クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
脳下垂体腫瘍・・・神戸市立中央市民病院の判断
MRI、視野検査、血液検査の3点セットがそろったところで、2006年8月17日、2回目の脳外科を受診しました。前回の若いドクターから、40才前くらいと思われるドクターに担当が代わっていました。
「左の海綿静脈洞内(かいめんじょうみゃくどう)に腫瘍が広がっています。この部分は横から切って取り出し、縦の部分は鼻からかき出しましょう。」と、ご自身の耳の横部分をたてに切るジェスチャーをしながら、おっしゃいました。耳の横部分をたてに切る・・・?えっ、じゃあ開頭手術もするって事・・・?
鼻から手術して、開頭もする、そんなに私の症状は重症なの・・と言葉を失って先生を凝視しました。
先生は続けて、「今、手術したばかりの下垂体患者が入院しています。」とご自身が執刀された様に話されます。私はかろうじて、「良性ですよね?」と尋ねると、「開けてみないと分りません。」
この腫瘍は99%良性であるので、確かに残りの1%の可能性がないとは言えないですが、それにしても、もうちょっと言いようが・・・。
で、血液検査の結果を見ながら、「薬物治療で腫瘍が小さくなる可能性もあるから、内分泌を受診して下さい。」

下垂体は、ホルモンの司令塔だから、私がホルモン異常を起こしていれば、薬物治療は私にとって朗報足り得る、で、私は、わらをもつかむ思いで、次なる内分泌を受診しました。
こちらのドクターも40才前後の方でしたが、私の血液検査結果を見て、すぐさまこう云いました。「プロラクチン値は正常なので、薬物治療は効かないですねぇ。手術しかないと思います。」で、そのあと「K先生は、プロラクチン値、見落としたのかなあ?」と云いにくそうにおっしゃいました。
私も今となってはよく分るのですが、何種類かあるホルモンの中で、薬物治療で劇的に小さくなるのは、プロラクチン異常で発生する腫瘍のみなのです。

私は、手術が避けられない事、それも頭を開き、鼻からもアプローチするという大変なものになるという事実を背負い込んで、うちひしがれて、病院をあとにしました。
始めての手術が脳手術、後遺症が出る可能性だってないとはいえない。

この当時を振り返ってみると、頭の手術が空恐ろしくて、目の前の事実を受け入れる事だけで精一杯だった様な気がします。

toranomon-6.jpg

虎ノ門病院 入院3日目 2006/11/29昼 麻婆豆腐もわかめスープも味が濃くて、病院食とは思えない・・サラダとりんごが美味しかったです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

こんばんわ。下垂体腫瘍で検索して、初めてブログを読ませていただきました。私も1月初旬に人間ドックでついでに頭部MRIを受けたところ、この病気という結果がでました。筆者の方と同じく本当に青天の霹靂でした。あまりのことにまだ家族にも話せていません。とにかく確実な病院で精密検査を受けなければと逡巡するうちに2週間がすぎてしまいました。それで虎ノ門病院で手術されたようですが、神戸の病院から転院された理由など教えていただければ幸いです。
【02.05】 URL // yuki #FrflliSw [編集] []
yukiさん、はじめまして。
どんなにか驚かれた事でしょうね。お気持ちよく分ります。
でも、発見されてよかったですよ!腫瘍は、年にmm単位とはいえ、大きくなっていくのですから、少しでも早く動き出した方がいいに決まってます。
まずは、ご家族に話されて、今後の進み方をよく話し合う事が弟1。みんなで協力して情報を集めないと・・。
この病気は珍しいので、大きな大学病院でも「年間数例の手術」というところがほとんどです。
私も神戸で、3つの病院を受診しましたが、どこでも結局、全適が不可能と言われました。私の腫瘍がとりにくい形だったためです。
で、もっと高い技術と豊富な経験を持つ、スペシャリストを探して、行き着いた先が「虎の門病院」の山田正三医師でした。年間250例以上もの下垂体腫瘍手術を執刀してらっしゃいます。
yukiさんの腫瘍がどの程度の大きさなのか、またホルモン異常を起こしているかによっても違ってきますが、1回目の手術で腫瘍が残ってしまうと、放射線治療とか薬物治療で残存腫瘍を取り除いていかなければならなくなります。
2回目以降の手術になると、腫瘍が固くなるそうで、手術の難易度が増すとも聞きました。ですので、1回目にいい医師に手術してもらうのが、最善の選択となります。
いろいろ不安でしょうが、情報を集めて前に進んでいって下さいね。
私の話でよければ、お電話でできる限りの情報はお伝え出来ます。078-802-5225、夜はたいてい在宅していますので、ご遠慮なくどうぞ!
頑張ってくださいね!!
【02.05】 URL // kazuyo #- [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/266-c77daee6
腫瘍について-病気の恐ろしさを見るHP
腫瘍腫瘍(しゅよう, tumor)とは、もともと単に「腫れ上がる」という意味である。しかし、この言葉はしばしば(悪性であれ良性であれ)異常な組織 (生物学)|組織(tissue)増殖を意味する。悪性腫瘍(malignant tomor, cancer)は近傍の組織を進入、破壊し、転移 (医学)|転移
病気の恐ろしさを見るHP 【2007.02.17】 []
腫瘍について-病気の恐ろしさを見るHP
腫瘍腫瘍(しゅよう, tumor)とは、もともと単に「腫れ上がる」という意味である。しかし、この言葉はしばしば(悪性であれ良性であれ)異常な組織 (生物学)|組織(tissue)増殖を意味する。悪性腫瘍(malignant tomor, cancer)は近傍の組織を進入、破壊し、転移 (医学)|転移
病気の恐ろしさを見るHP 【2007.02.22】 []
脳下垂体について
脳下垂体下垂体(かすいたい)または脳下垂体(のうかすいたい)とは、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器|内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。
脳の知識 【2007.02.24】 []
脳下垂体について
脳下垂体下垂体(かすいたい)または脳下垂体(のうかすいたい)とは、脊椎動物の体に存在する器官のひとつで、多くのホルモンを分泌する内分泌器|内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がのびてぶら下がっているように見えることからこの名がある。
脳の知識 【2007.03.03】 []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2