クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  15
2006年12月3日2時、両親が従兄弟夫妻と共に病院に到着しました。
山田先生は「下垂会患者の会」に出かけられていて、「インフォームドコンセントは4時頃半頃になる」との伝言が、担当の看護師さんより伝えられます。

病院内の喫茶店で時間を過ごしたあと病棟に戻りますが、山田先生はまだ到着されていません。「代わって福原先生から説明します」との事で5人でナーステーションの中の小部屋に案内されました。
20分程私の病状の説明があり、「症状はまだ出ていないですが、手術をお勧めします。」の言葉で締めくくられました。
福原先生はていねいだけど、小さな声で抑揚なく話されるのであまり伝わってこないというか、やはりまだまだ若いなあという印象です。

終わってまたデイルームで待つ事しばし・・・5時半頃になってようやく山田先生が現れました。再び小部屋に入り、やっとインフォームドコンセントが始まりました。

私の画像を目の前に、「かなり大きい腫瘍です。下垂体を下から押し上げているので、下垂体はぺらぺらになっています。」
従兄弟夫妻は始めて目にする腫瘍の大きさにびっくりし、凝視していましたが、両親は無言のまま先生の顔を見つめるばかり。
下垂体がぺらぺら・・・そんなになって、よくぞ下垂体は正常に機能しているものだ、奇跡という言葉が浮かびます。

先生の話のポイントは次の様な点でした。
1.左に伸びた部分は血管(内頸動脈)をまきこんでいるので少し残す
2.血管の周囲には神経がたくさんあり、動眼神経に触ると眼が動きにくくなる。
一過性の場合が多いが、3ケ月程眼帯生活を余儀なくされる可能性がある。
「これはかなり辛いんだよねえ。」
3.一般的に血管を巻き込む腫瘍は残すとされている。
ここでは出来るだけ取る。神経を傷つけない様に腫瘍をどれだけ取るかのバランスが病院によって違う。

先生の話し方は、多少固く、慎重な言い回しであるものの、ひと言一言が重く、まぎれもなく真実として私の中に響いてきます。

片目の動きが悪くなり、モノが見えづらくなる・・・これには相当こたえました。
「先生、お願い、無理しないで。残ったっていいから目に後遺症が残らないようにして・・。」
私は哀願する思いで先生を見つめていました。

インフォームドコンセントはまだ続きます。

東京タワー


私の病室607号から見た「東京タワー」




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
人気blogランキングへ




| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/391-0e2ee8f7
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2