クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院、脳神経外科山田医師との出会い 5
2006年9月、山田医師との電話を終えた私は、思わぬ新展開にしばし呆然となってしまいました。「ほとんど取れる」という先生の言葉は、私にとってはまさしく目の前が開けた感じで、何軒もの病院巡りの末にやっと巡り会うべき医師に辿り着いたんだとの感慨が押し寄せてきました。

「リスクを考える」も何も、この先生に間違いなどあろうはずもないし、手術を直裁に勧めはしないものの、言葉の端はしにあまり遅くならない方がいいと・・・助言して下さっているではないか。すべてをおまかせしてこの先生に手術してもらおう・・と心の底から決意が固まったのでした。

それ以後は先生とメールで何度かやりとりし、11月以降いつでもいいとの事だったので11月27日入院、12月4日手術と決め、保険証の写しなどをファックスで送って入院手続きも代行して頂きました。
一度も外来に行く事もなく、先生に一度もお会いする事もなく、紹介状もいらず、電話とメールだけで手術が決まった事に、私のみならず周囲もびっくりしていましたが、患者の負担を軽減させようとの先生の配慮は、本当に徹底していました。

入院までの間、お忙しい先生ともう一度話す機会がありました。
先生が入院手続きを代行して下さったとはいえ、事務の方からなにがしかの連絡はあろうかと待っていた10月、何も連絡がないので、不安になって病院に電話したのでした。すると、またもや「脳外科につなぎます。」
えっ、ひょっとしてまた出てくるのでは・・?
「診察中なのでお待ち下さい。」
「入院の確認をしたいだけなので、先生出てこられなくていいんです。入院課をお願いします。」
「山田が出ると云っています。お待ち下さい。」

あー、またもや忙しい先生を呼び出してしまった・・と思う間もなく、「まだ、連絡ないですか?」と山田先生が出てくるではないか。
もう、恐縮してしまって「すみません。申し訳ありません。」
先生は「ぼくが手続きしたけど、入院受付に電話して確認して下さい。それで間違いなかったら、もう一度ぼくに電話して下さい。心配だからね。」
もう頭が下がりっぱなしで、平身低頭してしまいました。
入院受付にかけると、そろそろ電話しようと思っていましたと云われ、少し長くなるので、改めてかけるという事で、無事入院の確認ができたのでした。
折り返し先生にかけると「良かったね。」

ほんとにこんな先生、いらっしゃるんですよ、信じられないでしょ?

虎の門病院食事12/6昼

虎の門病院 入院10日目 2006/12/6昼
5日の夜から水分と果物以外食べられなくなる。5日夜と6日朝は写す気力もなし。
「ひれかつ」「茄子の和風サラダ」「フルーツミックス」「キャベツ」フルーツだけ口にする。



| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/319-af0aacf9
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2