クラシックピアノもジャズピアノも楽しく・・・旅行記や美味しいもの、入院の話なども
このサイトの説明

神戸のピアノ教室

みなさま、ようこそ!本サイトは<楽しくジャズアレンジ>を中心に、旅行記や本の感想などもまじえながら、お届けしています。和音の基礎から始めて、簡単なピアノアレンジが出来るよう、譜面なども掲載しながらやさしく解説しています。分類記事の「和音の基礎」「ジャズアレンジ」からお入り下さい。 ご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さいませ! また、アレンジ例に使用している曲は、作曲者不詳のTraditionalか、著作権が切れたものに限っています。掲載させて頂いたアレンジ譜を、お気に入って下されば、ご自由にお使い下さいね。
楽譜のコピーはこちらから!
プロフィール

kazuyo

  • Author:kazuyo
  • 大阪生まれの神戸育ち。武庫川女子音楽学部ピアノ科卒。ピアノの練習は、子供時代、さぼりにさぼり、レッスンは初見状態。本が好きで、文学部に進学しようと思っていたのに、高2年になって、進路変更。「ピアノの先生になりたい」とピアノ科を目指す。受験までの2年間、猛練習するも、目指す国立大はピアノの力量不足であきらめる。大学の4年間は、ひたすらピアノが苦痛....。表現したいものが、技術不足で発揮できないもどかしさを味わう。

    神戸市の中・高校教師採用テストに合格するも、ヤマハ音楽教室システム講師を選んで就職。3歳から大人までの生徒に、ピアノ、エレクトーンを教える。ポピュラー、ジャズと指導の幅を広げ、アンサンブル譜の作成、アレンジ、コード進行などの面白さにも目覚める。
    ヤマハを2001年に退職した後、自宅でピアノ教室を開き、現在に至っている。

    「しっかりした基礎を身につけた上で、ピアノを楽しむ。音楽のある、心豊かな日々を過ごす」を目標に指導。最近は、大人の方も増え、音楽以外の刺激も、もらう日々。

    旅が好きで、今までにイギリス、フランス、スペイン、ニューヨーク、ニュージーランド、イタリア、オランダ、ベルギーなどをぶらぶら。活字、映像も大好き、加えてガーデニング歴も長く、田園生活ならずベランダガーデンにいそしんでいる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
S子さまへ
拍手とコメントをありがとうございます。
どんな病気にしろ、セカンドオピニオン(場合によってはサードオピニオンも)は必要です。
ましてや下垂体腫瘍という珍しい病気でしたらなおさらと思います。
虎ノ門は、年間300例を超える手術件数で、様々な症例を網羅していると思います。
ぜひぜひ訪れてくださいませ。
良い方向に向かいますよう、心から願っております!
また、いつでもコメントくださいね。

ラスコー展 2
狩猟のための石刃や槍なども、実用性にとどまらず、芸術性を帯びてきます。

「体をなめるバイソン」
ラスコー展
「縫い針」
ラスコー展
縫い針の発明は、極寒の生活を一変させたことでしょう。
最初に思いついた人は誰だったんでしょうね。素晴らしい!

貝殻や動物の骨などをビーズに加工してアクセサリーにしたり、顔料でペインティングしたりと、おしゃれにも目覚めていくクロマニョン人。
ラスコー展

クロマニョン人は、紀元前4万5000年〜1万5000年前にヨーロッパで活動した「ホモ・サピエンス」ですが、5万年前に「出アフリカ」を果たした彼らは、ヨーロッパだけではなく、西アジアから東アジアへも拡散したはず。そして、その一部は日本列島へとたどり着いたことでしょう。

縄文時代は、紀元前1万6000年前〜3000年前と言われていますから、縄文人となったホモ・サピエンスは、アフリカから日本まで、3万年という壮大な年月をかけて到達してきたという事になります。

人口増、食料不足などの要因もあったでしょうが、未知なる土地への好奇心、冒険心に駆られて前進を続けた「人類の壮大な歴史」を想うと、興味が尽きません。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2017.02.08】 美術館巡り
TRACKBACK(0) []
ラスコー展 1
久々の更新です💦

国立科学博物館の「ラスコー展」に行ってきました。
日曜日なのでコミコミでしたが、2万年前のクロマニョン人が描いた「洞窟壁画」と、動物の骨などて作った石刃や刀槍器(とうそうき)の芸術性の高さに、驚きました。

5〜6万年前に「出アフリカ」を果たしたホモ・サピエンスが、ヨーロッパへと拡散した集団が、今回の主人公である「クロマニョン人」。
狩猟採集生活を送っていた彼らにとり、厳しい氷期が終わって温暖化し始めた2万年前以降、「芸術」を始動し始めます。

陽の入らない奥深い洞窟で、梯子がないと届かない高所や、反対に狭い穴蔵のようなところで、マンモス、シカ、バイソンなどを描いた壁画は、その生き生きとした躍動感、彩色感に、ただただ目を見張ります。
見る者に訴えてくるリアル感、臨場感、動物への親和性など、素晴らしい。
加えて、ただの落書きではなく、明らかに「選ばれた上手な人」が描いているのでは?
これは重要なことで、集団がある程度、組織化されており、計画性もあったということを指していると思います。

ラスコー展

ラスコー展
レプリカ(笑っている!)
ラスコー展
1/10に縮小された洞窟の一部(中央に屈んだ人がいる)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2017.01.30】 美術館巡り
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
サヌカイトという岩石
香川県で産出される、サヌカイトという岩石が、楽器に変身!

1300万年前、瀬戸内海の火山活動によって噴出した溶岩は、全体が均質で硬度7という硬さのため、叩くと美しい音色が出ます。
昨夜、マリンバ奏者である小松玲子さんの演奏会で、始めてこのサヌカイトを見ました。

サヌカイト

美しく深い音色が長く響き、絡み合う独特の趣と風情に魅せられると共に、石器時代は、矢尻や石刃として使用され、長い年月を経て、「石の楽器」として生まれ変わる不思議さに感動しました。

音程も、ピアノより高い音が出るそうで、100万ヘルツまでの高周波音が可能なことから、高い癒し効果もあるそうです。

原石↓
サヌカイト

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2016.12.09】 音楽雑感
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
滋賀「生水の郷」
きのう、メタセコイア並木と「生水の郷」をめぐる滋賀ドライブを楽しんできました。

メタセコイアは、まさに紅葉真っ盛りで観光客がいっぱい。
もとよりこの木の紅葉は、そんなに綺麗ではないですが、ここのは、道の両側に整然と植えられた並木が2.4キロも続くのが他にはないポイントです。

メタセコイア

次に向かったのは、ここから車で30分、高島市の新旭町針江(はりえ)の「生水の郷」(しょうずのさと)

比良山系に降った雨を伏流水として取り込み、今でも飲料水や炊事に利用していると云う、静かで小さな集落です。
このエコシステムともいうべき自然との共生を「かばた」と云い、湖岸のヨシの群生や、独特の集落の景観が、「重要文化的景観」として、広く紹介されるようになりました。

ガイドさんの案内で、1時間半のツァーへ出発。

鯉が泳ぐせせらぎ
生水の郷

家いえの「かばた」
試飲させていただけます。飲みやすい、ピュアな水でした。
生水の郷

帰途の湖西道路は、北に比良山の紅葉、南に琵琶湖をのぞむ、気持ちのいい素晴らしいドライブ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2016.11.30】 お出かけ
TRACKBACK(0) []
東福寺の紅葉
昨日25日、イタリア語講座の帰りに京都に足を延ばし、東福寺に行ってみました。
金曜日の3時頃というのに、結構な人出。
撮影禁止で話題の「通天橋、臥雲橋」は、古き佳き風情があり、素晴らしい。
両橋の間に広がる渓谷も、カエデが見事で、先週あたりが満開だったのかな。

東福寺

東福寺

東福寺

外国人観光客の団体も多く、着物を羽織って京都を楽しむ彼らに、「隔世の感」を禁じえない思いでした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 人気blogランキングへ
【2016.11.26】 お出かけ
TRACKBACK(0) []
サイトオーナー情報

執筆者 麦谷和代
ホーム 麦谷和代ピアノ教室

ブログ内検索
最新記事
記事を分類しました
アクセスカウンタ


現在の閲覧者数:
RSSフィード
最新コメント
リンク
月ごとに表示しました

    MONTHLY


Copyright © 2005 神戸のピアノ教室からお届けする~ジャズアレンジ講座~ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。