クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  4
2006年11月28日、虎の門病院入院2日目、検査の嵐が始まりました。
1.ホルモン検査のため8時、12時、16時、23時と4回の採血
2.9時半に肺機能検査
3.15時に視野検査
4.16時にMRI撮影

前日9時より絶食、採血1時間前にはベッドで安静にして待機、その合間をぬって外来へ検査に行くというハードな1日です。それもスケジュール的に前もってお知らせしてもらえるのではなく、急に外来に呼ばれるので、おちおち席もはずせません。
「脳下垂体腫瘍」は外科的には脳外科なのですが、下垂体はホルモンの司令塔なので、内分泌にも関係してきます。
ベッド脇に張ってある「私の担当医一覧表」には、主治医が田口先生となっており、何で山田先生じゃないの?って思いましたが、最初は内分泌に入院という事なんですね。
内分泌入院→脳外科再入院というシステムです。

下垂体に腫瘍が出来るメカニズムとして、ホルモンを産生している細胞が増殖していく場合と、ホルモンを産生しない細胞が増殖していく場合とがあり、前者の場合はホルモン分泌に異常(多過ぎたり、少な過ぎたり)が起きている可能性が高く、述前に検査が必要となってきます。

普段意識した事のない「ホルモン」ですが、細胞間の情報伝達物質として、ストレスや環境の変化に対応し、身体を一定に保つ「ホメオスターシス」(恒常性)の役目を担っています。
同じ役割を持つものとして、「神経」と「免疫」がありますが、神経は外の環境に素早く反応するのに対し、免疫はゆっくりと身体を守ります。
ホルモンは時間軸としてその中間に位置し、体温やエネルギーを調整する事によって生体を統御、内分泌器官を中心に全身のいたるところで作られ血液を介して運ばれます。


代表的な内分泌器官

(出展 看護のための最新医学講座7)

| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/338-1c4da369
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2