目が覚めた私は、起き上がろうとしたとたん気持ちが悪くなり、看護師のMさんが洗面器も持ってくるのも間に合わず枕元に嘔吐してしまいました。
血が相当混じった吐瀉物で、吐いたあとは少し楽になりましたが、後かたづけされてるMさんに「すみません、汚してしまって。」と謝ると、「大丈夫ですよ。それより昨夜は尿がほとんど出なくて心配しました。」と云われました。
あ、そうなんだ・・・尿管をつけてるんだった。
尿管に関しては、はかばかしくない話ばかりで、違和感が相当あるとか、早く取りたかったとか皆から聞いていました。
ん、でも私何にも感じないけど・・・???
付けてる感触もないし、ましてや違和感も全然です。
人によって違うんですね。もしまた手術する事があっても尿管に関しては心配ないなと妙に安心しました。

「じゃ尿管外して、朝食にしましょう。」とMさん。
外す時は少し痛かったですが、それもアッという間、Mさんに手伝ってもらいながら、手術着を脱いで暖かいタオルで身体を拭き、持参したパジャマに着替えました。
上半身を起し、運ばれてきた朝食を見てびっくり、パンや牛乳、サラダなどいつものメニューと何ら変わりありません。
ただでさえしんどいのに、食べる気力も出てきません。
ヨーグルトを少し口にしただけでギブアップしてしまいました。

その後、「じゃあ病室に戻りましょう。」
よろよろと立ち上がって、点滴を付けたままMさんに支えられてベッドから下りました。
歩き始めると、あら歩けるじゃない・・・とろとろながらも自分の足で歩いて病室へと戻ったのでした。


看護師のSさん

ただ1人の男性看護師Sさん、俳優みたいにハンサム! でも「看護師の鏡」のように立派な方です。またお話しますね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ





阪神御影市場「旨水館」の名物店・・・2
17日にご紹介した阪神御影市場「旨水館」の名物2店舗。

蒲鉾の「丸武」↓
いか天、れんこん、野菜揚げ、エビ玉の盛り合わせです。



「丸武」の蒲鉾4種


左は野菜揚げとれんこん、右はいか天。
野菜揚げ→すり身の中に玉葱がちらちら、甘くて柔らかいです。
れんこん→しゃきしゃき感が食欲をそそります。
いか天→たっぷり入ったイカとキクラゲが、見事にハーモニー。


「丸武」の野菜揚げ、いか天、エビ玉、れんこん



鶏肉の「とり鉄」
たまに「きも」を買います。苦手ですが、少しだと美味しく食べれます。
オリーブ油で生姜、にんにくと共に炒め、塩・胡椒でシンプルに味付け。
栄養面点ですね!


「とり鉄きも」炒めもの


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.02.19】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
阪神御影市場「旨水館」の名物店
阪神電鉄御影駅の高架下に、創業80年の伝統を誇る市場「旨水館」があります。
この手の市場の例外にもれず、ひっそりした時期もありましたが、最近は活気があって、私など行く度に、レトロで下町的な雰囲気が面白く、買い物の原点のような楽しさを感じています。スーパーでは絶対味わう事のできない感覚です。

そんな中、遠方からの客を惹き付ける店舗があります。
かまぼこの「丸武」と鶏肉の「とり鉄」
特に「丸武」は全国的に有名で、発送の方が小売りより多いんじゃないかと思う程の活況ぶりです。


「丸武」と「とり鉄」



「いか天」「れんこん」「野菜揚げ」は大好物で、車で15分程の距離を飛んで買いに行く私です。
シャキシャした「れんこん」、イカがたっぷり入った「いか天」、玉葱の甘みを活かした「野菜揚げ」、ほんとに美味しいですよ~~。


阪神御影市場の「丸武」



下段の「ひら天」はたくさん買って冷凍しておきます。
煮物などに使うといい出汁が出ます。


阪神御影市場の「丸武」の天婦羅


左から「錦揚げ」「れんこん」「いか天」↓


阪神御影市場の「丸武」の蒲鉾



こちらは「とり鉄」
淡路産の新鮮な地鶏のみを売っています。
甥っ子は唐揚げが大好物なのですが、ここのを使うと黙って出しても「あ、御影のとりや。」と分かります。
味が全然違うそうです。私は揚げ物はあまり食べないので、もっぱら「筑前煮」や「煮込みうどん、そば」に入れて楽しんでいます。



阪神御影市場「とり鉄」


「焼き鳥」コーナーはいつも人がいっぱい。
学校帰りの高校生がその場で買って食べてます。

阪神御影市場「とり鉄」の焼き鳥 


最近の一番の話題。
御影駅直ぐ北「御影工業高校跡」に建設中の、神戸最高層タワー「御影タワーレジデンス」。何と阪神百貨店が入居予定なんだそうです。
「御影市場はどうなるんや?」地元でもっぱらの噂です。

中には阪神百貨店に入居予定の店舗もあるらしいのですが、個人的には今の市場の有り様を変えないで欲しいと思っています。
あの市場だからこそ、買い物が楽しいんであって、百貨店食料品売り場に「丸武」「とり鉄」は似合わないと感じます。
「モダンなタワーの食料品売り場」と「レトロな昔ながらの市場」は共存しこそすれ、客の取り合いなどにはならないはずです。
それぞれに買い物の楽しさが違うのであって、同じ場所に全然異なる「ショッピングゾーン」があるのは反対に強みであり、今こそ両方を楽しめる時代になったのではないでしょうか?


今回を写真を撮らせてもらうのに、「お断り」を覚悟したのですが、2店とも全然OKでした。
「何に使うの?」とも聞かず、パシャパシャ撮影している私に、気を使って商売を中断して下さる程でした。
最近は肖像権とかうるさいのに、このあけっぴろげさとおおらかさは素晴らしいと思いました。いつまでも素朴な「御影市場」であって欲しいと願わずにはいられません。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.02.17】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
坂田敏子さんのしごと展 ”服と家具”
「mon Sakata」坂田敏子さんのニット展が、トアロードリビングギャラリーで開催されています。
飽きのこないベーシックなニット、パンツ、ジャケットを中心に、「これ、どう着るのかしら?」と考えてしまうような冒険心あふれるアイテムもあります。
連日、大変な人出でにぎわっていますよ。



坂田敏子のしごと展



坂田敏子のニット



今回、家具も1点展示されています。
ん、これ何?
サイズがばらばらな「ひきだし」が上から下までたくさん!
小箱が並んでる「飾り箪笥」のような感じです。



坂田敏子「ひきだし」


全体像はこんな感じ↓
「ひきだし」の上にはモノも飾れておしゃれ。
昔の「道具箱」の感覚を「現代の家具」へと引き継がせた遊び心が、さすがです。
お値段は27~28万で、ちょっと手が出ないですが・・・・。
(17日まで開催されています)


坂田敏子の家具


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


神戸に積雪・・・何年ぶり?
朝から雪が降り始め、午前中にはすっかり雪景色となった神戸、積雪だなんて何年ぶりかしら?

私は朝からレッスンでしたが、阪急六甲からのバスが運休してしまい、徒歩で登って来られた生徒さんもいましたが、車で来られる方の中で、お二人がお休みとなってしまいました。

車もほとんど走っていなくて、しんしんとした静かな土曜日でした。

ベランダから見た神戸大学↓


雪景色の神戸



植物もこのありさま・・・↓


ベランダも雪景色



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


【2008.02.09】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
土鍋を買いました・・・1回目から上手に炊けました!
滋賀県の「雲井の里釜」から土鍋を買いました。販売はトアロードリビングギャラリーです。「失敗しても何度も練習してね。」とスタッフのSさん。
早速炊いてみました。

1.1合に対し、水1カップ半で30分浸ける
2.強火で10分、吹きこぼれてきたら弱火にする
3.弱火で10分、火を止めて蒸らし10分


土鍋


おっかなびっくり蓋をあけると、何と上手に炊きあがっているではありませんか! 
うっすらとおこげらしきものも鍋底にこびりついて、1回めから成功だなんてすごい~~。


土鍋で炊いたご飯



味はふっくらしているのに「しん」がしっかり残ってる感じで、炊飯器に比べても遜色がないです。

で、昨夜2度目の挑戦をしたのですが、今度は失敗、浸け置きしないで、直ぐ炊いたところ(1合に対し、水2カップ)湿気を含んでベチャっとなってしまいました。

次回は「半合炊き」にも挑戦してみよう。何回も練習しないとね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.02.06】 美味しいもの
TRACKBACK(0) []
Sibelius(楽譜ソフトのシベリウス)のダウンロード方法
シベリウスのダウンロードの方法についてお問い合わせがありましたので、説明させて頂きます。

私が載せておりますブログ上の楽譜(スコア)をクリックして頂くと、別ウィンドウが開きます。
そこに、A4でコピー可能な楽譜が表れるのですが、シベリウスのソフトをダウンロードしないと見る事が出来ません。
そのためウィンドウの下に、スコアを見れない場合は、ここからSibelius Scorchプラグインを入手してくださいとあり、これをクリックして頂くとシベリウス社のサイトが開きます。

下の画面です。↓




「シベリウス」ダウンロード



左上の「ダウンロード」、中央の「Download」右真ん中の「Free download」のどこからでも入れます。
私のスコアからシベリウス社に入れない方は、直接このページ(シベリウス社のソフトをダウンロードするページ)にとんで下さいね。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ


虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  18
2006年12月4日、1時過ぎに始まった手術は5時過ぎにようやく終わり、私はナースステーション目の前の観察室へと移動されました。

6時半頃意識が戻った私に、それまで付き添っていた両親が声をかけてきました。
「ほとんど取れたって。東京に来た甲斐があったね!」と母。
「それじゃホテルに戻るからね」と父。
私が差し出した手をポンポンとたたいて二人は出て行きました。
朦朧としたなか「えっ、もう帰るの?普通はもうしばらく付き添うんじゃないの?」と苦笑いしながらも「東京に来た甲斐があったね。」という母の言葉がうれしく、私は再び深い眠りへと落ちていきました。


「東京に来た甲斐があったね。」
実は、母は東京行きに賛成ではありませんでした。
病気に縁がなく、健康そのものに過ごしてきた母にとって、病院・医師を選択するなどという事は範疇の外でした。
後から分かった事ですが、親戚や友人などにも愚痴を言っていたらしく、「本人の好きなようにさせた方がいいよ」とかえって助言されていたそうです。
私も当初は義妹に付き添いを頼むつもりでいました。
フットワークはこちらの方が格段に軽いし、洗濯も近くでコインランドリーを見つけてくれるだろうし、両親は留守番隊でいいと。
弟も了解し、夫婦で上京する事に決まっていました。

それをひっくり返したのは母。
弟の家族の留守を預かるのがイヤだったらしく(両親と弟一家は2世帯住宅)、父と甥っ子二人の面倒を見るのは大変と考えたらしい∧∧

「何で、こっちで手術しないの?」と母。
「何で、ほとんど取れないって言われてる病院で手術するの?」と私。
「お母さんが脳下垂体腫瘍手術をする時は、兵庫医大ですれば?」などとついついイヤ味も出てしまっていました。

こんな家族騒動があったので、手術後の母の言葉には、型の荷が下りた様にうれしい気持ちになりました。
やっと山田先生の偉大さが理解できたんだ・・・。
良かった、良かった。

ところが、
手術中デイルームで待っている間、入院仲間のYさんが両親につきあって下さっていろいろと話を聞いて下さったそうなんですが、その時も母は東京行きを愚痴ってたらしいんです。
何とまあ・・・。

お母さん、よっぽど東京に来たくなかったのね。


配膳風景

今日は何かなあ・・・楽しみな配膳の時間です




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ



ムンク展・・・兵庫県立美術館
「叫び」のイメージが強いムンク、今回出展されないものの、108点もの作品が一堂に会するとあって楽しみに行ってきました。

阪神岩屋駅から、HAT(ハット)の中のローソンで前売りを買おうと入店すると、何と今日で閉店・・・ハットって人口が減ってるのかしら?
駅前に戻って、サンクスで¥1100で購入して再びハットへ、徒歩6~7分で兵庫県立美術館に着きました。


ムンク展案内




ムンク展  兵庫県立美術館



ムンクの描く女性は、白、赤、黒の服装が多く、男性はおしなべて暗く、印象がうすいです。
白は清楚な少女、赤は成熟した大人の女性、黒は孤独で不安な女性を現しています。
愛、不安、絶望をテーマに、人間の誕生から死、そしてまた生へと転生するさまを追い続けたキャンバスからは、「生きる事の困難さ、苦しさ、それゆえに味わえる奥深さ」が感じられます。



ムンク展「red and white」「kiss by moonlight」



こんな明るい絵もありました。
右は、チョコレート工場の職員食堂を飾った壁画の1枚で、労働者の家庭を描いたものでしょう。
労働者讃歌ともいうべき明るい色調の作品群は、ムンクの新たな一面がうかがえて、楽しかったです。


ムンク展「the ladies on the bridge」「little children in front of the house」



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.02.01】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。