クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
2011年度芦屋市保育士試験
9月に2次試験が実施され、先日合格発表がありました。
33名の受験者中、合格者は3名(確定ではない)、生徒さんのHさんは、見事合格となりました。

1.音楽実技
2.体力実技
3.保育実技
4.個別面接

音楽試験の内容
①「とんぼ」の弾き歌い。提示された楽譜と違う伴奏でもよい。
(まずピアノで指弾したのち、弾き歌い)
②童謡6曲中から1曲を選択して、弾き歌い。
(Hさんは、「焼き芋グーチーパー」を選択)
行動のテーマに合わせて、自由に曲を選択して弾く。(楽譜は用意されていない)
 「歩く」 Hさんは「散歩」をマーチのテンポで弾く。
 「走る」 Hさんは「ちょうちょう」を速いテンポで弾く。
 「スキップ」 Hさんは、その場で即興。
 「ギャロップ」 Hさんは「おうまはみんな」を弾く。
④CDによる演奏「散歩」をもとに、子供に合奏指導をする。
 大太鼓、カスタネット、タンブリンなどの楽器が用意され、それらを自由に使う。
⑤「とんぼのめがね」の歌唱指導

神戸市は、バイエルの中から1曲を弾くだけの試験ですが、芦屋市は盛りだくさんで、レベルの高さに驚きました。ふだんから、弾き歌いのできる「童謡レパートリー」を多く持っていることが必要ですね。

体力試験内容

①腹筋、背筋、それぞれ30秒
②前転、前転、開脚前転、開脚前転
③縄跳び(前跳び、後ろ跳び、2重跳び)
④フラフープ、ボール、縄跳びなどのツールを使っての、対象年齢を決めた体育指導。
 Hさんは「汽車遊び」を設定、駅や踏切を想像させて、指導実技を行いました。

保育実技内容
「グリとグラ」の読み聞かせ。

個別面接内容
面接官は5~6人で、15分程の内容。
Hさんは、現在神戸市保育所にでアルバイトとして勤務しており、それに関する質問もありました。
①職場の先輩からもらったアドバイスは?
②職場で、印象に残ったエピソードは?
③今までに、学業以外でがんばったものは?
などなど

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
スポンサーサイト
アムステルダム「猫の博物館」
20011年7月1日
ガイドブックに出ていた「猫の博物館」をのぞいてみることにしました。普通のアパートメントが博物館に様変わりしたという感じのお屋敷で、館内は広々としています。

猫の博物館

いたるところに、猫グッズがいっぱい↓
猫の博物館

立派な彫像もありますよ↓
猫の博物館

猫の博物館

ソファにも猫の置物かと思ったら、動き出してびっくり↓
猫の博物館

帰りの受付で、先ほどの猫が、でんと構えていました↓
猫の博物館


3匹の「本物の」猫が住んでいるそうです。
猫好きのオーナーが世界中から収集した、ありとあらゆる猫グッズ(絵画、ポスター、彫刻等)で埋め尽くされている、風変わりで面白いスポットでした。
時間があれば、どうぞ~~。
トラム16・24・25番「KEIZERS GRACHT」駅から徒歩3分  
住所 Herengr.497  10時~16時(土・日曜は12~17時)月曜休み

| BLOG TOP |
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。