クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
来年もよろしくお願い致します
年末はばたばたと忙しく、更新もままならないまま大晦日を迎えてしまいました。

「虎の門病院入院記」も今だ終わらず、3年越しになってしまいました。何とか1月中には終わる様にしなければと思っています。

話変わって、フィギュアスケートの真央ちゃん、ハチャトリアンの「仮面舞踏会」をバックに素晴らしい演技でしたね。
この曲、「3拍子のズンチャチャ」がくどいくらいのコテコテワルツで、どちらかと言えばあまり演奏される事も少ないマイナーな存在でした。が、スケートのバックにはぴったり、水を得た魚のごとく生き生きと甦りましたよ。
あの8部音符の連符が緊張感を高め、トリプルアクセルへと誘い(いざない)ますし、1拍目の打楽器の重量感も、ジャンプを後押しするかのように観客をも引き込んで「勢い」を付けさせています。
面白いものですね。

新年のアレンジ譜第1弾は「仮面舞踏会のピアノ譜」を予定しています。
楽しみにお待ち下さいね。

では、来年もよろしくお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ


スポンサーサイト
【2008.12.31】 その他
TRACKBACK(0) []
トアロードリビングスギャラリーのクリスマス
元町「トアロードリビングスギャラリー」では北欧・ドイツのクリスマスグッズがたくさん飾られています。長い歴史から伝わってきた伝統的なものから、現代的なものまで、どれも可愛くてほのぼのします。

北欧・ドイツのクリスマス

北欧・ドイツのクリスマス

北欧・ドイツのクリスマス

切り抜き羊飼い↓
アイデアものですね。
北欧・ドイツのクリスマス

北欧・ドイツのクリスマス


「うるし塗り・土鍋」展も開催されていました。
仁城義勝さんのうるし↓
木地づくりからうるし塗りまで全行程を一人で仕上げていきます
うるし 


中川睦さんの土鍋↓
去年買いました。湯豆腐、野菜の煮物などに大活躍です。
湯豆腐の美味しさには感激でした!
土鍋

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
クリスマスキャロルの夕べ・・・室内合唱団「ヘーメルス」
昨夜、西宮聖ペテロ協会で行われた「ヘーメルス」のコンサートを聞きに行きました。
「ヘーメルス」は4声部構成で団員は15人程、毎年複数のコンサートを精力的に開催されています。
大学時代の友人(虎の門病院にお見舞いに駆けつけて下さったMさん)からご招待を頂いて、友人と二人で出かけてきました。
プログラムは「ルネッサンスのクリスマス」6曲と「世界のクリスマスソング」11曲。
どれも良かったですが、個人的にはウクライナやイギリス、フランスの曲が興味深かったです。
ジョン・レノンの「幸せなクリスマス」、「サンタが街にやってくる」のアレンジも素晴らしく、室内合唱の醍醐味を味わわせて頂きました。
会場も一緒に参加するコーナーでは、即興ながら見事なハーモニーが教会内に響き渡り、聴衆の中にも経験者が多いのだと思いました。

でも、聞くよりやっぱり歌った方が楽しいですね ��

ヘーメルス室内合唱団


聖ペテロ教会

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2008.12.15】 音楽雑感
TRACKBACK(0) []
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  32
2006年12月12日~13日、手術後8~9日

4時頃、大山先生からホルモン検査結果の説明がありました。
異常は認められないという事で一安心、今後は、術後1ヶ月、半年後の外来を経て、それで何もなければまた1年後とうスケジュールを示されました。

8時半頃、山田先生と福原先生が病室を訪れ「退院いつでもいいよ。」と、ついに退院の話が出ました。
喜ぶ私に、山田先生は「もやもやした所は経過観察ね」
手術の翌日は「横は残ったね」
MRI画像の折りには確か「やったね!」
血管を巻いていた腫瘍に対する対応が、微妙に違っていましたが、この時の私は全摘出と信じて疑っていませんでした。

翌13日、Iさんが手術されます。
4センチの巨大腫瘍が、何と全摘でした!
デイルームにいた私に、ご家族が皆さんでご報告に来て下さいました。
終了した直後だけに、奥さんは興奮気味で、「思わず山田先生の手を取ってお礼を言いました。」と感激されてました。
術前にご家族と話す機会があって、奥さんの横にいらしたお母さまが、心配とショックのあまり一言も言葉が出ず、この時も成功がにわかに信じられない様子で、まだ放心状態の様子だったのが、今でも印象に残っています。
Iさんは、下垂体機能低下症状も起こしており、成長ホルモンも副腎皮質ホルモンも低下しているとおっしゃってました。
でも術後はきっと回復されてるに違いないと・・・お元気に仕事されてると、確信しています。
(初回の手術でのホルモン正常化治癒率は、通常5~6割に対し、山田先生は8~9割)

虎の門病院食事2006/12/12朝

虎の門病院 2006/12/12朝
食パン、ツナソテー、レモンサラダ、


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
今からでもまにあう「簡単ジングルベル」ピアノ楽譜
もうすぐクリスマスですね。
去年はジャズバージョンの初級、中級編をお届けしましたが、今年は「超簡単ジングルベル」でいきましょう。
和音がない、シングルトーンのみの簡単レシピです�s�[�X



「ジングルベル」簡単ピアノ楽譜

スコアをクリックして別ウィンドウを開いて頂ければ、A4でコピーできます。始めての方は楽譜ソフトの「sibelius」をダウンロードなさって下さい。演奏も聞く事ができます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
平成20年度明石市職員(幼稚園教諭)採用試験
1次試験が10月25日、2次試験が11月30日に行われました。

#1次試験(筆記)
教養教養
専門教養
125人程受験→18人が2次へ進む

#2次試験(実技)
1.ピアノ演奏「バイエル102番」
2.歌唱指導「森のクマさん」
 5分の予見の後、3分程で歌唱指導する
3.8小節の両手初見演奏(ハ長調)
 左手伴奏に和音があったようです
4.表現
 今回は工作が出題。テーマは「12月の飾り付け」
 3~5分の時間内で子供に製作保育します
 用意されたもの・・・新聞紙、はさみ、折り紙、画用紙
 (私の生徒さんは、クリスマスリースを作ったそうです)
5.体育
 なわとび
 マット(前転、後転、側転)
 バスケのジグザクドリブル
6.面接
7.論文(1時間)
合格発表は12月末、最終的に5人が合格します。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
タワーリングインフェルノ
ここのところちょっと忙しくて更新がままなりません。
先週26日、富山に日帰りした折り、サンダーバードの車中でデジカメと携帯をびしょぬれにしてしまい、両方ともアウトにしてしまいました。
データは復活したものの、携帯は新しい機種に買い替えを余儀なくされ、デジカメはまだ買いに行けてません。

一方今日は、2年前に虎の門で手術した記念日。
同じ病気の方々(多分これから手術されるのでしょう)がよく見て下さっていて、それに励まされながらここまで綴ってきました。
それにしても2年は長過ぎますよね。何とか今年中に完了しようと思っています。

などといろいろ更新したい事はあるのですが、それは後日にして今日はちょこっと映画の話。
4日のBSで、「タワーリングインフェルノ」(1974年)が放映されていました。
先頃亡くなったポール・ニューマンを追悼記念して今週特集放送されており、久しぶりのノーカット版を懐かしく見ました。

改めてじっくり見ると、豪華なキャストにまずは贅沢な気分になります。
スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン、フェイ・ダナウェイ、ウィリアム・ホールデン 、フレッド・アステア、ジェニファー・ジョーンズ、ロバート・ヴォーン、ロバート・ワグナーなどキラ星のごとくです。よくこれだけ揃えたものですね。
元妻の殺害事件の被疑者となったことでも有名O・J・シンプソンも出演していて、ジェニファー・ジョーンズの猫を救い出してフレッド・アステアに託す最後のシーンは、印象的です。

34年も前に制作されてるのに、今なお新鮮さを失わずパニック映画の元祖ともいうべき存在であり続けるのはさすがです。
私はこの作品と、「ポセイドン・アドベンチャー」がパニック映画としてはお気に入り、いい作品は時代を超えて残っていくものですね。

タワーリングインフェルノ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ


【2008.12.04】 本と映画
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。