クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
虎の門病院「間脳下垂体外科」入院  21
2006年12月5日、手術翌日

「脳下垂体腫瘍」手術の合併症として「尿崩症(にょうほうしょう)と髄液鼻瘻(ずいえきびろう)があります。

#髄液鼻瘻
下垂体を囲むトルコ鞍と、その上の脳を境する膜が破損し、髄液が鼻くう内に漏れる症状で、腫瘍が大きい場合は必発で現れる。

#尿崩症
抗利尿ホルモンがの分泌が傷害され、多尿になる。術後数日間のみ認められ、一過性で終わるのが通常。「1回量400ml以上」「尿比重0.007以下」が危険水域。

手術翌日から、のどがからからに乾いて、ペットボトルが手放せなくなった私、基準が400ml以下のところ、500から600と驚く程の多尿になってしまいました。
比重は0.008から0.009あたりをウロウロ、0.007が出ないとはいえ、相当苦しいです。
また鼻も痛く、大きなガーゼの上からでも分かるくらい顔はパンパンに腫れています。
手術中、髄液も少量もれたようで、自己採血で作られた「血糊」で隙間を埋めているので、下を向かない、重いモノを持ち上げない・・と注意されています。

夜の食事は「焼き魚」「豆腐とカニのスープ」「米飯」
お粥じゃなく普通のご飯(何で??)、昼もカレーだったし、内蔵関連の手術ではないにしろ、ちょっと食べる気持ちにはなれないです。写真も撮る気力が出ません。
りんごを少しかじっただけで、全然減らないお膳を前にぼんやりしていると、山田先生が目の前に現れました。

「横は残ったね。でも相当(かなり強調されて)頑張って取ったよ。」
私はとにかくしんどいので、返事も「はあ-」としか言えず、そのまま無言状態。
先生は出ていかれる時も独り言のように「相当頑張ったんだよ。」と言われながら、来た時と同じように音もなく去っていかれました。


虎の門病院看板


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ





| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/426-a39d4386
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2