クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
本田美奈子さんを襲った白血病
昨日の安保 徹氏(あぼ・とおる)の講演の続きです。
安保先生は、本田美奈子さんの死去について、少し触れられていました。あの様な細い体で、目一杯頑張り過ぎたのが、原因の一端であろうと・・・。マスコミなどの報道を見ても、真摯に日々努力を積み重ね、過酷な舞台スケジュールをこなしていたと伝えられています。仕事に追われて無理を重ね、そこからくるストレスを抱え込んでいると、交感神経が緊張し、いつも交感神経優位の状態になってしまいます。彼女もそうだったのかもわかりません。

白血球には、細菌を貪食する顆粒球と、免疫を司るリンパ球との二種類があり、顆粒球を支配するのが交感神経なので、交感神経優位の状態になるという事は、顆粒球の過剰反応を引き起こすと同義になります。
顆粒球は、活性酸素の供出も行っているので、これが過剰に出ると、組織破壊を起こしてしまいます。胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、痔などがその典型的は病状です。
で、組織破壊の次には、再生上皮が破壊されるので、再生上皮の促進が起こり、ガン化に至ってしまうのです。
ストレスを受ける→交感神経の緊張→顆粒球の増加→活性酸素による組織破壊というプロセスなのですね。
本田美奈子さんのように、頑張って頑張っての結果がこの様な思わぬ病気という形になってしまったのならば、ほんとに哀しくて残念な事ですが、本人のやる気に、体がついていけなかったのかも分りません。
安保先生は、ほとんどの病気は自律神経のバランスの崩れから起こると述べられています。「一生懸命頑張る」と「十分に休養して、リラックスする」のどちらへも傾く事なく、日々の生活にメリハリをつけて、リズムよく暮す事が大事なのだと思います。交感神経と副交感神経をバランスよく活性化させて、健康に過ごしたいものです。

人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
押して頂ければ、うれしいです! by kazuyo


【2005.11.10】 その他
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
いつも楽しく読ませて頂いています。このエントリーにはコメントしなきゃ行けないでしょう!って感じなので反応します。

安保氏の本は3、4年前から読み始めましたが、とても参考になりますね。実際、私も消炎鎮痛剤をすべて断ち切った事で病気が出なくなったという経緯もあり、ある意味、氏の理論を実体験した感があります。(出来ればそんな体験したくないですが・・・)

整体という言葉を作った野口晴哉氏が「風邪の効用」という本をずいぶん昔に出されています。その本にも共通する面白さとハッとさせられる視点があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480037063/250-9688560-4673855

両氏の本を熟読して世の中や人を眺めるとかなり違った風景にみえて楽しいです。
【11.11】 URL // kozo #- [編集] []
コメント有り難うございます。

実物の安保先生は、どちらかというと痩せた方で、少々東北弁も混じって、
ホノボノした方でした。
ユーモアもあって、楽しい講演会でしたよ。

kozoさんは、もうすっかり回復されて良かったですよね!
ほんとに、炎鎮痛剤をすべて断ち切って、よく頑張られましたよね。
弟などは、今だに薬に頼っています・・。
安保先生の本に出会って、私も人生や健康に対する心構えが
変わりました。
kozoさんのおかげです!
野口晴哉氏が「風邪の効用」、私も早速読んでみますね。
【11.11】 URL // kazuyo #- [編集] []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://pianolife.blog19.fc2.com/tb.php/99-be6bb263
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。