クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  17
2006年12月4日、ついに手術の日を迎えました。

午後1時開始に備え、手術服に着替えた私は、朝から絶食で点滴につながれています。
看護師のMさんが今日の担当。笑顔が「ペコちゃん」にそっくりで、いつもニコニコと優しく、私にとって最も話し易い看護師さんでした。
血圧を測定してから(130/64と普段より大幅に上昇)ストレッチャーに乗っていよいよ出発、ところが昼食に出た両親達が、まだ帰ってきません。携帯で電話するも応答なし。この日のために新しく買った携帯、「ろくに練習もせずに東京にくるからこんな事になるのよ」とさらに血圧は上昇・・・しているに違いない。
M看護師は何度も電話している私にじっと待っていてくれてたけど、「もういいです。すみません。」と出発する事にしました。

ストレッチャーに乗ると、筋肉注射を打たれます。
「痛い」と思わず声が出る程の強烈さです。同室のMさん(昨日より入院)に「行ってらっしゃい」と励まされて廊下へと押し出されました。
エレベーターを待っていると、遠くから母の声が聞こえてきました。M看護師に「帰ってきたみたいです。」と言うと彼女、駆け出して呼びに行ってくれました。
両親に「麦谷さん、何度も電話されてたんですよ。」 母、無言・・・。

松本看護師


ようやく全員そろってエレベーターで2階へと下りていき、順番を待ちます。
しばらくすると大きな自動ドアが開き、「では行きます。」とMさん。
家族一同の「頑張って!」の声に送られ、いよいよ手術本番です。入るとそこは長い廊下、両サイドにずらっーと手術室が並んでいる大きな空間でした。
ガラガラとストレッチャーは何度もドアをくぐり、ようやく手術室へと。真っすぐ一度も曲がらずに進んだので、一番奥に違いないと思うのですが、そこはシルバーとメタリック調にまとめられた、まぶしい程の近代的な広い部屋でした。
高い天井から手術用の照明がこうこうと照らしています。
テレビや映画などで見た手術の風景、自分自身がこんな形で横たわる事になるとは夢にも思わなかった・・・。
いったいこれは現実なのかしら?

ストレッチャーは手術台に横づけされ、自分の足で登ります。
手術台の方が高いので「よいこらしょ」という感じで、私はふらふらとしてしまい、看護師さんに支えられました。
もう、緊張感でいっぱいで、逃げ出したい気分です。
手術担当の看護師さんから自己紹介をされ、私の名前を確認、心電図のシールを張り、血圧計の帯を腕に巻き、酸素量を測るクリップを指先につけ、さらに肺血栓塞栓症予防のためのマッサージ器を足につけます。
140(血圧)という信じられない数字が目に入ってきました。
もう心臓が口から飛び出しそうです。

麻酔医の堀川先生が現れました。
「今から麻酔を入れますからね。」と口にマスクを当てられます。
知った顔に会うとホッとします。部屋の隅に大山先生の姿が見えますが、山田先生は視界にはいません。

「大きく深呼吸して下さいね。入りますよー」
息を吸うと、視界が波の様にぐらぐらと揺れました!
次に息を吸った瞬間、私の意識はなくなりました・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ



| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/403-2cb97856
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2