クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
脳下垂体腫瘍・・・病院巡りの日々 4
2006年8月10日、兵庫県立成人病センターへ行きました。私にとって3番目の病院です。
ここは、兵庫県におけるガンセンターの役割を持つ専門病院という位置づけで、脳外科は悪性の腫瘍を中心に治療しています。
先生も「セカンドオピニオン」的に話をするというスタンスで、私の病状に対する所見は、「鼻からアプローチできる。ただし、視神経に接している部分と、血管を巻き込んでいる部分は触る事はできないので、残さざるを得ない。」というものでした。
ただ、私がホルモン異常や視神経傷害を起していないので、「手術するかどうか悩ましいところですね。」とおっしゃいました。手術に伴う合併症のリスクを考えると、今直ぐに手術の決断をするのはどうか・・といったニュアンスでした。
下垂体をいじる事によって、正常だった下垂体を傷つけ、一時的に機能傷害を起こさせたり、場合によっては下垂体不全に陥る危険性だってある。下垂体後葉から産生される抵利尿ホルモンに異常が起きると、尿が出過ぎる「尿崩症」になるし(20%)、麻酔による合併症もあるし、かれこれ13もの合併症があるらしい。

「鼻からアプローチできる。」という見解は有り難かったですが、合併症の事は考えもしなかったので、今現在、症状が出ないで健康に過ごしている私が、手術する事によってかえって何らかの症状が出る可能性があるという指摘に、また悩みが増えた感じでした。

K先生は、ていねいに説明して下さったので、かれこれ1時間近くも経過してしまいました。
最後に手術の打診をすると、現在「手術したばかりの下垂体患者」をかかえているので、すぐの手術は無理であると云われました。
この患者さんは、7cmもの大きな腫瘍をかかえ、片目は見えない状態で、1回目の手術は成功したものの、再度の手術が必要なのだそうだ。
7cmもの巨大腫瘍は先生も始めて見た・・とおっしゃってましたが、自覚症状(目が見えない)はあっただろうに、何で発見が遅れたのか不思議に思いました。
一応次回の外来を予約したものの、手術しても腫瘍の全摘出は不可能であること、それに伴うリスクの存在も大きい事が分って、ますます落ち込んで病院をあとにしたのでした。明日の兵庫医大では、何と云われるのか・・悶々として、眠れない夜が続きます。(診察料  ¥2160)

虎の門病院食事11/30朝

虎ノ門病院 入院4日目 2006/11/30朝 しっかり味のついた「揚げのショウガ煮」、せめてブロッコリーは薄味でいいのに・・・。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
【02.19】 // # [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/270-f36d001c
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。