クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
フィレンツェの旅(2010/10)・・・ヴァザーリの回廊
ジョルジョ・ヴァザーリによって造られた、ウフッツィ美術館とピッティ宮殿を結ぶ、「ヴァザーリの回廊
観光客でさざめく頭上を、1キロもの長さで続く「空中の回廊」は、一般公開されることなく、「からっぽの美術館」として佇んでいます。
窓を見上げながら、いつか訪れてみたいと思いましたが、個人旅行では無理でしょうね。団体では予約可能な時もあると聞きました。


ヴァザーリの回廊


時として、権力者というのは、壮大で面白いものを造ります。
敵からの逃げ道としての「戦略的」意味合いもあったろうし、居住地から執務室へ、通り抜ける便利さもあったろう。
民衆への「権力を誇示」する象徴として、上から見下ろすコジモ一世を想像する時、それが、たかだか450年程前のことにしか過ぎないと思うと、人生の栄光とはかなさに、思いを馳せてしまいます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト
【2010.11.23】 イタリア旅行
TRACKBACK(0) []
フィレンツェの旅(2010/10)・・・ドゥオモ周辺の、喧噪
フィレンツェの観光の中心である、ドゥオモ周辺。
10月末のオフシーズンというのに、観光客であふれかえり、土産物屋やカフェやらと、喧噪おびただしい。

ドゥオモ↓
ドゥオモ

ドゥオモ

ジョットの鐘楼↓
ジョットの鐘楼

八角形のサン・ジョバンニ礼拝堂↓
ドゥオモ


10月25日夜、フランクフルト経由で、フィレンツェ入りました。
真冬の寒さにびっくりしながら、タクシー待ちの列に並びます。
ホテルまで12~13分、25ユーロ支払って、7泊予定のホテル「プリンチペ」へと、到着。
久しぶりのヨーロッパに期待は膨らみます・・・。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

【2010.11.16】 イタリア旅行
TRACKBACK(0) []
「受胎告知」いろいろ・・・やはり傑出しているダヴィンチ
多くの画家によって描かれ、世界中の美術館で所蔵される、「受胎告知」の数々。
今回の旅行でも、さまざまな「受胎告知」を見ました。

フラ・アンジェリコ↓
(サン・マルコ美術館)
フラ・アンジェリコ 受胎告知

ボッティチェリ↓
(ウフッツィ美術館)
ボッティチェリ 受胎告知

シモーネ・マルティーニ↓
(ウフッツィ美術館)
シモーネ・マルティーニ 受胎告知

そして、レオナルド・タ・ヴィンチ↓
レオナルド・タ・ヴィンチ 受胎告知


やはり、タ・ヴィンチは天才の中の、天才。
天使ガブリエルの、マリアに告げる顔つきの「決然」としたさまには、強い意志を感じます。見据えた眼差しは、見る人を惹き付けて離しません。
背景の糸杉や、ガブリエルの足下の繊細な花々などの美しさには息を飲みますし、ガブリエルの羽の「克明さ、精巧さ」は、まさに鳥そのもので、今にも飛び立ちそうな印象を持ちます。
他の画家の「飾り物っぽい羽」とは、根本的に違うもので、やはり「科学者」として「飛行」にこだわったのでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2010.11.11】 イタリア旅行
TRACKBACK(0) []
晩秋のフィレンツェ
10月末、フィレンツェへ旅してきました。
アルノ川沿いのプチホテルに7拍し、シエナ、ピサへも足を伸ばした、1週間でした。
写真を中心に、少しずつアップさせていただきますので、おつきあい下さいませ。


ウフッツィ美術館から臨む、ベッキオ橋↓
アルノ川

アルノ川

ベッキオ橋↓
アルノ川

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2010.11.04】 イタリア旅行
TRACKBACK(0) []
| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。