クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
暑中お見舞い申し上げます・・・毎日暑いです!

昨日生徒さんから、「ブーケ」をいただきました。
真っ白な「デンファレ」、涼しげでかわいい!

デンファレ



お気に入りのフレーム
こちらも夏向きにポストカードを入れ替えました。

お気に入りのフレーム


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



スポンサーサイト
【2008.07.30】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
「エリーゼのために」・・・簡単ジャズアレンジピアノ譜
ジャズ風「エリーゼのために」楽譜をどうぞ。
3段目の「ad lib」は自由なテンポで弾いて下さいね。初心者の方も、トライなさって頂けたらうれしいです。

真夏のひととき、ジャジーなエリーゼをお楽しみ下さい♪






「エリーゼのために」簡単ジャズピアノ譜

スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。
ダウンロード方法を解説しています。演奏も聞く事ができます。

シベリウス社ノ社のダウンロードページはこちら


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



「エリーゼのために」・・・簡単ジャズアレンジピアノ
ピアノ学習者なら誰でも一度は弾くであろう「エリーゼのために」。
新潟の方から、ピアノジャズアレンジ譜のご要望をいただきました。
メロディーは変えずに、和音を少しジャズ風にして、初心者の方でも十分弾けるように編曲してみました。スゥイングはしないですよ、バラード調で歌い上げて下さいね。

まずは音源をどうぞ。
楽譜は近日中に掲載させて頂きますね。









にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


東京赤坂「Bizタワー」・・・アトリウムでランチ
先週、虎の門病院に通院に行った折り、珍しく早く診察が終わったのでオープンしたての赤坂ビズタワーへ行ってみました。

高層ビルの横に建つ「アトリウム」という2階の商業施設~ショップス&ダイニング~がメインで、カフェやらレストランやら40店舗程入っています。


赤坂Biz タワー

赤坂Biz タワー


↓タイ料理の「ジム・トンプソンズ」
昔タイに旅行した時、ショップに行ってシルクハンカチ買ったっけ・・・。
ジム・トンプソンといえば、散歩に出かけたまま行方不明になり、
大掛かりな捜索にもかかわらず発見できなかったという、謎の多いアメリカ人だった。

赤坂Biz タワー「ジム・トンプソンズ」


↓地中海料理の「アネッサ」でランチを食べる

赤坂Biz タワー「アネッサ」


盛りつけからしてまずそう・・・。
東京で食べる度に思うんだけど、何でこれだけの施設でこんだけまずいのかなあ??
パンにいたっては論外、固くてボソボソって神戸ではあり得ない!
1200¥~1300¥も出したら、関西では美味しいランチはいくらでもあるけどなあ。

赤坂Biz タワー「アネッサ」

赤坂Biz タワー




今回スカイマークが運休になったので、代わりにJALで往復しました。
始発の7時15分発の飛行機に乗って、病院には9時半に到着、1時半過ぎには診察が終わってしまいました。
採血を終えて10時、MRIが11時予約だったのですが、ダメもとで受付に行くと10時があいていて直ぐ撮影に入る事ができました。結果、脳外科の待ち合いにも早く診察券を出す事ができ、それなりに順番も早く回ってきて、ラッキーでした。
でも私のあとからも次々と患者さんが詰めかけてましたから、山田先生、やはり大変ですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.07.18】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
7月にバラが咲いた・・・ピエール・ドゥ・ロンサール
「一季咲き」と聞いていた「ピエール・ドゥ・ロンサール」、何と7月になって数輪の花を咲かせました。びっくりです!
5月の時より、色もうすく品質的には落ちる感じですが、とても得した気分、こういう現象を「返り咲き」っていうのかしら?


7月のピエール・ドゥ・ロンサール


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.07.17】 花と植物
TRACKBACK(0) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  24
2006年12月6日、手術後2日夜

大山先生の話はさらに続きます。
「全摘ですが、細胞レベルではわからない。血管を巻き込んだ部分は要観察ですね。
1年に1回MRIを撮って様子を見た方がいいです。」

今後の治療をどこの病院で続けるか・・・の話になり、
私が「こちらで地元の病院を紹介して頂けるのですか?」と聞くと、「関西の病院はあまり知らないんですよ。」
続けて、「兵庫医大には、もう行けませんよねぇ。」と笑いながらズバリとおっしゃっいました。
私も思わず「ハイ、もう行けません」

結局「1年に1回くらいなら、こちらでお願いします。」という事になり、引き続き、虎の門に通院する事になりました。
患者が一番うれしく感謝してる一瞬を逃さず、これからの通院先の話をするなど、なかなかの方だなあと、退院してだいぶ経ってから気が付きましたが、後になってこの選択は大変重要だったと思い知る事になります。

それはさておき、優しく素敵な大山先生、人の機微にも長けてらっしゃる^^*
ほんとにコミュニケーション能力のある方ですよ!

全摘という、想像もしなかった結果をもらって、病室にもどった私は家族や友人達にメールを打ち始めました。
次々返ってくる返信を読みながら、高揚感と空腹(相変わらずご飯が食べれません)で目は冴えに冴え、寝付けない夜は続くのでした。


虎ノ門病院の食事 お粥
虎の門病院 食事
12/6の夜からお粥になりました。でも食は進まず・・。



鞍井博子先生退官記念演奏会・・・兵庫県立芸術文化センター
7月5日、大学の恩師、鞍井博子先生の退官記念演奏会がありました。
今春、37年間に亘る武庫川女子大での専任教授を退官され、その間150名にならんとする生徒を熱心に指導されてきました。
引き続き依託教授として生徒の指導を続けてらっしゃいますが、ひとつの区切りとして門下生一同でお祝いしようとの趣旨で、コンサートと祝賀会が催されました。

芸術文化センターの小ホールはほぼ満席、先生と数人の門下生によるコンサートは、素晴らしい演奏と、先生のお人柄からかもし出される心暖まる雰囲気で、会場全体が一体化していました。

門下生のすべての方が、えも言われぬ幸福感を感じたに違いないと思います。
先生への感謝と、門下生の一人である事に誇りを感じた、本当にうれしく記念すべき日でした。。。



鞍井先生退官記念コンサート



鞍井先生退官記念コンサート



祝賀会会場の、芦屋「ルパ・シノワ」
100人程の方が集合、こちらも多いに盛り上がりましたよ!

芦屋ルパ・シノワ


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.07.09】 私の周辺
TRACKBACK(0) []
ルノワール展・・・京都国立近代美術館
「ルノワール+ルノワール展」に行ってきました。
なぜダブルのルノワール?
印象派画家の巨匠「ピエール=オーギュスト・ルノワール」と、その息子である映画監督「ジャン・ルノワール」の、絵と映像の2本立てによる展覧会だからです。

映画は見た事のない作品ばかりでしたが、唯一「恋多き女」という作品に、イングリッド・バーグマンが出演していましたね。

で、好きな作品は、
「アリーヌ・シャリゴの肖像」
ルノワールのモデルから妻になったアリーヌ、
健康的で屈託のない笑顔に惹かれます。
イエローとブルーが夏らしくてステキ。

<ルノアール展「アリーヌ・シャリゴの肖像」


「ぶらんこ」
ブルーのリボンと、印象派らしい光の変化を現す地面が好き

ルノアール展「ブランコ」


「麦藁帽子の少女」
少女の洋服もバックも鮮やかな、緋色というか橙(だいだい)色、
ほおも口紅もすべて同じ色、鮮やかですね。

ルノアール展「麦藁帽子の少女」


「レ・コレットの農家」
こんな田舎に住みたいなあ。

ルノアール展「レ・コレットの農家」



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2008.07.01】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。