クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
自由な動きを楽しめる4の和音、登場


「楽しくジャズアレンジ」
テンションの16回目です。
ジャンジャンジャーンの1、5、1の和音進行に、4のドファラをはさんでみましょう。さあ、どんな響きに変化したでしょう?5から1への強い流れがちょっと柔らかくなったように感じますね。4のドファラは、ドミナント・コードほど、1への強い流れを持たないのでサブドミナント・コードと呼ばれます。

次に1、4、1の和音進行を弾いてみましょう。とても穏やかで落ち着いたサウンドになりますね。曲の最後にこの進行がくると、「アーメン終止」といって、教会音楽などによく使われます。では、今度は1、5、4、1だと、どんな響きになるでしょう?

jazz-23.gif


5から4への流れが、「きれいではない」ですね。唐突に変わった感じで、ぎごちなさを感じます。で、この進行は、原則としてあまり使いません。ただ、逆にこの「不自然な流れ」がピッタリあてはまるメロディーもあって、1、4、5、1に慣れた耳にとって新鮮に響いたりするので、面白いです。

さあこれで、コードの3つの大きな役割が分かりました。
<トニック・コード> <ドミナント・コード> <サブドミナント・コード>
以前ジャズ風にアレンジした「茶色の子瓶」を、この1、4、5で和音づけしてみましょう。次回をお楽しみに・・・・。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo



【2005.09.13】 和音の基礎
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
kazuyoさ~ん!おはようございます。

私たまにはこちらへお邪魔して・・・・・
自分を取り戻さなくては・・・・・
自分を見失っちゃいそうで・・・・・・笑 


ウチの息子1は幼稚園生なのですが
去年の担任の先生は私のお友達の門下だったの。
何だか・・・・・狭いですよね。それは・・・・・少し後になって
知ったんですが。

去年はこの先生が私も子供も大好きだったので
色々しちゃいましたよ。

秋の歌に【きのこのうた】というのがあるのですが
面白い歌詞とメロディーなのに
あまりにつまらなそうにピアノの伴奏弾いているので
わたくし・・・・余計なことをしちゃいました。

めちゃめちゃポップに編曲して・・・・・
レコーディングして・・・・
ディスク作って・・・・
プレゼント~!

保育参観の時にはそれを再生してくださり
みんなで大合唱! 盛り上がりました。


学期末には【おもいでのアルバム】を アダルトポピュラー
バージョンに編曲し、楽譜とディスクプレゼントしました。
が・・・・先生には難しすぎて弾いては
いただけなかったのですが・・・・


仕事としてやると・・・・面倒だな~とか
思うんだけど・・・・
こういう気持ちでやると楽しいですね!
kazuyoさんの講座も勿論みせていただいてま~す!



【09.14】 URL // まケ #- [編集] []
まケさん、ようこそ~。
「幼稚園の歌」をポップにしてディスク製作ですかぁ?
またまた思い切った事をされたんですね!そりゃ盛り上がると思います。
確かに、こういう時の編曲って楽しいでしょうね。気持ちよく分かります!
私も生徒さんの「幼稚園の歌」を、音名唱の練習に使ったりするんですが、
コードなしのメロディ譜のみで、♭3つの曲もあったりします。
先生には、伴奏譜が別にあるんでしょうね。

私もちょくちょく、まケさんちへおじゃまさせて頂いています。
フォントにこだわったサイトですよね!
私のは「講座」っておっしゃられると、お恥ずかしい限りです・・・。
これからもよろしくお願いします!



【09.15】 URL // kazuyo #- [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/33-5c35ce72
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2