クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
けんと君「日本クラシック音楽コンクール」全国第3位!
12月12日に高槻現代劇場で開催された「日本クラシック音楽コンクール」全国大会に於いて、小学校高学年男子部門に出場された生徒さんのけんと君が、見事3位を獲得されました。
おめでとうございます!

曲は、バッハの鍵盤曲の中でも最高峰のひとつと称される「半音階的幻想曲とフーガ」よりフーガ。
シンプルなテーマの始まりからは想像もできない複雑な展開を見せる、壮大かつ長大な難曲です。
昨年は87点で4位入賞、今年は88点を獲得して念願の「ガラコンサート」出場権を得るという快挙で、来春オーケストラをバックにコンチェルトを演奏するという「ご褒美」がつきました。

コンチェルトも大好きなバッハでいくか、それともヴェートーベンに挑戦するか、いずれにしても大きな舞台で思う存分力を発揮できるよう、がんばっていきたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2013.12.22】 生徒さん
TRACKBACK(0) []
けんと君「日本クラシック音楽コンクール」全国第4位入賞
12月10日、大阪府吹田市文化会館メイシアター中ホールにて開催された「日本クラシック音楽コンクール」全国大会において、小学校高学年部門に出場された生徒さんのけんと君が、バッハのパルティータを熱演され、見事4位を獲得されました。
おめでとうございます!

小学校高学年部門は、女子22名、男子4名の計26名がエントリーしましたが、その中から6名が表彰されています。
1位 該当者無し
2位 該当者無し
3位 女子1名
4位 男子1名(けんと君)
5位 女子2名、男子2名

12月22日、26日に東京で開催される同部門で、全体の審査結果が明らかになりますが、去年は男子部門で1位、2位が出ておらず、東京の結果が注目されます。

けんと君の、フーガ部分における緻密な構築性は際立っており、豊かな表現力をいかんなく発揮した素晴らしい演奏で、地区本選での82点から今回87点へと獲得点数を上げての堂々4位入賞でした。
これからはバッハのみならず、ショパン、モーツァルト、ヴェートーベンなどへも勉強の幅を広げ、楽しくがんばってほしいと願っています。

ほんとうによかったね!!

けんと君

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2012.12.13】 生徒さん
TRACKBACK(0) []
けんと君「日本クラシック音楽コンクール」全国大会へ
2012年10月21日、「日本クラシック音楽コンクール」近畿地方地区本選において、生徒さんのけんと君(小学5年)が優秀賞を獲得、全国大会へと選出されました。
おめでとうございます!

曲は、バッハのパルティータ6番より「トッカータ」。
即興的なトッカータ部分と、壮大で緻密なフーガ部分で構成された7分もの長曲を、見事に弾き切りました。
審査員からは、「これだけの難曲をよく弾きこなしている、アナリーゼもしっかりできている」と高く評価され、うれしい結果となりました。

9月に行われた「大阪国際音楽コンクール」では、マスタークラスの受講を薦められ、ウィーン国立音楽大学教授のクロイツ・ベルガー教授のレッスンを受けました。
私も同席させていただいたのですが、トッカータ部分の和音の均質性、美しさの表し方、また速いパッセージ部分の盛り上げ方など、時間をかけて熱心に教えてくださいました。
素晴らしい指導と刺激を受けて、新たな気持で挑むことができた今日のコンクール、持ってるものをすべて出し尽くしての、「悔いのない演奏」だったと思います。

全国大会の12月10日まで2ケ月弱、フーガ部分を強化させ、さらにいい演奏を目指して、がんばりましょう!

けんと君

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2012.10.22】 生徒さん
TRACKBACK(1) []
速報! 大阪国際音楽コンクールにおいて、6位入賞
昨日10月2日、神戸女学院大学内オルチン館で開催された、「大阪国際音楽コンクール」インファントコースB(小学校1~3年生)部門において、生徒さんの研斗君が6位入賞を獲得されました。
おめでとうございます!
8月での予選を金賞で通過されてのファイナル出場でした。

曲は、「バッハ、フランス組曲 No.4 アルマンド」
はればれとした明るい、アルペジオのメロディを、ていねいに歌い上げた、素晴らしい演奏だったと思います。
左手の低音もスムーズに流れ、曲をしっかり引き締めていました。

研ちゃん、やりましたね。
ほんとうにおめでとう!!これからもがんばって、ピアノの世界を広げて下さいね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ

【2010.10.03】 生徒さん
TRACKBACK(0) []
「笑音 ワライオン」神戸大学生バンドの活躍
生徒のSさんが参加する、4人組ユニット「笑音 ワライオン」が大活躍しています。
2009年、「Age Stock 2009」で学生代表3バンドのひとつに選出され、武道館でのライブに出演、TV放映もされました。200以上ものユニットから、1.音源審査で8組 2.ライブ審査で3組選出という、狭き門を突破しての快挙でした。
あこがれの武道館ライブは、感激と興奮の極みだったそうで、学生時代最後を飾るにふさわしい「大舞台」に、全力を出し切った満足感と共に、いい思い出となられたそうです。
今後も、卒業までの2ケ月、神戸、大阪などでライブを企画されているそうです。またこのブログでお伝えしていきたいと思います。

「北極星」


「雨のち晴れ」


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ人気blogランキングへ


【2010.01.20】 生徒さん
TRACKBACK(0) []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。